2005年03月11日

君が代のおもひで

こんな記事を発見した
「君が代」不起立の教員、今年は減少 都立校の卒業式

高校生の時のうちのクラスの現代社会の担当教師は、他の先生が触れたくない
ような話題ばっかり取り上げる人だった。
天皇制 朝鮮半島問題 日米関係の歴史 君が代の歌詞の意味 などなど・・・。
ニュースは必ず民放とNHKの2つを見なさい。
久米宏にだまされるな。と言い
ドラマのCMの間にトイレに行くなどとんでもない、
君らはあのCMのおかげで好きなドラマが見られているんだ。
一生懸命に見なくちゃダメだ。などとニヤリとしながら言い、
天皇制への賛否ははっきり表明はしないけれど、多分反対なんだろうな
と感じさせられる印象の授業内容だった。
親たちはその先生はいわゆる左寄りの人だと言い、
子供がおかしな思想を持たないかと、かなり心配していた。

そして3学期が始まる日の朝に昭和天皇が崩御した。
始業式の冒頭、校長先生から天皇陛下が亡くなったという話があり
一分間の黙祷が指示された。
私は当時から皇室関係の番組は欠かさずに見てしまうミーハーだったので、
別になんの抵抗もなく黙祷した。
ところが教室に戻ると黙祷をしたかどうかでクラスはちょっとした
騒ぎになっていた。
「ねぇ、黙祷した?」
と私も聞かれて
「したよ。私、皇室大好きだもん」
と言うと、何人かに「えーっ!なんで?」と言われた。
聞くと、ほとんどのクラスメートが黙祷していなかった。
「君が代の意味を知ったら、する気になんてなれないよ」
と言う子がほとんどだった。しかも、みんな怖い顔で。
そして、ちょっと私のことを非難気味。
「みんな先生に感化されちゃったんだなぁ」
とびっくりした。

そして、3学期の現代社会の一回目の授業のとき、先生から雷が落ちた。
黙祷した私にではなく、黙祷をしなかった生徒に対して だ。
私もびっくりしたが、みんな豆鉄砲を食らったような顔をしていた。
先生は、黙祷をしなかったと誇らしげに手を挙げた一人ずつの意見を聞いた。
大概の意見は
「先生の授業を受けていたら、する気になれなかった」
「天皇は嫌いだから黙祷なんてしたくなかった」
というものだったように思う。すると先生は
「俺みたいな一教員の意見に左右されてどうするんですか。
私は君らに自分の意見を持つとはどういうことかということを
一年間伝えてきたつもりだ。久米宏にだまされるな。
俺にもだまされるな、だ。日の丸の御旗の元に他の考えを一切
許さなかったことがあの戦争を生んだと言ったはずだ。
冬休みのレポートも読ませてもらったが、揃いも揃って
私の意見のコピーだ。がっかりした。君らをだますのは簡単ということだ。
私の授業を踏まえた上で、それでも自分は天皇制賛成だと主張したのは
ほんの数名しかおらん」
と怒りながらレポートを返し始めた。
クラスのみんなは訳が分からないという顔だった。
しかし、私はその数名だった。
別に大した主張をしたわけじゃなかったが、先生に大賛成っていうのも
なんだか面白くなくて、どうせいい点なんて取れないだろうけど
まあいいやと思って提出したレポートがなんと90点だった。
レポートを返す時に先生はニヤリと笑って私に
「なかなかよろしい。まだ俺は論破されていないがな。その分を引いたぞ」
と言った。

記事の中の都立高校の先生方がどんな人たちなのか、わからないけど
私が習った先生よりは、はるかにスケールが小さく思えてしまう。
外国籍の生徒に褒められて喜んでるのもよく分からないし。
君が代を嫌いな人がいるのはよく知ってるけど、起立しないことが正義で
信念がある人みたいに言われると、
高校生の時に黙祷したことを「信じられない」と非難気味に言われて
ちょっと怖かった日のことを思い出しちゃう私。
posted by ぐうたら主婦 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

ちびくろさんぼ復刊

これは、テレビで見た情報じゃないんだけど
あのちびくろ・さんぼが復刊するというニュースが入ってきた。
うれしい。
これで、私に子供ができたら読んであげることができそうだ。
どんなに考えてみても「ちびくろさんぼ」が差別的だなんて思えない。
だいたい差別なしに平等の思想なんてあり得るんだろうか?
虚がなければ真実の証明はできない
って言葉、どこで聞いたか忘れたけど感動した記憶がある。

