2005年05月27日

女のヨロコビ

私は化粧が嫌いだ。
肌が弱いせいもあるが、顔中にいろんなものを塗りたくって
いったい何が楽しいんだか分からない。
マナーとして最低限やっているだけだ。
しかしメイクは女のヨロコビだと言う人が多い。
女性特有の行為だからそういうことになるのだろうが
本当に喜びを感じてるのか私みたいな女には不思議でならない。
そもそも男の人には「男のヨロコビ」なんてものはあるのか?

そんな私が今週はずっと化粧のことで頭がいっぱいなのだ。
今度の日曜日に結婚式があり、さすがに三十を越えると
すっぴんで出席するわけにもいかず、2年ぶりに
いろいろな化粧品を取り揃えたからだ。
こんなことを書くと、化粧品なんて何も持っていない
小汚い女に思われてしまいそうだが
化粧はちょっと油断しているとすっかり時代遅れになってしまう。
そんな時代遅れな顔で出て行くのはどうもプライドが許さないので、
こういう時にはイチから取り揃えたくなってしまうのだ。
しかも私は主婦になってからはほぼ毎日ノーメイクな生活のため
おされしなくてはならない場面が訪れると大変なのだ。
しかし、自分のつまらないプライドのためとはいえ
準備をすればするほどつくづく楽しくない。
本当に私は女なんだろうかと悩むほど楽しくない。

それなら美容院で頼んじゃえば手っ取り早いのだが
ご祝儀もあることなので、さすがに自分でできることは自分でやりたい。
が、本当は誰かにお任せしたいくらい面倒くさい。
私にとっての女のヨロコビって一体なんだろう?
女でよかった と思った瞬間・・・。
マラソン大会の距離が男子より短かったこと
くらいしか思いつかない。

「女のヨロコビ」なんていうのは
男性にしかできないことがたくさんあった時代の
名残の表現なんじゃないかと思う。
女性にいろんな制限があった時代に
「お化粧だけは女の特権」だったんじゃないかと思う。
今は男も化粧する時代だ。
化粧が女の特権ではなくなってしまった以上は
もはや「女のヨロコビ」ではないような気がするんだけど。

なんて言うのは自分の化粧嫌いを正当化するための
こじつけだな。わかってます、はい。
posted by ぐうたら主婦 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

ダンナの右傾化

私はダンナが帰ってくると、彼がまだ手を洗ったり
うがいをしている最中から、ものすごい勢いでしゃべる。
昼間誰とも話さない反動で、一日分を寝るまでに取り返すのだ。
話題は、
今日はこんなニュースがあったよ
こんな人を見たよ
阪神、勝ってるよ
とか、まぁブログで書いているようなことを話す。

先日は
「小泉さんが中国の副首相にドタキャンされたんだってさ」
と教えてあげた。
すると、いつもは「ふーん」とか「へー」などと
聞いているだけのダンナが急に怒り出し
「もうさ、いいよな。中国なんかと仲良くしなくて。
 靖国記念日とか作っちゃえばいいんだよ」
などと言い出した。靖国記念日はちょっと面白くて
笑ってしまったのだが、彼は真剣に言っている。
さらにダンナは「小泉、がんばれ」なんて言い出した。
え?ちょっと待て。
うちのダンナはこんなに小泉さんが好きだったか?
この間の選挙だって、きっと民主党に投票しているはず。
(うちはお互いにどこに投票しているか知らないのだ)
友達が何人も上海に行っているので心配なのは分かるが
それにしても靖国の日?
ちょっと、ちょっと大丈夫?ダンナさま。
私の方が「そうだねぇ・・・・」としか言えなくなってしまったが
中国の振る舞いが日本人を右傾化させているのは間違いないだろう。
政府は体よく利用していたりしないんだろうか。
いわゆる無党派層というグループに入るうちのダンナがこの様子では、
世の中はどれくらい右に傾きつつあるのかとちょっと怖くなる。
中国人の反日感情は盛んに報道されるが
日本人の反中感情はどのくらい高まっているのだろうか?
今週、間違いなく今まで以上に高まっただろう。
でも、テレビなんかで報道してしまったら
日本人はすぐに煽られて大変なことになるから
どこのマスコミもスルーしているのかもしれない。

