2005年07月31日

仙台市長選決着

私がよそ者ながら注目していた仙台市長選挙が決着。
ここに書いてから地元の方が多くコメントを寄せて下さって
地下鉄東西線をどうするかという大きな問題を抱えた
選挙であることを知り、大変ありがたかった。
しかし、やっぱりよそ者としては
衆議院議員を連座制の適用によって失職した人間が
市長選挙に出馬するという前代未聞の行動の方が興味があり、
その鎌田さゆり元衆議院議員(民主党)がいったい
どのくらい票を集めるのかということに注目していた。
(結果はこちらをご覧下さい)
この結果に私は何だかほっとした。
調べてみたら、鎌田さゆりが2期目の当選を決めた
衆議院議員選挙の時よりも1万票以上落としていた。
やっぱり連座制で失職した人に世間の風は冷たいってことだな。
連座制が適用されて失職すると同じ選挙区からは5年間
立候補することができない。
しかし、自分の失職した選挙区が含まれる市長選挙に
打って出たのがこの鎌田さゆり。
法的には問題ないらしいが、それにしても
やっていいことと悪いことってあると、私は思う。
取り巻きやブレーンが相当悪いんだろうな。
そそのかされて出馬しちゃったのか
本人が出たいって言ったのを誰も止めなかったのか
どちらにしても周りの質がかなり悪いんだろうと思う。
何で五年間我慢できなかったのだろうか。
また何かの選挙に出てくるのかもしれないが、
今回の出馬で次回の芽も自ら潰したんじゃないんですかね
鎌田さんは。
まぁ、とにかく国政には二度と出てきてもらいたくないので
仙台の皆さん、ひとつよろしくお願いしますよ。
いくら民主党だとしても、一応国会議員ともなれば
よそ者の私の生活も彼女に託してしまうことになるし。
第二の人生はどうか地元で頑張ってもらいたい。
一期ちょっとの代議士生活、お疲れ様でした。
posted by ぐうたら主婦 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

選挙キャンペーン

静岡では県知事選の真っ最中。
まったく盛り上がりを見せていないが
あちこちで投票を促すのぼり旗や垂れ幕を見かける。
キャンペーンガールは
映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」で有名に
なった(らしい)静岡県出身の女優の長澤まさみだ。
昨日ローカルニュースに出ていた選管のお兄さんは
「投票率アップのためならどんな努力でもする」
旨の話を力強くしていた。
投票率がまるで自分の営業成績のような言いっぷりだ。
しかし、私は選挙の度に繰り広げられるこのキャンペーンに
どの程度の効果があるのかといつも疑問に思う。
女優がにっこり微笑むポスターを見て
「そうだ、選挙行こう」
なんて旅行に行くみたいに発想する人が
いったい世の中にどのくらいいるんだろうか。
周りの選挙に行かない人たちを考えてみると、
どんな人気女優がどう訴えても
決して選挙になんて行くはずもない人ばかりだ。
「政治には興味がない」
「投票したってどうせ何も変わらない」
「誰がなっても一緒だし」
「もう少し分かりやすく政策を説明して欲しい」
などと彼らは平然と言ってのける。
そういう子持ちのカップルが周りにたくさんいるが
こんな親に育てられた子供が大人になって
自ら選挙に行くようになるとは到底思えない。
しかし彼らの多くは高等教育を受けて、
ちゃんとした職場にお勤めしている立派な社会人だ。
そんな彼らにヘラヘラとこんなことを言われると
「政治に興味がない」→「戦争がいきなり始まっても文句言うな」
「投票したって何も変わらない」→「行ってから言え」
「誰がなっても一緒」→「北朝鮮に行ってこい」
「政策を分かりやすく」→「人のせいにするな」
と、いつか言ってやりたい衝動に駆られる。
そして
「そもそもあんたたちが選挙に行かないから
 一部の利権を握っている人たちや宗教団体の
 組織力で当落が決まってしまうんだけど、
 その落とし前はどうつけてくれるのさ」
とも、言いたい。言ったことはないけど。
そんな立派なことをこんな人たちに言いたくない。
こういう恥ずかしい大人を大量生産してしまったのは
一体誰のせいなのか分からないが、
30歳も過ぎてそんなこと言ってる人は多分、
今さら何をしても手遅れだろうと思う。

ポスターが選挙に行かせようとするターゲットは
この層とはちょっと違うのかもしれないが、それにしても
女優のポスターを見ないと投票日を思い出せないような人に
選挙に行ってもらう必要があるのかどうかも疑問だ。
それよりも、子供の頃からいかに選挙に行くことの大切さを
自覚させるかということが本当の意味での啓蒙活動だろう。
選挙なんて一度も行ったことがない親に育てられても、
選挙は大切なものだということを子供に自覚させることに
予算を使うことはできないんだろうか?
有名女優ののぼり旗がどのくらいの予算で作られているのか
分からないが、江角マキ子の年金ポスターレベルにしか見えない。
posted by ぐうたら主婦 at 10:36| Comment(5) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

室温35℃

今日は週に一度の買出し日。
ものすごい暑さの中、いつも通り3つのスーパーをはしご。
専業主婦としての唯一のオツトメだ。
しかしそれにしても暑い。
最後のスーパーで買った大好きな「鮭ちりめん」が
帰ってきたらもう変なにおいがしていた。
悔しくてあきらめきれず食べたら、
案の定下痢してしまった。自分の食い意地には呆れる。
暑い上にお腹も痛くてウダウダしていたら
何だか頭痛と動機がしてきた。
食あたりではなく風邪か?
と思い、体温計を取り出してみた。スイッチを押す。
ピピピピッ…
と、何度押してもすぐに測定終了の音が鳴る。
しばし繰り返して理由に気がついた。
…部屋が35℃以上あるってことか。。。
パソコンのファンも回りっぱなしで
調子が悪いのかと思ったがそれも原因は暑さのようだ。
私もパソコンも暑くておかしくなってしまった。
そんなに暑いならば冷房をつければいいものを、
私はついつい我慢してしまう。
何と戦っているんだか分からないが負けるもんか
なんて思ってしまう。
もちろん地球温暖化は気になるが、
そんなに崇高な信念で我慢しているわけでも、ない。

