2005年11月16日

もってのほか

CIMG0984.jpg昨日、スーパーで「もってのほか」(食用菊)を
発見。久しぶりに味わった。

初めて食べたのは、学生時代に訪れた山形だ。
地元の居酒屋で、静岡から来たと言うと
「今はもってのほかが美味しいから食べて」
と、女将さんがすすめてくれた。
「もってのほかって何ですか?」
と尋ねても「いいから食べてみて」と言う。
恐る恐る口にすると菊のいい香りがした。
しゃきしゃきしていて歯ごたえもいい。
上品だけど経験したことのない不思議な味。
「菊の花ってこんなに美味しいの?」
と、友人と興奮した忘れられない味だ。

この面白いネーミングは
菊の花が「もってのほか美味しい」から
そう呼ぶようになったらしいと教えてもらった。
本当にもってのほか美味しいのだ。
山形ではポピュラーな食べ物のようだったが
静岡ではほとんど見かけることもないので
私にとっては何年かに一度のご馳走だ。
うれしくなってパックを手にどれにしようかと
選んでいると横から
「どうやって食べたらいいのかしら」
とおばさんに聞かれたので教えてあげた。
すると、おばさんも
「紀宮様のご成婚の日だし食べてみよう♪」
と、迷わず買っていった。

ダンナは絶対食べられないだろうから
1パックでいいやと思いつつ、もし平気だったら
絶対に足りない(美味しいから)。
でもダメだったら2パックだと多いなぁ〜
なんてつまらないことで悩んでいたが
「そうだ紀宮様のご成婚記念だ」
と、思いなおして2パック買ってきた。

ところが絶対にムリだろうと思っていた
好き嫌い大王のダンナも「美味い」と喜んでくれた。
我が家の本当にささやかなご成婚記念の一品。
2パック買ってきてよかったなぁ。
と、美味しくたらふくいただいた。

でも、よく考えたら昨日のようなおめでたい日に
菊の花を食べるのっていいような悪いような…。
調べたら「菊のご紋」を食べるなんて
「もってのほか」という由来もあるらしい。
まぁ、いいか。
ごちそうさまでした。

posted by ぐうたら主婦 at 11:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

ダンナの食わず嫌い

うちのダンナは食べ物の好き嫌いが多い。
大根、ブロッコリー、カボチャ
貝類(あさり・シジミは除く)、果物一般
魚(マグロ・カツオは除く)、チーズなどがダメだ。
これを理由に結婚を止めようかと思ったほどだ。
しかし、人から
「ぐうたらさんは料理好きだから、
 美味しく作ってあげれば
 きっとそのうちダンナさんも克服できるよ」
などとおだてられ
「そうかな〜?」
なんて気をよくして結婚したのが大間違いだった。

なぜならダンナは嫌いなものには箸さえつけないのだ。
嫌いなものや食べたことのないものがあると断固拒絶。
それではどんなに美味しく作っても克服させようがない。
要は食わず嫌いが大半なのだ。
「食べてみなくちゃ分からないでしょ」
「食べたことあるけどダメだったんだ」
「この料理は初めてでしょ」
「ムリ」
「いいから食べなさいよ」
と押し問答になる。お互いにものすごく疲れる。
しかし私はしつこい性格なので、絶対あきらめない。

その結果、結婚してから彼が克服できた物もある。
タラとブリと白菜の茎だ。
そもそも白菜の茎がダメだというのが全く私には
理解できないのだが、食わず嫌いってのはそういう
ものなんだろうとダンナを2年見ていて分かってきた。
話がそれたが、2年間でたった3つというのは不本意ながら
調理方法によっては美味しく食べられるのだ
ということに気がつきつき始めてくれたのは成果だ。
それでも、この3つ以外は何をしてもダメで、最近は
私もこれ以上はムリかと挫折しかけていた。