普段はのん気で温厚なうちのダンナの右傾化を感じて
ちょっと心配になった。


posted by ぐうたら主婦 at 19:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

発熱

発熱です。
午後から寒くて寒くてガタガタ震えていたのですが
やはり38℃を越えました。
久々の熱。
明日の町内会の草取りは行けないな。
今日は仕事だったダンナに電話したら
「何か買っていくから何もしなくていいよ」
と言ってくれたが、かといって熱があるときに
お惣菜はイヤだ。でも、彼は料理は・・・。
仕方ないので、今からちゃちゃっと
ネギたっぷりのチンゲンサイのスープでも作って寝よう。
週末のお楽しみの『24』はおあずけだな・・・。
続きを読む
posted by ぐうたら主婦 at 18:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

ビバヒルを懐かしむ

「ビバリーヒルズ青春白書」のブランドン役の
ジェイソン・プリーストリーが結婚したらしい。
あまりに懐かしくて、思わず反応してしまった。
高校白書の頃から見始めたのだが、
人種差別やAIDS、ドラッグやアルコール依存症などの
当時のアメリカの高校生が抱えていた問題を真摯に
とりあげてくれたこのドラマに、
私は既に大学生だったのだがものすごく夢中になった。
彼らの方がずっと大人に感じられたし。
が、最後の頃は単なる恋愛ドラマになってしまった感があり
かなりどうでもよくなっていたのに、文句を言いつつ
ドナとデビッドの結婚式の最終回まで見切った私。
「結局、デビッドかよ」なんて文句を言いながらも
「あぁ良かったね、ドナ」
なんて親戚のおばさんのように泣いてしまった私。
だからといって、今回のジェイソンの結婚に
今さら何か感慨があるわけでもないんだけど、
とにかく懐かしい。

新婚旅行で立ち寄ったロサンゼルスに
ビバリーヒルズ青春白書のロケ地を巡るツアーがあり、
すごく行きたかったのだが、ダンナに
「だって俺、一度も見たことないもん」
と悲しそうに言われて、私も一度も見たことのない人なんかと
行っても楽しいわけがないということに気付き断念した。

見たことのない人にとっては
ブランドンとブレンダの家を見てもただの古い家だろうし、
彼らが通っていた高校を見ても「だから?」と思うだろうし、
ビバリーヒルズ通りの看板を見てもますます
「だからこれが何なんだ?」
だろう。やめて良かった。

でも、何かのついでに見てみたいブランドンの家。
きっとただの家なんだろうと思うけど。
とにかくおめでとう、ブランドン。
いや、ジェイソン。
posted by ぐうたら主婦 at 11:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

自分の頭で考える

JR福知山線の脱線事故の当日、私は一日中事故現場の映像を見ていた。
テレビ局のヘリコプターが上空に到着した頃には既に
ヘルメットをかぶった作業着姿の大勢の人たちが壊れた電車によじ登り、
救助活動をしている姿が見えた。
救助活動をする人=レスキュー隊だという思い込みで、
彼らをプロだと思い込んで見ているうちに、
いつも見慣れたオレンジ色の制服を着た本物のレスキュー隊がやってきた。
「じゃあ、あの人たちは誰?」
と、あの日からずっと謎だったのだが、最近それが判明した。
彼らは近所の「日本スピンドル製造」という会社の人たちだったのだそうだ。
事故を知った社長が、即座に工場の生産ラインをストップさせて
全社員を救助に当たらせたらしい。
その際の社長から指示は「安全管理 人命優先」だけだったとのこと。
それだけの指示で、レスキュー隊よりも早く現場に到着して、
全員がてきぱきと動いていた。
普段から危険物を取り扱っているために、常に危機管理の意識があるのだそうだが、
それにしても素晴らしい人たちだ。
事故の報告を受けても現場を離れるように指示するプロもいれば、
現場に駆けつけるように指示する一般人もいたということになるが
同じ出来事に対する、この感受性の差はなんだろうかと思う。

JR西日本の社員のトホホな行動が非難されているが
果たして日本中の人がスピンドル製造の皆さんのように動けるのか?
とちょっと疑問になる。
JR西日本という会社だけに日本中の無責任な人たちが
集まっているわけではないはずだ。
いつも自分の頭で考えて行動すること、自分の身近に
危機的な状況が起きることをいつも心に留めておかなければ、
何の疑いもなくボウリングをしようとしているアホ上司に
「今はボウリングどころじゃないだろう」
と言う面倒を避けてしまう危険性は誰でも十分にあるんじゃないかと
思えてしまうのだ。
マスコミと一緒になってJR西日本の体質だけを責め立てて、
彼らだけがおかしい人たちだなんて片付けていたら、
いつか自分にもとんでもないしっぺ返しがきそうな気がする。
いつも自分の頭で考えるクセをちゃんとつけておこうと思う。
posted by ぐうたら主婦 at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

