2005年09月28日

対シュウトメ防衛計画

昨日久しぶりにシュウトメに会った。
北海道のお土産があるので取りに来いと言われ
病院に行くついでに寄らせてもらったのだ。
病院に行くというのを口実に、短時間でさっと
帰ることができたので、何の問題もなく
気分良く別れることができた。
交わした会話といえば、こんな感じだ。

姑「連休はどうしてたの?」
私「お墓参りに行ってきました」
姑「あら〜、丁寧にありがとう」

まさかこの会話があんな電話に繋がるとは夢にも
思わなかった。

夜10時。帰りの遅いダンナと餃子を食べていたところに
シュウトメから電話が。

「ぐうたらさん?今日はありがとう。
 お墓参りのお礼をしなきゃと思って」

と言う。
お礼なんて昼間にしてもらったし、おかしい…。
と身構えたのも束の間。
そのお墓を守る義父の実家の悪口が始まった。
延々と15分。
お墓に眠るおじいちゃん、おばあちゃんの悪口も交えて
ひたすら悪口を聞かされた。

よく聞かなかったが内容はこうだ。
○自分もお線香を上げに行ったけど、お茶の一杯も出てこない。
○話すことといえば病気の話ばっかりで気が滅入る。
○あんな陰気な性格だから娘と同居してもらえないのだ。
 (どうやら同居していた娘さんが出て行ったらしい)
○お年始に行ってもお正月の支度なんて何もしていない
○兄嫁は自分が嫁として可愛がられなかったから私を憎んでいる
云々。

あなたの話も陰湿で私の気分を滅入らせているんですが?
しかも、だからそんなあなたと同居しないんですが?
病気の話がそんなにイヤなら
あんたは死ぬまで絶対に病気の話を私にするなよ。

…と、言いそうになったがガマンした。

この人はやっぱり病気だと思った。
まるで自分のことは客観視できない病気。
全部相手が悪いと確信できる病気。

さらには
○おじいちゃんたちが生きていた頃の家は
 乞食が住むようなボロ屋で行く度にミジメな気持ちになった。
 あんな貧乏な人たちが家なんて建ててくれるはずがないので
 自分の親に頼んでやっと今の家を建ててもらった
 (自分の実家は資産家)
などと言い出した。

こ、乞食?
今の時代にそんな差別用語をいきなり言われると
心底ギョッとする。頭にくる。人間としてサイテーだ。
これほどの冒涜があるだろうか?

すっかり悪い「気」をかぶってしまった私は
電話を切った時には顔面蒼白だったらしい。
ダンナが「顔色が悪いけど大丈夫か?」と心配するので
「あれだけ人の悪口を聞かされたら私の感受性はボロボロだ」
と言ってやった。
ダンナは怒り出し、すぐに電話して説教すると言うが
そんなことをあの人にしてもムダだからやめさせた。

私もそろそろ方向転換をして、いっそのこと
悪口を言われる嫁になれば関わらずに済むな
とも思ったが、まともにぶつかったらこっちまで病気になる。
攻撃はせず専守防衛に徹するに限ると気付いた。
そうだ、まずは自己防衛だ。
早速ナンバーディスプレイを導入しよう。
来るべき「同居の申し出」という爆撃に備えて
今はこれらの出来事も全て同居拒否の口実に変えるために
沈黙あるのみ。今、反撃に出るのは得策ではない。

これが我が家の専守防衛計画だが、果たして
こんなことであのシュウトメに対抗できるんだろうか…。
あの母親からよくもこんなに素直に育ったものだと
ダンナを見ると本当に不思議になる。
母親の問題に早くに気付いて嫌っているのが幸いで
まあ、マザコン男よりは何倍もマシだ。
嫌なシュウトメでもいい点はひとつくらいあるものだ。
と思うことにしている。
posted by ぐうたら主婦 at 19:25| Comment(4) | TrackBack(0) | シュウトメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまり姑さんの姑さん→姑さん→ぐうたら主婦さんというわけですね。ぐうたら主婦さんも姑という立場にならないかもしれませんが、どちらにせよ「→」を続けないように…って余計なお世話ですね(笑)
Posted by airj at 2005年10月01日 12:58
airjさん、コメントありがとうございます。
>姑さんの姑さん→姑さん→ぐうたら主婦
私はいじめられたりはしていなくてむしろ
可愛がられているのですが、とにかくいつでも
どんな時でも自分が一番正しいと思い込んでいる
キョーレツなキャラなんです、うちのシュウトメ。
彼女の怒りと悪口に激しく同意を求められるんですが
まったく同意できないことばかりで、困り果ててます。
私、airjさんがよくここに書いて下さるairjさんの
お母さんみたいな方なら、ホントに仲良く出来そう
なんですけどね…。
人生なかなかうまくいきません(苦笑)。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年10月01日 14:45
いつも母を褒めてることしか書きませんが(笑)接するのは僕でさえなかなか難しいですよ。
毎日(これは本当)愚痴を聞かされますし、わがままなところもたくさんあります。
昔は単に腹を立てていただけですが、今は自分半分、母半分(比率はテキトーです)悪いとわかってやっと穏やかに接することが出来るのです。
でも主張はお互い曲げないことが多く、喧嘩するか僕が沈黙するかどちらかです(僕は喧嘩自体好きでないので)。相手の主張に同意するのは稀です。
ぐうたら主婦さんでも難しいと思いますよ(笑)
Posted by airj at 2005年10月02日 00:41
airjさん、こんにちは。
いい息子さんだなぁ。と感心してしまいました。
どんな人でもいい所も悪い所もあるんですよね。
なんだかお母さまへの対応がうちのダンナと
よく似ています。
その沈黙に私はイライラしているんですが(苦笑)。
ダメだなぁ。私ももう少し大人にならなきゃ。
って思いました。ありがとう。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年10月03日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。