以前、働いている頃の私は夏になると
(当時は持病の悪化に苦しんでいたせいもあるが)
オフィスのあまりの寒さに絶えかねて、靴下を履き、
大判のひざ掛けを腰巻のように巻きつけて
カーディガンをはおって仕事していた。
上司や同僚に
「ぐうたらさんのその姿はもはや夏の風物詩だねぇ」
「ぐうたらさんが腰巻をすると夏が来たなぁと思うよ」
なんて言われていた。
さすがに自分の部屋から出るときには腰巻と靴下は取る
ようにはしていたが、たまにうっかり廊下にまで
そのいでたちで出没してしまう時があり
知らない人にギョッとされることもあった。
しかし、私のひどい姿に自信を持ったのか
他の女子職員にジワジワと靴下&腰巻が広がっていった。
ちょっとした夏のファッションリーダーだ。
しかし、女というものは怖いもので、みんながやり出すと
途端に緊張感がなくなる。
腰巻姿で廊下をウロウロする人が多くなってしまった。
するとさすがに見苦しかったのか、上から
「自分の机から席を立つ時には腰巻は外すように」
というお達しが来た。
腰巻を外せなんてあの寒いオフィスで言おうものなら
私たち腰巻女に
「寒いんですっ」
と言い返されそうで
席を立つ時には…の一文を付けたんだろうな。
しかし、hiroingさんの7/7の記事を読ませていただくと、
今の会社は「弱冷房会社」なんだそうだ。
いつも面白いが、特に大笑いしてしまった。
ダンナも毎日「今日も暑かった」と文句を言っている。
時代の流れを感じる。
私が働いていたオフィスも、今は絶対にみんなで
「クールビズ」とか言って
男性は汗を拭き拭き仕事しているに違いない。
腰巻と汗ダラダラの中間の温度設定にうまくならないものか。
腰巻き女が発生するオフィスも、
汗ダラダラ男が蔓延するオフィスも
どっちも極端すぎてうまくない。
私も料理する時は、くじけて冷房つけるもんなぁ。

今日も「弱冷房会社」でお仕事している皆さん、
ほんとうにお疲れさまです。
posted by ぐうたら主婦 at 16:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

人気者の定義

今朝、スポーツ新聞を読みながらダンナがいきなり
「なんだ?これ」
と怒り出した。
オールスターファン投票の一塁手部門で清原が1位に輝き
セ・リーグを率いる落合監督がすぐさま指名したのが
『四番・清原』だという記事があるのだそうだ。
「自分のチームでもあんな成績で6番打ってるヤツが
 なんでオールスターの4番なんだよ」
とずいぶんご立腹だ。
聞けば、清原は今のところ規定打席打率最下位なのだ。
そりゃ、確かに変だ。
ファン投票では阪神の4番を打つ金本も選ばれている。
どう考えても清原が4番を打つなんておかしな話だという
ダンナの意見はもっともだ。

しかし、それ以上に清原が1位で選ばれていることに
私は違和感がある。成績がいいのなら文句はない。
なんてったって規定打席打率の最下位なのだ。
以前、二年以上も一軍で登板していない
中日の川崎憲次郎投手がセ・リーグ投手部門の1位になり、
出場を辞退したことがある。
インターネットを使った嫌がらせではないかと言われた
この事件だが、それを受けて川崎投手は辞退した。
あの一件を考えると、これもまたさっぱり打たない清原への
悪質なファンからの嫌がらせっていうならば、まだ少しは納得できる。
ところが、清原は選ばれたことを「光栄」だと言い
新聞も「清原は人気者」という前提で記事を書いている。
しかも落合監督からは4番のご指名だ。
川崎の1位は不可解な珍事で
清原の1位は人気の証
ということになってしまうその境界線が私にはよく分からない。
打率最下位だろうが、ファン投票では1位。
ペナントレースの首位を走るチームの4番がいても
オールスター戦で4番を打つのは清原。
それがまかり通るほどの人気が未だにあるということか。
まるで、抱かれたい男ナンバーワンのキムタクさまだ。
私の周りにはファンがも一人もおらず
視聴率=打率もそんなにいいわけでもなく
そもそも何で未だにこの人なのかが分からない
いい年をしてオレ様キャラが売りの
キムタクさまと男・清原和博。
私には、この二人の何がそんなに魅力的なのか
残念ながらさっぱり分からない。
もう、こんな人気投票ならやめてしまえばいいのに
と思う。

050709-170950.jpg昨日はダンナとナゴヤドームへ。
(ひどい写真ですみません)
私の好きな阪神下柳と中日山本(敵だけど実はファン)
の先発でとってもうれしかった上に
阪神が6連勝を飾り、楽しい一日になった。
日帰りを敢行したので、今日は疲れて昼まで
ウダウダ寝てしまった。
posted by ぐうたら主婦 at 18:31| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

ヤワラ妊娠

昨夜は不快指数満点のニュースをうっかり見てしまい
ただでさえ暑さでバテていた私はすっかり虚脱状態にさせられた。
そのニュースは言うまでもなくご存知、谷亮子の妊娠だ。
昨日はテレビを見るヒマがなく、夜まで何も知らなかった私は
古館がニコニコしながら
「今日はうれしいニュースが飛び込んでまいりました」
なんて言うから、何だ?何だ?と意気込んだらこんな話。
いい加減にしろよ、テレ朝!なんでこれがトップ扱いなんだ?
谷亮子の妊娠ってそんなにめでたいことなのか?
どうせ流すならスポーツコーナーでひっそりやってくれ。
怒りを通り越して脱力。ニュースのワイドショー化以前に
テレビ局の谷亮子の扱いには大いに文句がある。
私は彼女が大嫌いだ。世間では人気があるかのような
報道の仕方だが、一体どんな種類の人間がどんな
了見で彼女を未だにヤワラちゃんなんて呼んでいるのか
一人一人と会って問い詰めたいくらい嫌いだ。
それをあたかも国民全員が彼女のファンであるかのような扱い。
大スポンサー、トヨタ様への気遣いなのか?圧力なのか?
ただでさえ暑いのに、オテモヤンみたいな顔を垂れ流さないで欲しい。
しかも、ヤワラ妊娠の次のニュースは騒音オバサンだった。
最悪。