リチャード・ギアにうっとり

行ってきました『Shall we Dance?』
今日はまだ興奮さめやらぬ、な状態です。
私は無類の映画好きでも、特に映画に詳しいわけでもないので
ストーリーについての考察などは申し訳ないのですができません。
アメリカで公開直後に酷評されたと聞いていたのですが
私にゃ、そんなことはどうでもいい。
ただ単に、リチャード・ギアのファンなのだ。
というわけで、今日はまだ興奮が醒めない私。
確かに年はとったけど、この役はとてもよかった。
あぁ、素敵。彼を素敵に見せるためにあるような役。
一番初めのアップの時はすごく老けた顔に見えて
「あぁ。。。やっぱりギア様も年には勝てないなぁ」
と思ったけど、あれは演出だったのか、見慣れたせいか
ダンスを始めてからのギア様は、やっぱりかっこいいハートたち(複数ハート)
照れた時のちょっと目を閉じる表情も健在。
熱い胸板も健在。
タキシードを着たショットも完全無欠。
映画館なので我慢したけど、一人でDVDで見たら
至るところで「きゃーぴかぴか(新しい)」と身もだえること間違いなし。
絶対DVDはダンナ抜きで一人で見よう。
まだまだイケルぞ、ギア様。
新作を見るたびに
「こんな色男役はもう、これで最後かな」
と思ってしまうけど、まだまだ踏ん張ってくれていました。
本当に素敵だった(涙)。何故だか分からないけど泣ける。
ヨン様ファンのおばさま方を笑う資格は私にはないな、こりゃ。

ちなみに、純粋に下心なく一緒に見たダンナは開口一番
「おもしろかったねぇ。いい話だなぁ」
と申しておりました。
リチャード・ギアを抜きにしてもいい映画だったんでしょう。
しかし、ダンナは周防監督オリジナル版を見たことがないらしいので
今週の金曜日に放送されるのを今から楽しみにしています。
ちなみに、私は日本版も大好きで3〜4回見ていますが
ハリウッド版も同じく好きになれました。
オリジナル版のいいところはきちんと描いていてくれたと思います。
夫婦愛が強調されているせいか、ついついもらい泣きしちゃうシーンもあり、
笑って泣いて楽しい2時間でした。
あぁ、もう一度ギア様を大画面で見たい。もう一回、一人で行ってこようかな?
ギア.bmp
posted by ぐうたら主婦 at 18:44| Comment(8) | TrackBack(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

結婚記念日

専業主婦をしていると日付の感覚が鈍くなる。
今日が何月何日の何曜日だろうが大した問題ではないのだ。
ゴミの日だけを気にすれば、とりあえず平和な毎日が過ぎていく。
時々、ビンや缶の日を忘れてしまう自分にがっかりするが
その程度だ。来月出せばいいだけのこと。

しかし、そんな怠惰な毎日を送っていたツケがきた。
たった二回目の結婚記念日を忘れてしまったのだ。
昨年の記念すべき第一回目の結婚記念日には
私は子宮内膜症という病気の症状を改善するための手術で
自宅から遠く離れた他県の病院に入院していたため
実質今年は一回目だ。
入院で迷惑もかけたし、来年はちゃんとお祝いしようね
なんて言っていたのに、なんたることか。

でも、まぁ忘れてしまったものは仕方がない。
結婚なんてこんなもんだよな〜と軽く思った矢先、
「結婚記念日をダンナが忘れていた」
と怒っていた友人たちを思い出した。
友人の結婚式の席で誰かが言いだしたら
「そうそう、うちも〜」
なんて既婚者同士で共感し合っていた。
それを思うと、おとといは何も言わなかったダンナが実は覚えていたら・・・
とちょっと心配になった。
そんな事態に備えて
罪滅ぼしにダンナが好きな「レバニラ炒め」にメニューを急遽変更し、
慌ててケーキも焼いてテーブルに並べておいた。

帰宅したダンナはテーブルを見てぎょっとしていた。
ヤツもすっかり忘れきっていた。
「あーっ、忘れてた!」
とびっくりしていたが、
「よかったー、オレだけじゃなくて」
と心の底から安堵しているようだった。
ダンナはダンナで、会社の先輩たちから
「結婚記念日を忘れて奥さんに怒られた話」
を聞かされるんだそうだ。
携帯のアラームが前日に鳴るようにしている人もいるとのこと。
涙ぐましい努力だ。
そんな話を聞いて自分も忘れないようにと、つい最近までは思っていたのに、
結局忘れてしまったらしい。
仕事が忙しければ忙しい分、日付とプライベートは結びつかないようだ。
私と正反対の理由だけど、それはそれでよく分かる。