ところが先日、
競馬で勝ったから何か買ってあげるとダンナに言われ、
洋服でも買ってもらおうかと思いつつ、思い切って
ブラウンのマルチクイックという道具を買ってもらった。
これが大正解。
おかげで、ダンナがカボチャを克服できたのだ。
マルチクイック万歳!
これはホントに優れものだ。
コンソメキューブでゆでたカボチャの鍋に
マルチクイックを突っ込んでガーッとやると
笑っちゃうほどあっという間にポタージュができるのだ。
鍋に直接っていうのが手軽でいい♪楽しい。
これをダンナにやらせてみた。
ガーッ→楽しい→食べたくなる→食べてみよう→完食
情けないほど古典的な子供の好き嫌い克服法だが
とにかく作戦は大成功。
ちなみに夫は32歳。いいのか?こんなことで。
だが仕方ない。
食べてくれるなら過程は何でもいい。
これからもマルチクイックを駆使して、さらにいくつか
克服させたい。
洋服をガマンした甲斐があったなぁ(涙)。
なんていい嫁だと誰も褒めてくれないので自画自賛してみる。

今日のメニューは鯵のハンバーグ。
これももちろん古典的技で攻めるつもりだ。
さて、だまされて食べてくれるかどうか…。
今晩が楽しみだ。
posted by ぐうたら主婦 at 11:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

牡蠣の悲劇〜その2〜

私がはっきりと意識を取り戻したのは翌朝だった。
喉と胃が激しく痛い。その痛みで目を覚ますと
隣のベッドに友達が寝ていた。
どうやら付き添ってくれたようだ。
申し訳なさから彼女を起こせずにぼんやりしていると
友達も目を覚ました。
私と目が合うと彼女は、安堵と憤りが混じったような顔で
「おはよう。体はどう?もう、びっくりしたよ〜。
 昨夜はあんた、死んじゃうんじゃないかと思ったわ」
と起き上がった。あぁ、持つべきものは友だなぁと
感動して
「ごめんね…。もう大丈夫みたい…」
と、今年3度も牡蠣に当たったってことは黙っておこう
と心に決めて謝った。
しかし、私の「大丈夫」という言葉を聞くなり、
「ちょっと、それよりあんた。
 今月3回目なんやって?牡蠣に当たったの。
 もう、信じられんわ。何をやっとんがよ?」
と富山弁炸裂で怒リ始めた。

ひゃ〜、ば、ばれてる…。なんで?

聞けば私のあまりに激しい当たりっぷりに
医師が私を問い詰めたんだそうな。(←記憶にない)
「あなた、初めてじゃないでしょ。何度目?」
と聞かれた私は吐きながら
「今月三回当たりました…」
と力なく白状したそうな。
処置室は「えぇ?」と爆笑だったらしい。
そして彼女の憤りはまだ続く。
「しかもあんた!ここどこだと思ってんのっっ」
「え〜、分からん…」と私も何故か富山弁でつぶやくと
「産婦人科やちゃ」
と、かなりのご立腹だ。
そうか…どうりでさっきから赤ちゃんが泣いているわけだ。

夜の10時過ぎ、お茶の先生の車で救急センターに行ったが
食あたり程度では優先で診察してくれるところがなく
いつまで待ってもラチが空かなかったため、深夜、
先生の知り合いの産婦人科にたどり着いたのだそうだ。
「牡蠣で産婦人科に入院なんて初耳やわ…。あり得んわ」 
とあきれられた。

その後、医師がやってきて、状態を説明された。
「まぁ、普通は牡蠣に当たってもあんなふうにはならない
 んですけど、あなた3回目だって言うから。
 しかも短い間に。(軽く失笑)
 そうなると体に抗体ができちゃうんですよ。
 牡蠣はダメだよっていう体の防御機能ね。
 牡蠣を取ってる漁師さんでも一度当たったら、
 その年は食べないらしいですよ。
 まぁ、あなたは一生止めた方がいいでしょうね」
と悲しい宣告付き。それでもバカな私は
「私、もう牡蠣を食べられないんですか?」
と涙ながらに聞いてみた。すると
「まだ食べたいの?普通、一回当たると
 せめてそのシーズンは食べないもんだけどなあ。
 また昨日みたいに苦しんでもいいならどうぞ」
と睨まれた。うなだれる私に友達も
「もう、牡蠣は禁止!!ねぇ?先生っ」
と真顔で怒っている。
分かりました。ごめんなさい。もう食べません。

そんなわけで私は牡蠣が食べられなくなってしまった。

そこで、久しぶりに食べた牡蠣フライもどき。
懐かしい味がした。
豆腐と海苔を混ぜただけなのに、確かに牡蠣っぽい味がする。
うれしくてパクパクと3つほど食べたがすぐに胃がもたれてきた。
美味しかったのにどうしても食べる気分になれない。
昔の記憶がよみがえり、この材料では本来あり得ないはずの
吐き気まで催した。記憶ってやつは恐ろしい。
これがトラウマというものだろうか?