彼女の何が私をここまで不快にさせるかというと
あの人は他人が評価する言葉を自分で言っちゃうのだ。
例えばかの有名な「前人未到の10連覇」とか。
他にもたくさんある。
オリックスの始球式で腹出しルックで登場したときには
→「ちょっとサービスしすぎちゃいました」(オェ)
アテネでダンナが怪我をしてメダルを取れずに終われば
→「それでも二人とも輝けたと思います」(はぁ?)
あの趣味の悪い結婚式の時は
→「今までにない結婚式のスタイルを提案をしたかった」
(趣味が悪すぎてこれまでもこれからも誰も真似しない)
今回は
→「おめでたが現実になりました」
おめでたって自分で言うかね。いい大人が。
この人は誰かが言ってくれるのを待てないんだろうか。
度を超したサービス精神とでもいうのか、何というのか
あの羞恥心のなさには、ただただ驚く。
かつて私も金メダルを逃す彼女を見て、取らせてあげたいなと
思ったことはある。
しかし、私のために取ってくれなんて言ったことはない。
昨日の妊娠に至っては
「皆さんの期待に応えられてうれしい」
などと言われるとほんとに首をしめたくなった。
お前はプリンセス雅子か。雅子様でも言わないぞ。
少なくとも私は頼んだ覚えもなければ、期待したつもりもない。
「田村で金、谷で金、ママでも金」
らしいが、金、金、金、金、うるさいっつーの。
彼女が金メダルを取った先にはこんな罰ゲームが待っているなら
今度は心の底から金メダルが取れないように祈りたい。
ていうか、既にアテネでも心の底から祈ったがパワーが足りなかった。
次は頑張りたい。
「この人を二度とテレビで見なくて済む方法ってないのかね」
と私が言ったらダンナが
「田村で金、谷で金、ママでも金、また田村で金なら
 俺はこの罰ゲームも甘んじて受ける」
と言った。うまい。座布団一枚。
こういう国民もいることをテレビ局も分かって欲しい。




posted by ぐうたら主婦 at 11:30| Comment(7) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

ニュースのワイドショー化

タマちゃんが荒川でまた目撃されたんだそうな。
喜んでいる人に水を差したら申し訳ないが
このネタが何でこんなに取り上げられるのか
前の騒動の時から全く理解できない。
しかもニュースキャスターがうれしそうなのが謎。
さらには、もうひと回り小さい別のアザラシもいたなんて
目撃談もあるらしいが、とにかく
『戻ってきた』なんてニコニコしながら伝えている場合か?
と言いたくなる。
大体、荒川にいるべき生物じゃないでしょ、アザラシって。
それが続々と北の海からやってきているのは
明らかにおかしいとは思わないのか?私は気になる。
それを「戻ってきた」って喜ぶだけならニュースで時間を
取るのは止めてほしいのよ。
もともと動物ネタには興味がないので余計にいら立つのだが
もっと伝えることがあるはずなのは間違いない。
今日見ていたのは日テレなんだが、最近、日テレは特にひどい。

朝のテレビ朝日のワイドショー(スーパーモーニング)では
次の話題に移るときに司会者が思いっきり
「次のニュースです」
なんて言い放つ。いつからこんな言い方になったのか
分からないが、気がついた時にはぎょっとした。
境界線がなくなるにも程がある。聞くたびに不快だ。
ニュースが高等でワイドショーが下等だとは言わないが
棲み分けはきちんとしてもらいたいと思う。
ニュースステーションを作ってた局だから仕方ないけど
ニュースがワイドショー化しているから
ワイドショーがニュース化せざるを得ないのか?
そんなわけない。そんなことでいいわけがない。

夕方の全国ニュースの後に始まる
地方局のニュースの方がよほどましだ。
地元のニュースを淡々と誠実に伝えてくれる。
アナウンサーからも記者からも報道しているという
プライドみたいなものが伝わってくる。
キー局は少しは地方を見習って欲しい。
posted by ぐうたら主婦 at 18:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

カード情報流出

カード情報流出の被害は大変な額になってきているが、
我が家で3月に発覚したカード不正使用騒動で偽造された
アメックスの名前は今回は挙がってきていない。
でも、うちもアメリカで使っているし、何か関連があるんじゃないの?
いや、あるはず。きっとあるさ。
と決め付けて朝からいろいろと検索していたら
うちと同じような被害に遭った怒れるOL1号さんのブログを発見した。
状況がとってもよく似ている。
怒れるOLさんはおととしの1月にハワイで使用したカードだそうだ。
我が家はおととしの11月にラスベガスとロサンゼルスで使用した。
ちょっと時期がずれているが同じアメリカで同じ年に使っている。
同じ方法で情報を取られたと考えてもいいんじゃないかと思った。
でも、そうなると今回のカード情報管理会社の不始末とは別に
我が家の情報はスキミングか何かによって流出したことになる。

つい先日、普段はガソリン専用のカードでDVDを買ったら、
すぐにカード会社から『本当に買いましたか?』
という確認の電話がきた。本当に自分たちで買ったのだが
普段と違う使い方をしたので連絡をくれたらしい。
でも、それは普段の使い方のデータがあるってことだ。
自分と同じような使われ方をした時には
不正使用だなんて気付いてもらえないんだろうし
そんな時はどうやって自分が使っていないことを証明すればいいのか?
しかも、その普段の使い方のデータが盗まれることはないのだろうか?
などと、いろいろ考えていたら
あんな小さなプレートをお金代わりに使っていること自体が
そもそも間違いな気がしてきた。
被害者を装って補償金を巻き上げる輩もそのうちに
間違いなく出てくるような気がするし、
カード社会はこれからどんな形になっていくんだろう・・・。
ネットで本を買ったり、カード決済が必要な時は必ず
あるのでまったく使わないわけにいかないんだけど
偽造されてからはやっぱりカードを使う時には躊躇してしまう私。

posted by ぐうたら主婦 at 14:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

サッカーと愛国心

サッカー日本代表がW杯出場を決めた。
私は静岡県民なので、Jリーグも年に何度も見に行くサッカーファンだが
何故か今回はあまり盛り上がらない。
「よかったね」程度にしか
気持ちが高ぶらない自分がちょっと寂しいくらいだ。

