2005年08月30日

誕生日は感謝の日

こんなこと、ブログに書くことじゃないけれど
今日は私の誕生日。
誕生日といっても三十路も過ぎると
特別イベントもなく、今さらめでたいことでもなく
普段と何も変わらぬ一日だったけれど、
友達がおめでとうメールをくれた。
ありがとうね、みんな。

母も「おめでとう」電話をくれたけれど、
ここ数年は、自分の誕生日を祝う気持ちよりも
産んでくれた母への感謝の気持ちに包まれる。
30数年前の今日、母は私を産んでくれたんだなぁ
と思うと、感慨深い気持ちになる。
面と向かって言ったことはないけれど、
いつか、ちゃんとこの気持ちを伝えたいなと
誕生日の度に思うのだけど、なかなか言えずにいる。
ありがとう、mama。

誕生日のディナーといっても
自分のためには料理を張り切る気分にもならず
ケーキを焼く気分になんてなるわけもなく
いたってフツーのメニューで食事も終了。
でも、名古屋の出張先からアンリ・シャルパンティエの
ケーキをダンナが買ってきてくれたので、それなりに
誕生日らしくなった。
今日の食卓にケーキがあってホントにうれしかったよ。
ダンナさま ありがとう。
↑こんな時だけ「さま」付け。

いろんな人に感謝して、今年の誕生日も無事終了。
そしてひとつ年をとりました。


posted by ぐうたら主婦 at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐうたら主婦さん、お誕生日おめでとうございます。
まだ30代はいいですよ。
40代になると、事あるごとに「年齢」を実感します。
近くのものが見えにくくなったり、
朝起きるときに腰が痛かったり、
食事の後に食べこぼしたり・・・
そう言うのって、嫌だなぁ、年はとりたくないなぁ・・・
なんて思ってました30代の頃は。
でも、自分がなってみると、
案外、その「壊れ」具合が面白かったりするんですよ。
これは年をとることの楽しみ?
どうでもいいが。

何はともあれ、そんなことを思えるのも、
ぐうたら主婦さんの言うとおり、
生んでくれて育ててくれた親がいるからですよね。
そうそう、人に心の底から本気で感謝できるようになったのも、
年をとってからのことだなぁ・・・
どうでもいいが。
Posted by hiroing at 2005年08月31日 05:47
hiroingさん、コメントありがとうございます。
これから私も壊れていくんですね…。
既に記憶力などは壊れ始めています。
それを面白がる心境に私も早くなりたいなぁ。
男だったら森繁久弥みたいになりたいんですが
女性は…誰がいいかな。
私の永遠の憧れは「向田邦子」なのですが
私には絶対無理。壊れてるって感じでもないし。
そのうち年齢的には追い越しちゃいそうですし。
女性で可愛く壊れている人って思いつかないですね。
黒柳徹子?ちょっと違うか。
森繁のオンナ版になりたいなぁ。
これからゆっくり探してみます。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年08月31日 18:46
ぐうたら主婦さん、こんにちは∈^0^∋
お誕生日おめでとうございます。
オメデト(^_^)∠※PAN!
子どものころ、夏休みの終わりで、お誕生日迎えるのって、複雑な心境ではなかったですか?
ぼくなんか、夏休みの宿題を終わらせるのに四苦八苦しているころですものね。
\(^o^)/
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2005年08月31日 19:17
くまさん、ありがとうございます。
まさにおっしゃるとおりです。
30日には家で誕生日会だったので
それが終わると、31日の深夜まで毎年
四苦八苦してました。
夏休み前半ならよかったのに…と何度
思ったことか分かりません。
今は宿題はありませんが、誕生日が来ると
あ〜、夏が終わるなと寂しくなります。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年09月02日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。