結局共に忘れていた私たちなので、相手を怒る資格はどちらもなく
「二人で忘れていてよかったねぇ」
と言い訳しながらケーキを食べた二度目の結婚記念日だった。
posted by ぐうたら主婦 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

JR福知山線脱線事故

昨日からこの事故の報道に胸がつぶれそうです。
今日はご家族を亡くされた方々の様子を
ワイドショーで見てしまいました。
そんな姿をテレビを通して見ている自分がイヤになりつつも
ご家族はどれほどの悲しみかと思うと、涙が出ました。
今日はいつものようなブログを書く気分になれません。
他人の私には薄っぺらいお悔やみしか言えませんが、
何の責任もない大勢の方の命が一瞬で奪われてしまう
事故や災害は決して他人事ではなく、つい自分の身に置き換えて
考えてしまいます。
亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。
posted by ぐうたら主婦 at 19:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

アクセス解析の謎

私のトップページのカウンタは今480をさしている。
昨夜、私が最後に記憶していた数字は466くらいだったから
昨日から20人くらいの人が訪問してくれているんだろう。
開設当時からおおよそそんなペースで数字が増えていたので
毎日のんきにブログを楽しんでいた。

しかし、今自分のアクセス解析のページを開いてみて
無知な私を驚かせる事実を見つけてしまった。
ブログを始めた頃にはちょっと覗いて楽しんでいたが
カウンタをつけてからは別に見る必要もないかなと考え
最近はほとんど見ていなかったアクセス解析。
でも、昨日はいつもよりたくさんコメントをいただいたので
なんとなく覗いてみたら、昨日だけで訪問者数が250。
え?なんで?今日だけで111!?
でも、カウンタは昨日から20しか増えてないんですが・・・。
どうしてなんでしょうか?
シーサーさんが私を喜ばせようとしてくれているのでしょうか?
謎だ。。。
posted by ぐうたら主婦 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

好きな男・嫌いな男(2) テレビブロス版

この雑誌自体知らなかった私なんかにどうのこうの言う資格はないんだが
こっちのランキングも私にはハテナな結果だった。
(参考:てれびまにあさんのサイト)
ハテナと言ってもananのような人選への疑問ではなく
純粋に誰ですか?のハテナだ。
「好きな男」ベスト10の中に私の知らないハテナさんが3人。
1位 堺雅人
2位 高橋一生(ハテナ) 3位 大倉孝二(ハテナ)
4位 寺島進(ハテナ) 5位 佐々木蔵之助 
6位 阿藤快 7位 宮藤官九郎 8位 成宮寛貴
9位 及川光博 10位 大泉洋
念のため、ぐぐってみたが顔を見ても分からない。
昨日のananより隔世感がつのる。
でも、1位の堺さんは知っていた。新撰組の人だ。
確かに素敵だけど、1位ねぇ・・・。そうなの?
ちなみに6位阿藤快はあの阿藤快だと認識できずに
誰だ?と思わずぐぐってしまった。
絶対に会うはずもない場所で知り合いに会うと
一瞬、誰だか分からなくなる時のようだ。
なんでここにいるのよ阿藤さん。びっくりするじゃないですか。

ハテナさんが3人もいたからってわけじゃないが
好きな男ランキングってのは、もういいんじゃないかな。
昨日は「キムタクはもういいだろう」と思っていたが、
この手のランキングそのものが、もういいよって感じだ。
これだけ価値観が多様化しちゃうと、世の中の人みんなが
好きなものなんて、もう存在させるのはムリだ。

それに引き換え、嫌いな男に選ばれた皆さんは大物ぞろい。
そりゃ、単純に知名度が上がれば嫌われ度も上がる。
ホリエモンがいい例だ。
ホリエモンはそもそもタレントじゃないから例外として
タレントが嫌いな男に選ばれることは成功の証に思える。
いくら見た目が小汚いなんて言われても、
嫌いな男に選ばれたヤッくんは、本木さんは別として
フッくんよりは明らかに勝ち組だ。
フミヤートは私も疑問だが、お髭のタカモクは惨敗だ。

私としてはそういう結論にして、
中山ヒデが嫌いな男に選ばれなかったことを納得してみたい。
posted by ぐうたら主婦 at 17:37| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

意地の国際交流

私の前彼は韓国人だ。(韓流ブームの少し前)
その前彼と、何故か昨日から激しいメールのやりとりが続いている。
やけぼっくいに火がついた・・・わけではない。
久しぶりにメールが届いたと思ったら
竹島問題、教科書問題、日本の常任理事国入り等々、
最近の日韓が抱える問題もろもろの議論を吹っかけられたのだ。
そんなこと、私に言ってどうするのさと思いながらも
日本人の血が騒いだのか、ついつい反論してしまった。
おかげでブログは更新できないし、疲れるし、散々だ。
らしくないことはやめた方がいい。