理由は、鹿島の選手ばかりの代表選考が気に入らないだけでなく
テレビに愛国心を煽られるのがもっと気に食わないのだ。
しかも、もともとひねくれた性格なので
みんなが青いTシャツを着て「ニッポン ニッポン」
と騒いでいるのを見ると気持ちがどんどん引いていってしまう。

事の始まりは前回のW杯だ。
日韓共同開催だということでなぜか私たち日本人は、
マスコミから日本だけでなく韓国の応援もするように仕向けられた(気がする)。
初めの頃は「そうだな、共同開催だし」なんて思っていたのだが
いざ始まってみれば、あの国の人たちがしたことといえば、
ソウル市内でわざわざ日本戦のPVを開催して日本の対戦国の応援だ。
今さら驚きはしなかったが、こんな国と共同開催する意味って
本当にあったのか?とものすごく疑問に思ったし、
あの国に横行する歪んだ愛国心をまざまざと見せつけられて、
ほとほとがっかりしたものだった。
一方の日本人は自分の国だけを熱心に応援しているのだから
実に正当なナショナリズムの表現だろうとは思ったが
それにしてもあまりの熱狂ぶりに驚いてしまった。
いつからこんなに君が代が好きな日本人が増えたんだろう?と。
靖国はダメだけど、サッカーなら中国や韓国も怒れないので
何かで愛国心を表現したい人があれだけいるってことだとすれば
そんなに悪いことでもないな、と思いながら見ていたが
熱狂している背景はどう考えてもマスコミに先導されている
ようにしか思えなかった。
応援の教科書どおりに陶酔した表情で君が代を大合唱しながらも、
テレビに言われるがまま、ご親切に韓国の応援までしてあげる日本人と
自国の応援だけではこと足りず、憎き日本の対戦国まで
必死の形相で応援する韓国人の二つの姿を眺めるはめになったことで、
悲しいことに私の応援熱はどんどん醒めていってしまった。
スポーツにナショナリズムを投影することが
ものすごく馬鹿げて見えてきてしまったのだ。
そんな気持ちが3年経った今でもまだ回復しないらしい。

そんなわけで、もともとサッカー好きだった私にとっては
弊害ばかりが残った日韓大会だったが
多くの日本人がこんなにサッカー好きになったのは
やっぱりあの大会の成果なんだろうと思うと皮肉だ。
かの有名なドーハの悲劇の時は
地上波は生中継じゃなかったことを思い出すと感慨深い。
あの日はBSが見られる私のアパートに
男友達が5人くらい押しかけてきて飲み会を開いていた。
当時はまだサッカーは男の楽しみだった。
私は静岡出身だから馴染みがあるだけで
女の子のサッカーファンなどほとんどいなかったように思う。
それが今はこの熱狂ぶりだ。
老若男女、昨日はサッカーに熱くなったんだろう。
もうこれくらい日本人に浸透すれば十分だろうと思うのだが、
最後に一言。
なんで今さら香取慎吾が応援団長なのさ?テレ朝。
一体これ以上、どんな層をサッカーに呼びこみたいのよ。
カビラだけでもこっちが恥ずかしくなるウザさなのに
香取慎吾は激しく余計だ。あの二人が画面に出てくると
「もう許して下さい」
と謝りたくなるくらいつらい。
ドイツに連れてくのは経費と電波の無駄なのでやめてほしい。
民放の中継は見なけりゃいいんだけど。

やっぱり今日、こんなこと言う私はひねくれてるんだろうなぁ。
posted by ぐうたら主婦 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

ガラガラの巨人戦

昨夜の巨人戦は史上初の4万人割れだったそうだ。
確かに我が家でも画面に映るスタンドを見て
「うわぁ、ガラガラだ。こりゃ、ひどいね」
と驚く光景ではあった。
「でも、こんな成績じゃ仕方ないだろ」
とダンナは言った。私もそうだな、と思った。
しかし、だ。
昨日、観戦に訪れた巨人の滝鼻オーナーは
「ウイークデーだし難しいゲームだよね。東京都民にとっては」
と、平日であること、相手がオリックスであったことが原因だと
のたまったらしい。
しかも、昨夜の勝利投手エース上原まで
「今日は空席があって残念だったが、満員で埋まってくれるようお願いします」
とファンに訴えたんだそうな。
おいおい、そんなことを訴えるなよ、ファンに。
「もっと見たいと思う試合をしてくれ」
と訴えたいのはファンの方だ。バカにするな。
(私は巨人ファンじゃないですが)
あぁ、わかっちゃいない、何も分かっちゃいない。
それを言うなら
「4万人割れしたのは、一にも二にも成績のせい」
で、満員で埋まってくれるようにお願いするどころか
「スタンドが満員になるように頑張ります」
しかあり得ない。
巨人ファンは、頭にこないんだろうか?
私がファンなら二度と球場に行きたくない。

ナベツネがいなくなったかと思えば、またこんなオーナーだ。
企業が問題を起こしてトップを変えても、次から次へと
前と同じようなへんてこりんな人材が現れるのとよく似ている。
今、JRが叩かれているように企業の体質っていうのは絶対にある。
これが巨人なんだろう。
上原はシーズンオフにやたらとテレビに出演して
本当は苦手なテレビに出るのが野球ファンを増やすための自分の使命
らしきことを話していた。
そんな彼の笑顔を見て、プロ野球は好きだが上原のファンではない私は
かなり困惑したのだが、まあ、巨人のファンは求めているのかもしれないな
と思って許していた。
でも、やっぱりそういう勘違いはこういう一言に露呈する。

自分たちのダメな現状を事実として受け止めてから対策を考えない限り
正しい評価ができていないので、無策に終わる。
お客が入らないのは、ファンのせいでも対戦相手のせいでもなく
自分たちの試合が面白くないからだ。

