2005年08月31日

気が重い買い物

今日、近所の環境問題に取り組んでいるショップで
洗濯槽クリーナーを購入してきた。
洗濯機の中のカビや石けんカスをきれいにするには
この店で売っている洗濯槽クリーナーが一番なのだ。
普通のドラッグストアにはほとんど置いておらず
かの有名な『通販生活』に掲載されているらしい
この商品を近所で手に入れられるのは、送料もかからず
とてもありがたいことなのだが、私はこの店に行くのが
いつもとても気が重い。

それは、行くと必ず何らかの啓蒙活動があるからだ。
今日も
「『自然に優しい暮らし方』の説明会があるから
 是非一度来てみて♪」
と日程が書かれたチラシを笑顔で渡された。
これさえなければ…
私はもっと気楽にこの店に行けるんだけど。

私は毎日、粉石けんで洗濯をし、無添加の石けんで体を洗う。
クレンザーの代わりに重曹を使い、消毒は酢。
市販の家庭用洗剤というものはほとんど使わない。
しかし、粉石けんというのは肌には優しいが、
洗濯機に石けんカスを貯め易い性質があるので
たまにクリーナーできれいにしないと、ノリのような
黒い物質が洗濯物についてしまうのだ。
だから、クリーナーが必要になる。
このお手入れは面倒と言えば面倒なことだ。
私だって肌が丈夫なら、「アタック」かなんかを
ガンガン使っているはずだ。
だから、そういう人のことを責められない。
私が石けんを使っているのは、どこまで行っても
自分のためなので、『環境のためにやめましょう』
とは思えないし、言いたくないのだ。

私は自分のことを自分のためだけにエコロジーな生活を
実践しているなんちゃってエコロジストだと思っている。
化学物質に弱い体なために、仕方なく実践していることが
環境に配慮した生活になっているだけのことなのだ。

ちなみにお店の名誉のために付け加えておくが、
この店は決して怪しい店ではなく、行政からも認知されていて
学校や自治体と協力して子供たちに環境問題を指導している
非常に真面目なグループだ。
活動の内容には本当に頭が下がる。
これからも環境のために、頑張って欲しいと思っている。

でも、私自身はこういう問題を声高に訴えるのが
どうも、こそばゆい。恥ずかしい。
そもそも、環境問題っていうのは、とどのつまりは
人間にそっくりそのまま返ってくる問題だ。
地球のために環境に配慮するのではなく、自分たちの
将来のために配慮しなくてはならない問題だろう、と
私は思う。

だからこういう問題意識の高い人たちが、啓蒙活動など
しなくてもよい世の中になれば、一番いいんだろうとは思う。
でも、私はそんな崇高な理想はないけど、一応実践している
ということで、勉強会はご勘弁願いたいのだ。
posted by ぐうたら主婦 at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐうたら主婦さん、こんにちは∈^0^∋
環境問題って、難しいですよね。
一番環境に優しいのは原始の生活に戻ること。
それができないから、ああだこうだと矛盾を知りつつ、今の生活レベルを維持しつつ環境問題の解決策を捜している。
 環境問題をよく考えると、矛盾だらけ名古とGALAに行き着くのですよね。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2005年08月31日 19:20
コメントありがとうございます。
そうなんですよ、くまさんがおっしゃる通り!
洗剤を使ってる時点で、石けんだろうがなんだろうが
もう環境には悪いわけで、矛盾があるんですよね。
その矛盾だらけの正しさを声高に言うのが
私には恥ずかしいんです。
何だかすっきりしました。ありがとうございます。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年09月02日 18:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6414067

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。