彼は日本で博士号を取得したような人だ。
優秀なので一応は中立的な立場でモノを見ることはできている。
それでも、やっぱり今の状況は気に入らないらしい。

でも、恋人同士だった頃から私が彼に言い続けていることは
「私は韓国人に何もしていないし、あなたも何もされていないはず。
 だからこれからは前を向いて仲良くしましょう」
ということだけだ。
『日本人は何も教えられていない』
と、何かと言うと言われるが、あまり言われると
『あぁ、あぁ、知らないさ。知らなくて何が悪い!』
と言いたくなってくる。ちなみに私は教えられたんだけど。
変わり者の教師のおかげで、韓国の教科書が教材だった。
男子も泣いていたのを覚えてる。
日本兵の残虐行為が写された写真には本気で吐き気がした。
ものすごく申し訳ない気持ちになったし、心から謝罪したいと
思ったし、これからは仲良くしてこんなことが二度とないように
しなくてはならないと心から思った。
それでも思う。
先祖の悪行を償え、謝れ、と今のわたしたちに言われても
無実の罪を着せられた囚人のような気分になるだけだ。
みんなで土下座して、竹島も韓国にあげて、従軍慰安婦の皆さんに
賠償金を支払って、一度韓国に占領されれば許してくれるのか?
と逆ギレしたくなる。
戦後賠償は終わっている裏づけになる文書も公開されたっていうのに
それはどうやら韓国の皆さんは詳しく知らないみたいだし。
(詳しくはこちら新橋系さん nt日記さん)

でも、私はしつこいので彼との付き合いは辞めない。
トンデモな彼だが、彼とはいつまでも友達でいるのが
日本人としての義務にすら思えてきた。おおげさだけど。
彼が帰国するまでには必ず日本を好きにさせたい。
よく分からないけどこうなりゃ私にも意地がある。
それに、きっとこうやって韓国の人と議論し続けることでしか
日本と韓国が仲良くなる道はないんじゃないかと思う。
どうせヒマな主婦だし、これくらいは頑張って続けてみようかな・・・。
こんな疲れる相手と結婚しなくてほんとによかったけど。
posted by ぐうたら主婦 at 17:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

ダンナに内緒

実はこのブログはダンナに内緒でこっそりやっている。
そのため、ダンナがいる土日は記事がなかなか書けない。
ダンナに不満があるわけでも
仲が悪いわけでもないんだが
何故かそういうことになってしまった。
いくつか記事がたまったら
「ブログ始めた宣言」
をする予定だったのに、始めて数日後に
姑の悪口を書き連ねてしまったことで打ち明けにくくなり、
今では記事がだいぶたまったことで逆に言いづらくなってしまった。
すっかり悪循環だ。

しかし昨夜、食事の時にブログのことが話題に上り、ついつい
仕組みについて得意になってしゃべってしまった。ダンナは
「へぇ〜、詳しいんだね」
とびっくりしていた。
まさか私がブログをやっているなんて夢にも思っていないだろう。

しかし、そんなことをしているうちに
ダンナにも見せたくないようなものを不特定多数の人に
見せているのって、どうなんだ?
という思いが、昨日から私の頭を悩ませはじめた。
有名人ならともかく、私なんかのぼやきを公開していること
って恐ろしく恥ずかしい行為だなと。
当たり前のことに今さら気づいた私。情けない・・・。

見てくださっている皆さん。
いつもつまんないものをお見せして本当にすみません。
これからは、少なくとも一番近くにいる他人であるダンナに
いつ見られても恥ずかしくないブログを目指して
がんばろうと思っております。
これからもよろしくお願いします。
posted by ぐうたら主婦 at 01:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

インフルエンザ?

ついさっき、ダンナがインフルエンザらしき風邪にやられて
ダウンしました。
いきなりの高熱と体の痛み、これ、インフルエンザですよね?
この一時間で38.3℃から39.2℃まで上がりました。
私もやられるとまずいので速攻でマスクして看病にあたってます。
ダンナの大嫌いな梅干生姜湯とニンニクエキスの錠剤をマックス量
それと、よく分からないけど私が飲んでるCoQ10も特別に飲ませてあげました。
明日は絶対休めないとか言ってるんですが、朝が来たら病院だな。
花粉のことばっかり考えてインフルエンザのことは
すっかり油断してましたが、今、流行ってるみたいですね。
皆様、お気をつけあそばせ。

posted by ぐうたら主婦 at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。