こういう勘違いにダメ出しできるのはファンしかいない。
今日の東京ドームが昨日以上にガラガラであって欲しいと思う。
私が巨人ファンなら彼らが反省するまで絶対に行かない。
posted by ぐうたら主婦 at 18:38| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

民主惨敗

衆議院補欠選挙があった。
福岡でも宮城でも民主党は議席を落とした。
我が家は夫婦揃って選挙速報が大好きだ。
ましてや昨日の注目は変態ヤマタクが国政復帰なるかだ。
変態は政治家として失格なのか。
ホントに女性はヤマタクを許さないのか?
ペパーダイン古賀潤一郎先生を選んだ民主より?
などと夕方から夫婦で議論して楽しんでいた。
ダンナはヤマタクは変態過ぎてさすがにダメだろうと言っていたが
その福岡どころか、宮城でも民主は負けた。

今朝になってワイドショー各局が選挙戦を振り返っていた。
田中真紀子は3回も福岡に入ったそうだ。
「真紀子節」とやらを聞かせてもらったが、相変わらずひどい。
私のブログと変わりないが私は政治家じゃない。
もう、彼女の小泉さんと自民党への恨み節はうんざりだ。
小泉さんには外交センスがないと言うが、自分が外務大臣の時に
アーミテージ国務副長官(当時)との面会をドタキャンしたことは
もう忘れてしまったらしい。悪いが私は忘れてないぞ。
でも、ヤマタクがどんなに変態でも、気持ち悪い男でも
私も日本もとりあえず迷惑はかけられていない。
この先も変態が理由で迷惑をかけられることはないように思う。

もはや無党派層と呼ばれる人たちは、選挙に行かない層だ。
真紀子の悪口演説程度じゃ選挙になんて行かない。
彼らを選挙に呼び込むならば今はとにかく議員年金廃止だったと思う。
議員との不公平感をなくすだけで選挙に足が向く人は少なくない。
年金問題全般を争点にできなかったのだから、
議員年金を廃止するくらいしか有権者が喜ぶ話題はなかった。

『若くて高学歴な美形候補者』
を立てれば、選挙に行かない人が選挙に行ってくれるかも、なんて
淡い夢が見られる時期はすっかり終わっちゃったんだろう。
この選挙の原因になった二人はどんな人だったか調べたら
若くて可愛い主婦イケメンペパーダインだ。
もっと現実的な匂いのする候補者を探してこないとねぇ・・・。
これ以上、公明党が鍵を握る国になっては困る。

posted by ぐうたら主婦 at 11:16| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

古田と清原

私は清原が嫌いだ。
今どき「とんぼ」のテーマ曲に乗って登場し、
その曲の演奏が終わってもなおアカペラで
「おぉ おーおーおーおーおー おぉおぉおー」
と、ファンが歌い続けるのもウザくて仕方がない。
そして画面が清原を映し出すと、ダイヤのピアスに浅黒い肌。
ひげまで染めた金髪で眉間にしわを寄せてガムを噛む。
その姿に毎晩ため息がでる。
西武時代は爽やかな好青年だったはずだ。
いつからこんなにチンピラ風情になってしまったのかと
ファンではないが、心の底から不思議になる。
そんな清原さんには
去年の2000本安打に続いてこれから500本塁打という
記録が待っているのだそうだ。

一方、昨日はヤクルトの古田選手が2000本安打の記録を達成した。
大卒で社会人まで経験して、記録を作るということに関して
時間的に大きなハンデを抱えた2000本安打の記録だ。
野球をよく知らなくてもすごいと思える。
昨夜は各局のインタビューに答えていたが、
どれも理路整然としていて爽やかな気持ちのいい話ばかりだった。
そして、
「40歳近くまで現役を続けてきた秘訣は?」
と聞かれた時には、トレーニングについて
「30歳からのトレーニングの質。35歳を過ぎてからでは間に合わない」
と答えていた。ついつい、清原への嫌味に聞こえてしまった。

さえないのびた君→颯爽とスーツを着こなす選手会長
になった古田に比べて
爽やかな高校球児→チンピラ風情の巨漢
になってしまった清原。
古田は今の方が断然かっこよく、
清原は若い時の方が断然かっこよかった。
トレーニングの質だけが原因ではないのは明らかだが
自分をどれだけ客観視できるかどうかの差だろう。
あの姿で「とんぼ」ってのは、とにかく美しくない。

近々、500本塁打を達成するのだろうが
結局、何になりたいのか意味不明な体造りをしてきた
清原さんに日ごろのトレーニングについて聞いても、
古田のように万人がうなづく話にはなりそうにもない。
せいぜいケガを乗り越えた苦労話に終始しそうなのが
今から目に浮かぶ。
今さらそんなつまらない美談はどうでもいいので、
500本塁打を達成したアカツキには、ぜひとも彼が
爽やかな清原から今のチンピラ風情に変わった理由を聞いてみたい。
そこには若い時から注目されつづけた彼の人生の機微がありそうだ。

posted by ぐうたら主婦 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

大人の決着

中国の反日デモやらライブドアとフジテレビの業務提携やら
私の気持ちをすさませるニュースばかりが続いていて憂鬱。
憂鬱すぎて、2つのニュースが頭の中で絡みあってしまう。

私としてはホリエモンがたくさんお金を儲けたことはどうでもいい。
「良かったね」っていう以外には特段の感想もないんだけど、
何もなかったかのようにフジテレビと仲良くなるのは気に入らない。

土足で踏み込んできたヤツをそんなに簡単に許せるの?
まあ、あの日枝さんの苦虫を噛み潰したような顔を見たら
何もなかったわけじゃないのは分かるけど
フジテレビが応じた増資ってのは、提携話の末に結局決裂して
資金を引き上げることはできない仕組みになってるのかな?
フジテレビが協議の机を蹴飛ばしちゃうことって
ホントにないんですかね?
大人の解決をした大人はそんなことしないのかな?
素人の私から見るとフジテレビはライブドアの株主様になったわけで、
株主が一番偉いっていきまいていたホリエモンが
あんなに汗をダラダラ流してうれしそうな理由がさっぱり分からない。
お金をたくさん貰ったから?
これが日本流の大人の決着ってことなのかしら。

