2006年03月09日

私たち幸せです?2

ここ数週間、パソコンの調子が悪く
だましだまし使っていたものの、数日前に
とうとう立ち上がらなくなり、半べそをかきながら
再セットアップをしてみました。
そろそろ寿命かな〜。。。

そんなわけで、とりあえず復活してくれたパソコンで
久しぶりにメールを受信したところ
例の「私たち幸せですメール」が届いていた。
(詳細は12/22の記事をご覧戴ければ幸いですm(_ _)m)
前回の私の無言の抵抗も彼らには届かず。
もはや迷惑メールか不幸のメール状態。
そのまま「送信者を禁止」しても良かったんだが
いや〜な気分になりながら開いてみると
メール本文に、こともあろうかこんなことが書いてあった。

「リアクションが少なく寂しい限りです(マジで))
 購読を希望しない方は、その旨メールでご連絡ください。
 バックナンバー希望の方もご連絡ください」

もはや救いようがない。なんて恥ずかしい奴らだ。
何故リアクションがないか察しろよ。
黙って受取ってるだけ感謝しろよ。
しかもバックナンバーだ?はぁ〜?
もう、発狂寸前の私。
私以外の人たちはみんな丁寧にリアクション
しているのかと思って胸を痛めていたが、
そりゃそうだ。当たり前だ。気付けよ。
ホントに購読停止するツワモノが今回現れてくれる
ことを心から祈るばかり。

それでも添付されていた新聞を一応開いた大人な私。
すると、おぞましいことに今月から嫁も執筆し始め
「私の参加を喜んでくれる方も多いのではないでしょうか。
 これからも辛口で笑いのある文章を目指し
 私達夫婦の関係を面白おかしく伝えていこうと思います。
 でも、集中力がないので毎月書けないかもしれませんが
 ごめんなさい」
などと書き汚してあった。
どういう思考回路だと、こういう恥ずかしいことが書けるのか。
いいよ、伝えてくれなくて。
断じて頼んだ覚えはないので恩着せがましく謝るな。
しかも目指しているのが辛口だそうだが、内容といえば
「夕食時は『韓流アワー』で、大好きなDVDを見ています」
だの
「バレンタインケーキが手作りと気付いてもらえなかった」
だの、恐ろしく頭の弱い、激しくどうでもいい話。
こういう文章は辛口とは言わない。味なんてない。
気持ち悪くて吐き出したいだけ。
辛口さんに失礼だ。謝れ。
それに、夕食時にはニュースくらい見ろ。
ニュースも見ないからこんなメールを送ってくる
頭が弱い上に気持ち悪いバカップルに成り下がるんだ。

…と、今回もここに感想を吐き出してしまった私。
「今月こそは正しいリアクションをする」
と昨夜は暴れていた私だが、ダンナには
「バカを論破しても意味がない。
 無言の抵抗でいいんじゃないの?」
と諭され、配信停止も正しい感想メールも思いとどまった。

「リアクションが必要ならば配信停止を希望します」

この一文だけをこざっぱりと送りたいのだが、
こんなことを言ったら、絶対に嫁の方とはしこりが残る。
これで完全にこの2人とはさよならだろう。
もはやさよならすることについては何の未練もないが
どうせなら恨まれたくはない。
恥ずかしい友人に対して、心からの友情を持って
「あなた恥ずかしいですよ」
と言ってあげる、たったそれだけのことなのに相手が
結婚しただけでこんなに難しいことになるだなんて。
自分の身に置き換えると恐ろしいことだと思う。
ダメ出ししてくれる人をいつも周りに置いておくことは
本当に大切なことだと痛感する。

前にくまさんがアドバイスして下さったように
「ブログにしてみたらどうか」
と言ってみようかな…。
きっとそれが嫌味だなんて気付かないんだろうな。
あぁ、情けない。嘆かわしい。
こんなのが友達だなんて…。

posted by ぐうたら主婦 at 12:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

政治家は国民の鏡

民主党の今回の騒動について、
(昨日の釈明会見以前のデータだが)
世論調査をすると民主党支持層の66%が
「前原辞任は不要」と答えたらしい。
自民党支持層も「辞任を」が31.8%。
「必要はない」が56.4%だそうだ。
思わず絶句だ。
どう考えても私には理解できない結果。

まぁ、自民党の支持者は
1.バカバカしすぎて怒る気にもなれない
2.面白いからこのままいけ
3.そもそも民主党には何も期待していない
くらいにしか思っていないのかもしれないが
民主党を支持していて「辞任不要」って。。。

まぁ、民主党支持者だろうが、自民党の支持者だろうが
こんなに幼稚な議員と政党に怒りを覚えない人間が
これほどいるということ自体、私には驚きだ。
たまに怒っている人の話を聞けば
「税金を使って何をやっているのか」だ。
こういう意見を聞くと、なぜか悲しくなる。
あたかも正しそうな意見。
税金云々というのは、もちろん正しい。
なぜなら税金=私たちのお金だからだ。
でも、こう言う人を見ると、私には
お金を基準にしかモノを考えられない人に見えてしまう。
美しくありませんよ、と言いたくなる。
そこが怒りのポイントではないんじゃないの?と言いたくなる。
私が腹が立つのは
二大政党を目指すと公言している政党が
詐欺師まがいのやり方に党全体で騙された上に
その落とし前すらつけられないという幼稚な理由で、
議会政治がめちゃくちゃになろうとしているところだ。
野党がいなくなったら、民主政治はダメになる。
権力を追及すべき野党が、国民からの信頼を失い
疑惑を追及される毎日を送っているこの状況。
そこに腹が立つのだ。
「会期中に前原代表が辞任すると解党的危機になる」
から辞任はしないのだと、民主党の細野議員は言っていたが
こんな中途半端な結末こそが解党的危機になることに
未だに気がついていないことに心底驚いた。
牛乳なら買わなければいいし、
飛行機も乗らなければいい。
でも、政党には私たちの生活を預けないわけにいかない。
たとえ野党でも、だ。
野党がいなければ与党は与党ではなくなり、
野党がまったく機能しなくなれば独裁政治になる。
昨年の選挙で自民党が大勝し、独裁政治の始まりか?
などと言われた時期があったが
今回は数の論理など全く関係ない単なる自滅だ。
自滅してどうするのさ。
まったく嘆かわしい。

しかし、世論調査をするとそれほど多くの国民が
怒っているわけではないらしい。
その結果を見て私は、ひょっとして今の日本人は
自分が失態を犯した時に民主党並の決着しか
つけられない人が大増殖しているのではないか
という想像をしてしまった。
そうだとすれば、なんて甘い国なんだろう。
いつからこんな幼稚な国になってしまったんだろう。
ハイティーンのままで精神構造が止まっているのか?

昨日、永田議員が最初に謝ったのは仲間の国会議員だった。
慰めの電話をくれた河村たかしにでも謝りたいのか?
仲間に謝ってどうする。
まずは武部さんの次男と武部さんだろう。
昨日はとにかく
「私が悪うございました」
と言う最初で最後のチャンスだったんだ。
まったく何も分かっていない。
党で台本くらい書いてあげなさいよ。病気なんだから。

しかもこんなに危機的な状況の両院議員総会で
居眠りしている議員がいた。
自分は関係ありません。とでも言いたいのだろうか?
できの悪い高校の授業風景のようだった。

政治家は国民の鏡だ。
私たちがあのレベルだということだ。
本当に情けないし、悲しくなるし、腹が立って仕方がない。
posted by ぐうたら主婦 at 13:14| Comment(6) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。