どうやら本当に牡蠣は食べられない体になってしまったようだ。
あんな悲しい記憶のままで牡蠣とさよならなんて
できないと思っていたが、牡蠣もどきですら食べられないことで
ようやく納得できた。
ありがとう。牡蠣フライもどき。
さよなら。牡蠣フライ。

注:この牡蠣フライもどき、とっても美味しいです。
 食べられないのは私の食あたりの記憶のせいですので
 どうぞ皆様、安心してお試し下さい。
posted by ぐうたら主婦 at 11:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

北京のおかず

undefined
大好きなウー・ウェンさんの本。
作っている途中は、あまりにシンプルな材料と
調味料の組み合わせに
「本当にこれでおいしくなるのかな?」
と心配になるのだが、完成してみると
不思議に美味しい。
大竹まことの『こんな料理で男はまいる』方式だ。
普段、ムダに手を掛けすぎなことに気付かされる。
ただし、この本の料理を美味しく作るには
八角と花椒は用意した方がいいです。
posted by ぐうたら主婦 at 11:41| Comment(2) | TrackBack(1) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

食いしん坊万歳

9/6、ダンナの遅い夏休みを利用して
ナゴヤドームに阪神戦を見に行ってきた。
自分たちの席を探している時に
「あの人の隣じゃないといいんだけど…」
と思う人がいた。
ユニフォームに身を包み、チップスターを食べている女性。
太っているせいで、明らかに一つではスペースが足りず、
隣の座席の半分くらいまで体がはみ出している。

しかし、残念なことに、そこが私の席だった。

私が行くと、にこやかに隣の男性の方に詰めてくれたが、
どう見ても物理的に無理だ。
完全に私のイスにお尻がはみ出したまま。
でも怒っても仕方がないので私はちっちゃくなって
ダンナと肩を寄せ合うようにして試合を見始めた。

試合が始まると外野席は立ち上がって応援する。
攻撃中は座ってなんかいられないのだ。
彼女も立ち上がって熱心に応援している。
「どうせ半分は立ってるんだし、いいか」
と思い直して、私も応援に興じた。

しかし、あっけなく阪神の攻撃は終了。
中日の攻撃が始まった。
また同じ状況で座らなければならない。
彼女が座る前に速攻で先に座って自分の場所を確保。
しかし、あえなくダンナ側に押し出される私。
せめてなるべく動いて欲しくないのだが、彼女はおかまいなしに
前にかがんで紙袋からいろいろな食べ物を取り出し始めた。

表は阪神の攻撃。
裏は中日と彼女の攻撃だ。

1回裏、彼女はおにぎりを取り出した。
具は昆布とタラコだ。
彼女の背中にたっぷりついたぜい肉のおかげで
私より前方に彼女の頭がある。
そのため、一部始終が目に入ってきてしまう。
見ないようにしても、視界に入る。
そんな私の視線などまったく気にならない様子で
彼女は二個のおにぎりをあっさり食べ終わった。
とにかく早い。
すごいなぁと感心していたら、今度は唐揚げがあらわれた。
これまたパクパクパクパク、すごい勢いで食べていく。
「早食いは体に毒ですよ」
と言いたくなる勢いだ。彼女の食欲は止まらない。

そして、唐揚げを食べ終わる頃、中日の攻撃が終わった。

試合だけではなく、彼女の食事も終わることにほっとして
また応援に加わる。
しかし、打線が沈黙していた6日の試合では、阪神の攻撃は
あっという間に終わり、すぐに2回裏の攻撃が始まった。

彼女の次の攻撃は惣菜パンだった。
コンビニで売っている、袋に入ったパン各種。
カレーパン、ソーセージにマヨネーズがかかったパン
コーンマヨネーズパン、メロンパン、アップルデニッシュ。
連れの男性がカレーパンを手に取った。
彼女は楽しそうにどれにしようか悩んでいる。

うちのダンナが
「どうせ全部食べちゃうんだろ」
と私にふざけて耳打ちする。私は
「まさか〜」
と言ってみる。

彼女は悩んだ結果、ソーセージパンを食べ始めた。
これまた、早い。あっという間に終わる。
次はコーンマヨネーズだ。
口を拭きながら、楽しそうに食べ終わり
二回裏の攻撃が終了した。