でも、今の日本をフジテレビにムリヤリこじつけると、
いくらたくさんお金をあげても許してくれない会社(中国)と
交渉しなくちゃならない状態に陥ってる。
ODAをいっぱいあげるから許してって言っても
相手にODAが必要なくなっちゃえば意味がなくなる。
今まではお金をあげていればおとなしくしていてくれたとしても
お金が必要なくなれば、いくらあげても無意味になる。
大人の決着はしてくれない相手になってしまったってことだ。
そう考えると、日本国の社員としては中国は実に憂鬱な相手だ。
お金以外に何を日本は取られちゃうんだろう。
ボスたちには真剣に頑張ってもらいたい。
posted by ぐうたら主婦 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

乙部さんへの妄想

今日は書くネタがないなぁと思っていたら
今、日テレのニュースでライブドアの噂の広報
乙部さんがライブドアブログで「お仕事日記」という
ブログを始めるというニュースがあった。乙部さん曰く
「堀江の社長日記は男性ユーザーに受けているので
 自分は女性ユーザーを増やしたい」
と言っていた。そして、ブログ会議とやらを開き、
ライブドアデパートと提携している店にベンツで出向いて
ジャケットを購入し、それを着用した写真をブログにアップしていた。
これで、ライブドアデパートの集客力アップにつなげたいんだと。
ライブドアは広報にも現金収入を課しているらしいので
(今朝、江川紹子が言っていた受け売り)
営業成績を上げるために自分が注目されていることを
最大限に利用しているんだろうけど、こんな宣伝話を
夕方のニュースで垂れ流す日テレにもあきれた。
乙部さんに気に入られてホリエモンのインタビューでも
取りたいのかもしれないけど、やりすぎ。

乙部さんはホリエモンほど嫌いではないけど
側近がボスの弁護をする行為が私は嫌いだ。
女性ユーザーを増やしたいという理由も、
なんとなくきれいにまとめた言い訳で気に入らない。
しかも彼女はテレビに出るのは絶対に嫌いじゃないだろう。
押さえきれないうれしさが画面から滲み出てしまう。
出始めの頃、自分は広報としてやむを得なく出演していて、
美人秘書などと言われるのは心外なのだと言っていたが
それならテレビで話すのは会社全体の広報にとどめた方が得策だ。
自覚がないのかもしれないが(いや、あるな)
残念ながら中途半端にきれいなせいで、彼女が
「うちの堀江は・・・」と弁護を始めると、途端に画面に愛人臭がたちこめる。
ホリエモンは独身なんだから愛人ってのも変だが
「私は堀江の秘書ではなく広報です」
と言われれば言われるほど下世話な私には何もかもが
世間に対する言い訳に聞こえてしまう。
ホリエモン流に言うと妄想だ。
でも「妄想ですよ」と怒られても仕方がない。
本当に妄想しちゃうんだから許して下さい、堀江さん。

うちのダンナは彼女を見ると、10年前に大事件を起こした
あの宗教団体を思い出してしまってイヤなんだそうだ。
確かにそんな気もする。

愛人臭漂う乙部さんが着るジャケットを買うオンナが
世の中にどのくらい存在するのか私には分からないが、
これで本当に女性ユーザーが増えたら乙部さんは
広報としていい仕事をしたことになるんだろうな。
まあ、私は愛人臭のかけらも既に失ってしまった主婦なので
乙部さんがお勧めされるような洋服はきっと似合うはずもなく、
買うことはないだろう。お役に立てず残念です。
posted by ぐうたら主婦 at 19:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

好きな男・嫌いな男

anan恒例の好きな男ランキングが発表された。
1位 木村拓哉(12年連続)
2位 福山雅治 3位 岡田准一 4位 草なぎ剛
5位 香取慎吾 6位 妻夫木聡 7位 中居正広
8位 坂口憲治 9位 滝沢秀明 10位オダギリジョー
なんだそうだ。
ananの名誉のためにインチキだなんて言わないが
これがインチキに見える私が世の中と隔世しているのか?
と不安になる。
こんなもの、anan読者だけが楽しんでくれれば結構だ。
しかし、朝っぱらからニュース番組でも話題になり
昨日は一日に何度も見せられた。
ニュースで取り上げるような話題ですか?これ。

私はオレサマな男が苦手だ。
ぶっきらぼうに人をバカにしたような話し方をする男。
私の中ではキムタクや中田英寿やイチローがそのグループに入る。
実績があるから、人気があるから、活躍しているから
どんな態度でもいいってもんじゃないだろう、と言いたくなる。
ヤンキースの松井を見習え。
あんなに不細工だが、私はキムタクより好きだ。

男が若さだけを売りにできるのはどう頑張っても35歳までだ。
中身がカラッポだと、36歳からの輝きに響く。
私は何故か36歳に縁があり、過去に3人の36歳と付き合った。
そして気がついた。
顔のいい男ほど容姿に依存してしまい、中身の充実を怠る。
田原俊彦や石田純一の凋落ぶりを見ればよく分かる。
(昔はあんなにかっこよかったのに・・・(涙))
うちのダンナにも35歳までに中身を蓄えないとダメだと
力説しているが、なにせ根拠がトシちゃんではあまり説得力がない。
まあ、もともと依存できる容姿ではないので心配はないが
それでも私は言い聞かせている。

キムタク、あと2年で35歳。正念場だろう。
散々悪口言って今さら何なんだが、同い年のよしみで頑張って欲しいと思う。
posted by ぐうたら主婦 at 17:03| Comment(1) | TrackBack(3) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

女性専用車両?