知り合いのドイツ人の物理学者は子供の頃、
自分が集めた消しゴムの車をいつまでも眺めていたくて
お母さんが部屋の電気を消すのを嫌がったそうだ。
すると、お母さんが消しゴムをひとつ指差して
「これは何色?」
と聞いた。
「赤」
と彼が答えるとお母さんは電気を消して、同じ消しゴムのことを
「何色?」
とまた聞く。彼は見たまま
「真っ黒」
と答えた。するとお母さんは
「それは光の反射でそう見えているだけだから、
あなたが心の中の目で見たら赤く見えるはずよ」
と言ったんだそうだ。
幼い彼は一晩考えないとおかあさんの言った意味が
分からなかったそうだが、
それが物理学者を目指した紛れもないきっかけだったと言う。

そもそも、目に見える肌の色なんてどうだっていいことなんだ。
ちびくろサンボが黒かろうが黄色かろうがどうでもいいことなんだと
子供に教えられなくて差別が悪だなんて教えることはできない。
だから私はちびくろサンボの復刊はとてもうれしい。
絶対こどもに読んであげようと思う。
posted by ぐうたら主婦 at 19:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月28日

もしも藤井フミヤが名づけ親だったら

この週末、愛知県の知多半島の先端に
「南セントレア市」
という、とってもポップな名前の新市が
誕生するかどうかの住民投票が行われた。
なんの関係もないのにワクワクしちゃって結果が気になって
今朝のニュースで結果を見るのがすごく楽しみだった。

しかし、肝心な合併そのものは既に決まっているものと思い込んでいたら
名前どころの話じゃなく、そもそも住民は合併に反対だっていうのだ。
合併の正式調印すらできてないのに、みんなで寄ってたかって
名前のことばっかり心配していただなんて。
あんなにわけもなくワクワクしていた私もちょっと恥ずかしい。

「南セントレア」が話題になった時に
「どちらの町の名前をつけても、お互い角が立ちますので」
なんて答える、人の良さそうな町長さんをニュースでお見かけした。
しかし、どう見ても「セントレア」なんていう名前を提案するような
お顔ではない。
そもそも隣町との間に「角が立つ」ことを気にする人が考える名前か?
セントレアって。

その人のキャラクターでは許されない行為ってある。
南セントレアも
藤井フミヤあたりが提案した名前だったらどうだったんだろう?
なんでフミヤなのかは説明できないけど、フミヤが言い出しそうな名前だ。
フミヤプロデュースって言われると、ほんとはおしゃれなのかどうなのか、
実はみんなよく分からないんだけど、何だかセンスがよさ気に感じる。
愛知万博でもどこかのパビリオンのプロデュースを任されている
名プロデューサーのフミヤさんが「南セントレア」って提案したら、
ひょっとしたら今日あたりの新聞は
「藤井フミヤさんが名付け親『南セントレア市』誕生」
なんて見出しになっていたような気もする。

よく地方のイベントを つんく やら フミヤ やらがプロデュースしてるけど
あれはどう見ても行政の企画にケチをつけられないための「ぬいぐるみ役」。
どんなにへんてこりんな企画でも
さすがつんくさんって思わせるための「ぬいぐるみ」。

あの町長さんの顔で許されるのはやっぱり
どこにでもある無難な名前だけだったんじゃないかと思う。
町長さんもフミヤかつんくのぬいぐるみを着ちゃえばよかったのに。
でも、最初から自分の町のPRが目的で
こんなド派手な名前をつけたんだとしたら、
町長さん、つんくやフミヤ以上のやり手だな。と思った。
posted by ぐうたら主婦 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

栗原はるみとホリエモン

先日、栗原はるみさんが世界で一番権威のある
料理本のコンテストでグランプリを受賞したというニュースがあった。
私は彼女のレシピで「うーん、うまいっ」と思ったことは
残念ながらあんまりないんだけど
日本食の好きな欧米の方々は、
その本のレシピがうまかろうが不味かろうが
「おうちで和食が作れちゃう」
のがきっとうれしくて仕方ないんじゃないかと思った。
わたしもオサレな写真入りの洋食の料理本を見て
「おうちでイタリアンやフレンチが作れちゃう私」
がちょっと素敵な人だと錯覚する。
錯覚して料理までうまくできた気がする。
欧米人の和食ブームのツボをついたプロデュース力の勝利な気がした。


・・・とここまでは前段の話のつもりでしたが 
長くなってしまうので続きはまた明日にしようっと。
ブログってのも初体験だし。
ホリエモンがブログ、ブログって言うので悔しいから私も参戦してみちゃった。
何が悔しいんだかよくわかんないけど、あいつに「だ〜か〜ら〜」って言われると
テレビの前の私はなんだかとても悔しい気持ちにさせられる。
あんなに不細工なのにお金持ちだから?
デブだから?
脂ぎってるから?
よく分からないけど、ま、要はとにかく嫌いなんだな。

posted by ぐうたら主婦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。