ここまでで、既に私たち夫婦の一日分の食事以上に食べている。
見ているだけでお腹いっぱいになってしまった。
3回裏の攻撃はさすがにないだろう…と思った。
「応援に集中したいから、急いで食べたんだろう」
と思った。

しかし、彼女の攻撃の手は止まなかった。
今度は何かちっちゃなモノを食べ始めた。
モノが確認できず、気になって横目にチラチラと見てみると
それはチーズだった。
何故か笑いがこみあげてくる。
巨漢とチーズのミスマッチが私のツボに入ってしまった。
「今度はチーズ食べてる〜〜〜」
とダンナに耳打ちして二人でゲラゲラ笑い転げた。
彼女は結局、チーズを3切れお召し上がりになった。

だから太るんだよなぁ…と感心した。
あの体を気にしていないところが気持ちいい。
いや、気にしているのかもしれないが、そうは見えない。
本当に楽しそうに、うれしそうに食べ続けるのだ。
これは偏見だが、どんな人と来ているのかと見てみると
隣のダンナと思われる男性はかなりのイケメンだった。
服装もおしゃれな感じで、悪いが釣り合わない。
でも、彼女のことがとっても好きそうだった。
30代半ばと思われる二人は、終始仲良しだった。
しかし、不思議と私も彼女を見ているうちに
「私、ダイエット中なの」
なんてほざくガリガリ女よりも素敵に思えてきた。
男も女もダイエットに狂奔するこの時代に
素晴らしいじゃないか、なんて気になってきた。
食欲万歳。
食いしん坊万歳だ。

彼女はその後7回までに、
残りのメロンパンとアップルデニッシュを食べ、
さらに、フライドポテトとサラミとチーかまを2本ずつ、
それにオレンジジュースと思われる飲み物を飲み切った。
それを見てダンナ。
「な?結局全部食べちゃっただろ」
ダンナの2回裏の読みは正しかった。

試合は、阪神は中日に完敗。
完封だけは免れたが、がっかりする内容だった。
しかし、見事な食べっぷりを間近に見させてもらい
いい思い出ができた。
あの人にはこれからもずっと食べ続けて欲しい。
一生ダイエットなんてしないで欲しい。
posted by ぐうたら主婦 at 12:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

こんな料理で男はまいる

こんな料理で男はまいる。hiroingさんに教えてもらった
大竹まことの料理本。
図書館で予約して借りました。
ホントにダンナがまいるのか?
と色々作ってみたところホントに喜んだ。
単純なんだ、男って。。。
えーっ?こんなんでいいの?
っていう料理ほど喜ぶのが不思議だった。
例えばキャベツとベーコンのスープとか。
ダイエット中の我が家では我慢しなくては
ならないメニューも多いのが残念だったが
私も大好きなトマトサラダはすっかり我が家の定番になりました。
hiroingさん、素敵な本を教えてくださってありがとうございました♪
posted by ぐうたら主婦 at 09:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

ジェノベーゼ

CIMG0793.jpg衆議院の解散騒ぎで
すっかり選挙にウツツを抜かし
主婦の本分を忘れかけていた私。
ベランダでワサワサ繁っていたバジルで
ジェノベーゼペーストを作った。
我が家はフードプロセッサがないので(欲しい〜)
地道にすり鉢でスリスリ。


CIMG0802.jpgこの写真の葉っぱと塩(小さじ2)をまずすり潰して、
ニンニク2かけと松の実を投入してスリスリ。
それから適当に量ったパルメザンチーズ(60g)を
入れて混ぜるようにスリスリ。このチーズを
おいしいものにするとかなり味が変わるらしいけど
今回はとりあえず家にあった粉チーズで済ませた。
最後にオリーブオイル(100CC)となじませるように
すり潰して1時間ほどで完成。
フードプロセッサなら、もっと滑らかなペーストに
なるんだろうなぁ。
写真はものすごく不味そうですが、この画像は
ほぼ見た目通りの色合いです(笑)。
すり鉢でやるとこの程度にしかすり切れません(涙)。
フープロでガーッとやれば色も変色しないまま
短時間でできるんだと思いますが、すり鉢だとどうしても
空気に触れる時間が増えてしまうので、こんな色になります。
でも、味はちゃんとジェノベーゼになっていますよ。
欲しいな。フープロ。
どうせ買うならいいヤツが欲しいなと欲張ってしまい
ホームセンターの安物に手が出ない私。
そんなこと言わずに安物で妥協しようかなと
毎年バジルが繁ると悩むのだが、やっぱり今年も自力で作ってしまった。
すり鉢があれば何とかなっちゃうんだよな…。
さて、明日のランチはパスタだ。
posted by ぐうたら主婦 at 15:54| Comment(5) | TrackBack(1) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