東京の通勤電車に女性専用車両ができたんだそうだ。
私もかつてほんの短い期間、東京で仕事をしたことがあるが
確かにあの満員電車は苦痛このうえなかった。
まぁ、私は魅力がないせいか
一度も痴漢の被害にあったことはないが
毎日毎日、痴漢の被害にあっている方の苦しみを思うと
想像するだけでぞっとするものがある。
だから、女性専用車両はきっと現実的な対策としては
有効なんだろうと思う。
でも、何だか腑に落ちない。
完全に逆差別だ。
痴漢をしない男性にとってはそのしわ寄せで余計に混む
車両に乗らなきゃならないなんて迷惑千万な話だろう。
しかも、世の中痴漢じゃない男性の方が圧倒的に多いはずだ。
女性専用車両を作るなら、
男性専用車両がないのはおかしいんじゃないの?
と電車にほとんど乗らない田舎者の私は思った。
そこで、結構頻繁に東京に出張するダンナに
「男性専用車両があったら乗る?」
かと聞いてみた。
「乗る、乗る。絶対乗る。
東京行くと、痴漢に間違われないかいつも心配でたまらないもん」
と即答だった。
かわいそうに・・・。そんな苦労があったとは。
私と同じく田舎者のうちのダンナさまは東京で痴漢に
間違われないようにと、いつもビクビクしていたなんて。
それは痴漢に合う女性と同じくらいのストレスなんじゃないの?
と私は思った。
男性専用車両に乗りたいなんて言うのは田舎者のうちの
ダンナだけなんでしょうか?
posted by ぐうたら主婦 at 19:08| Comment(3) | TrackBack(5) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

ギアさま来日

リチャード・ギアが来日した。
高校生の時に『プリティー・ウーマン』を見て以来
あの人を見ると腰がくだけそうになる。
目の前に現れたら間違いなく倒れる。
だから、昨日から普通のニュースでも彼の姿が拝めて
幸せなひとときを過ごさせてもらってる私だが
ダンナは私の「うっとり」っぷりが気持ち悪いらしい。
「もう、すっかりおっさんじゃん」
と言われ、昨夜はブチ切れた。
ヨン様には興味はないが、ギア様にはうっとりするんだよ、
あんたのヨメは。

ちなみに私は映画ファンというわけでもない。
カタカナが苦手なせいか、白人の顔がそんなに好きじゃないせいか
他のハリウッド俳優はほとんど区別ができないレベル。
ブラピとディカプリオとトムクルーズくらいは認識できるけど
見た映画のタイトルも情けないくらいすぐに忘れてしまう。
そんな程度のファンなので、私にとってギア様は容姿さえ端麗で
いてくれれば大満足な存在だった。
美しくいてくれさえすれば彼の思想なんて興味がなかったので
彼が仏教徒であることなど全然知らなかった。
ところが、数年前にチベット仏教を勉強したくなり、
たまたま買った「宇宙のダルマ」というダライ・ラマの本
彼がコメントを書いていた。ほんとに驚いた。
私は彼の影響ではなく、チベット仏教に興味を持ったので
自分が彼と同じものに関心を持ったことがうれしくて、
単純な私はそれ以来、ますます彼のとりこになってしまった。

そんなギア様だが、
どうやら昨日、中国政府に反対表明をしたらしい。
さすがギアさま。
アカデミー賞でも昔同じようなことをして追放されてるのに
そんなことはおかまいなし。
変人と言われることが多いけど、私はそんなあなたが好き。
私もチベットを侵攻した中国にだけは日本の過去を悪く言われたくない。
お前らが言うな、と思う。
(チベット侵攻についてはブラピの「セブンイヤーズインチベット
を是非見ていただきたいと思います)
竹島を独島と言ってるヨン様より、あなたを選んでよかった。
ちょっとおじいちゃんになってきちゃったけど、
私はどこまでもついていくぞ。
posted by ぐうたら主婦 at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

ホリエモン縮み上がるの巻

ライブドアが裁判に完全勝利して、
結果は予測できていたとしても私はがっかりだった。
いい子になっちゃったホリエモンを茶化しても、
結局負け惜しみだった。
でも、昨夜から笑いが止まらない。
従業員様ないい子になっちゃった理由は
ソフトバンクの登場に縮み上がったからだなんて。
ヤクザ・北尾を前におびえるチンピラ・堀江。
北尾さん迫力満点だもんね。
だから従業員様なんてへんな敬語になっちゃったのか。
なかなか可愛いぞ、ホリエモン。
おまけに
「変な株主に乗り込まれたくなければ上場なんてしちゃだめ」
なんて、あんなに大威張りだったのに
「土足で人の家に上がりこんで仲良くしましょうって
言ってるようなものだ」
なんて言われてるし〜〜。ぷププ。
SBIの北尾さんはM&Aのプロだそうなので、
そういう人間臭いことを言ってくれるとほっとする。
私はずっとそれが腑に落ちなかったのだ。
株の世界はそれでもいいんだってことがイヤだったんだ。
よかった。
私の主婦感覚ってのもそんなに間違ってなかったのか?

この一ヶ月の胸のつかえを取れた感じ。
ほんとに高い授業料だったね、ホリエモン。

追伸:ライブドアが世間を騒がさずに買収した企業について
デジもの三昧さんが一覧にして下さっています。
こちらの皆さんは今、どんな思いでこれを見てるんですかね?
弥生の社長はよく出てくるけど・・・。
posted by ぐうたら主婦 at 18:46| Comment(1) | TrackBack(4) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

ホリエモンの授業料 

当初はホリエモン大絶賛だったテレビ界が
どうも最近はニッポン放送寄りになっている。
私が思うに、外国人記者クラブでホリエモンが
「報道の一次情報は買えばいい」
って言ったあたりからだと思うんだけど・・・。違うかな?
「ジャーナリズムをバカにすんな」
とでも思ったのか?
テレビの言うことを鵜呑みにしてホリエモンをべた褒めしていた
うちの姑も、今日あたりは
「人間には気持ちってものがあるんだから、うまくいくわけない」
なんて言ってそうだ。確認したくもないけど。
テレビは怖いねぇ。

しかしホリエモン、急にいい子になりましたね。
誰がアドバイスしてるのか知らないけど
なんだ?「従業員さま」って。気持ち悪い。
まあ、これで彼がひとつ大人になったのだとしたら
高い授業料でしたね。
普通は30年も生きていたら、ただで修得できたことなのに。
株の支配と人の心の掌握を同列にしてしまったことが彼の痛恨のミスで、
私は取り返しがつかないところまで行き着いたと思ってる。
口は災いの元って昔から言うように、あの人は言葉が滑り過ぎ。

近鉄の買収で勘違いしちゃったんだろうな。
みんなにチヤホヤされて自分は人気者だと思ってしまった。
既成概念を壊すことを世の中のみんなが待ち望んでると。

完全な人間なんていないのだから、必ず人は間違う。
でも、適切なダメ出ししてくれる人を見つけておくのは
大変なことなんだなとホリエモンを見ているとつくづく思う。
あんなにお金があっても買ってこられないんだから。
本当に痛い目に合うまでそういう人に出会えなかったのが
西武の堤さんだとすると、背筋が震える。

ホリエモンを目指して子供に株式を教える親が増えてるらしいけど
発想が安直過ぎて、見ていてこっ恥ずかしい気持ちにさせられる。
株価の向こうには人間がいることを教えておいてあげないと
お子さんもきっと将来痛い目に合いますよ
とおせっかいなことを言いたくなるのである。
posted by ぐうたら主婦 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

社会保険庁職員の覗き

社会保険庁の職員1500人が個人情報を業務外閲覧してたんだそうな。
それはともかく、この不祥事を偉そうに報道するマスコミを見てると
閲覧してた社会保険庁の職員1500人よりもっと腹が立つ。

江角マキ子の話を聞いて、私ごときでも瞬間的に
「誰からこんなことが漏れるんだよ」
って思った。CM契約の前に社会保険庁に彼女の加入状況を
電通が問い合わせても、事務所が問い合わせても
本人以外には教えられないという話だったっていうのに
何で本人が確認する前にマスコミが騒いでるのかとにかく謎だった。
きちんと確かめずに加入していると思い込んでいたのは
彼女のミスだったが、あの騒ぎは社会保険庁の職員からの
リーク以外に考えられない。
それ以外に情報が漏れるルートがある方がもっと怖い。
マスコミが職員以外の情報源から情報を得ていたならば
今度はそっちを取り上げないとおかしいでしょ。
とにかく各社、どこから聞いた話なのか白状しろって思う。

なのに、そんなことはそっちのけで連日連夜、
政治家の○○は未払いだ だの
ジャーナリストの○○は未加入の時期があった だの
ほんとにどうでもいい話ばっかり繰り広げられた。
で、今のNHKの受信料みたいに
「みんな払わないなら私も〜」
って払わなくなる輩がうじゃうじゃ出てきて、
それもみんな未払い時期のある政治家のせいになって
菅直人のヨメなんて、あんな恥ずかしい記者会見まで開いて
すっかりダンナの息の根を止めちゃったし。変に自分を
正当化しようとするからピントがずれるんだよ。
もう、とにかくあほらしくってあの頃は毎日気分が悪かった。
そもそも突っ込んでるマスコミは、そんな個人情報を
いったい誰から聞いてきたんだよ?と。
この1500人の誰かに教えてもらってたんでしょ?
まぁ、もっといっぱいいるはずだけど。
この際、それはどうでもいいや。

ホリエモンのことをジャーナリズムが分かっていない
って偉そうに言うけどさ、私の記憶じゃあの時に
この問題を大きく取り上げたジャーナリストっていなかったと思う。
私は毎日書いてるように、ホリエモンは嫌いだけど、
こんなことも突っ込めないジャーナリスト気取りのキャスターとか
コメンテーターって人たちはほんとに恥ずかしい。
posted by ぐうたら主婦 at 16:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

ライブドア勝利

週末の姑の襲来後、すっかり悪い気をかぶってしまい気分が沈んだままの私。
くしゃみをすれば姑の『ケセラセラ発言』を思い出し
テレビをつけりゃホリエモンの勝利が伝えられる。
ホリエモンは元々嫌いだが、姑が褒めていたから余計に気分が悪い。
最悪だ。

ところで、敵対的買収ってホントにうまくいくんですか?

会社の企業価値が焦点になってるみたいですが、こんな状態でホリエモンが
乗り込んでいってうまくいくもんですか?
企業価値っていう点で、社員の持つノウハウとかはどうでもいいのかな?
私、こんなヤツが乗り込んできたら絶対に闘う。最低限の働きしかしない。
で、きっとリストラか減給か左遷されるんだろうなぁ。
まあ、いいか。
アメリカでは敵対的買収は失敗例の方が多いそうじゃないですか。
わたしはそれを知って、ものすごく安心したんだけど、
アメリカの失敗の時代も段階のひとつとして踏んでいかないと
日本の株式市場の成長はないってことなんですかね?
アメリカのやり方は、そんなに万能なんですか?

金でなんでも買える気がした時代、堤さんが作ってくれたバブリーな時代
は終わっちゃったのに、今でもお金で何でも買えるっていうのは
ダサいんじゃない?(←っていうかこの言葉がすでにダサいんだけど)
全然違うじゃんって言われそうだけど
自民党との対立の構図を作りたがってるがためにいつまでたっても
成長できない民主党みたいに、最近の私の勘にさわるのは
「新しそうな洋服だけ着ていて実は時代遅れの中身」
っていうものだ。なんにも新しくないじゃんってやつ。
それを世の中が新しいって言ってるのを見るとむなしい気持ちになる。
で、テレビが言うことを鵜呑みにするしか能がなく、
それを絶賛してる姑みたいな人が身内にいるとものすごく落ち込む。
なんとか姑が生きてるうちにホリエモンには失敗して欲しい。
姑をギャフンと言わせるためだけなんだけど、
もう、心から願っちゃうね、私は。
こうなったら怨念送り続けてやる。
フジサンケイグループのみなさん!私と一緒にがんばりましょう。
ってもう自分でもよくわかんなくなってますが、
時代遅れと言われようが、石頭と言われようが、バカだと言われようが
とにかく姑もホリエモンも私は嫌いなんだぁー!!

追伸・私はどうも感情的なので、もっと論理的に堀江斬りしていらっしゃる
つきっつさんのページをご覧下さい。
posted by ぐうたら主婦 at 15:59| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。