今週の一冊

時間をかけない本格ごはん、ひとりぶん
今週図書館で借りてきた料理本。
どれも簡単でヘルシーでおいしい。
今日は友達(妊婦)が遊びに来たので
この本の中のひじきのサラダを作ってみた。
トマトのパスタとの献立に心配もあったが
何だか今どきのカフェっぽいとり合わせになった。
基本の調理からいろいろなものにアレンジしていく
構成になっている本なので、
いわば手抜き技が満載ということになる。
ひとりぶんとあるが、量を調整すれば
ふたりぶんにも簡単に応用することができる。
野菜スープがミネストローネになり
ひじきがサラダや和え物になったり
白いんげん豆をたくさんゆでたら
豆カレーやポークビーンズに変身させられる。
今晩はダンナが飲み会なので
残ったひじきでひじき納豆を食べることにした。
友達のお土産のケーキも二つも食べてしまったし、
夜は粗食にしないと…。
この本は買うことに決定。
posted by ぐうたら主婦 at 17:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

豆腐料理

私は二週間に一度、図書館で料理本を借りてくる。
最近は数が増えてしまって、思い出せなくなってきたので
良かった本はブログに書き残しておくことにした。
今週借りてきたヒットは『毎日が豆腐主義』だ。
豆腐.jpg

素晴らしいの一言。
この本のおかげで、我が家では
毎日豆腐が食卓に並ぶようになった。
ダンナが魚が食べられず肉好きなので、
無理矢理に肉なしデーを設けているのだが、
すると必ずちょっと物足りない顔をされる。
そんな時に豆腐はおなかがいっぱいになる
最適な食材なのだ。
しかし、毎日違う豆腐メニューを考えるのは
なかなか大変だった。
そんな私のまさに救世主になってくれた。
まだ借りている最中だというのに、早速買ってしまった。
買ったのだからブログに残す必要ももはやないのだが、
これはホントにお気に入りだからよしとしよう。


posted by ぐうたら主婦 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

お取り寄せレモン

一応、私は主婦なので家事もしている。
ダンナの健康のことも考えているが、それ以上に私は体が弱く
いつも自分の体のメンテナンスをしながらの生活だ。
人にすすめられて、朝はニンジンジュースを飲んでいる。
一人分がニンジン1本、リンゴ半分、レモン1/4だから
ダンナと二人でニンジン2本、リンゴ1個、レモン半分を
毎朝消費している。
ニンジンとリンゴは比較的何でもOKなのだが私の頭を
悩ませてきたのがレモンだった。
昔、輸入レモンが防腐剤にチャプチャプ浸かっている映像を
見てしまってからというもの、レモンが怖くて食べられなく
なっていた。きっと他の食べ物だって、同じように農薬漬け
なんだろうとは思うんだけど、映像の力は絶大だ。
ジュースで飲むなんて、農薬を飲むような気がしてレモンがとても
イヤだったが、このジュースのポイントはレモンだと言われて
仕方がなく瓶入りのレモン果汁を使っていた。
だって、国産レモンは1個100円以上するんだもん・・・。

しかし、先日ビッダーズに国産無農薬のレモンのお店を発見!
今はお取り寄せして楽しんでいる。
昨日も届いたのだが、レモンは生ものだし季節のものなので
いつまでも置いておけないため、食べきれない分は冷凍保存している。
昨日はせっせと皮をむいてひたすらジューサーにかけた。
今日はこれでレモンケーキを作るぞ。

たまにオマケで入れてくれるほかの柑橘類も全部おいしい。
私もダンナもあまり柑橘系は好きじゃないのに、ここのは
いつもぺロッと食べてしまう。

三ヶ日みかんのふるさと しずか村 これはマジでお薦めです。
posted by ぐうたら主婦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。