2005年08月25日

こんな料理で男はまいる

こんな料理で男はまいる。hiroingさんに教えてもらった
大竹まことの料理本。
図書館で予約して借りました。
ホントにダンナがまいるのか?
と色々作ってみたところホントに喜んだ。
単純なんだ、男って。。。
えーっ?こんなんでいいの?
っていう料理ほど喜ぶのが不思議だった。
例えばキャベツとベーコンのスープとか。
ダイエット中の我が家では我慢しなくては
ならないメニューも多いのが残念だったが
私も大好きなトマトサラダはすっかり我が家の定番になりました。
hiroingさん、素敵な本を教えてくださってありがとうございました♪
posted by ぐうたら主婦 at 09:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐうたら主婦さん、こんにちは∈^0^∋
一体どんな、内容の料理なのでしょうね。
知りたいです。でも買いませんけれどね。
(*^.^*)エヘッ
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2005年08月25日 16:58
読みましたか、ついに。
そうなんですよ。
手がかかるものを求めているわけではないんですねぇ男は。
ゴキブリホイホイでゴキブリが面白いように罹るのと同じで、
この本の料理で、男はコロリと参ってしまうんですよ。
男はみんな、柔らかめのナポリタンが好きなんです。
Posted by hiroing at 2005年08月25日 20:47
くまさん、hiroingさん こんにちは。

>くまさん
私も大竹まこと?なんて思ったのですが
実に普通の料理本でした。
ナポリタンやオムライスなどの定番料理の作り方が
載っていて、しかも全てオコト目線。
がっかりするほどシンプルなレシピですが
それが男性には美味しいみたいです。
私、買ってもいいなぁと思っちゃいました。

>hiroingさん
面白い本を教えていただいてありがとうございました。
こんな手抜きでいいのかとかなり衝撃でした。
母の味ってことなのかなあ…と思ったりしました。
柔らかめのナポリタン、日曜日に作ります。
私のジェノベーゼより絶対に喜びそうで
ちと悔しいんですが…。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年08月26日 17:45
僕は例えば魚介類をほぼ毎日食べてるので、ステーキを食べた日は「しばらくは肉は食べたくない!やっぱり魚だ!」と思ったり、
沖縄に行った時土産売り場で薦められたゴーヤ茶を友人と飲んだら僕だけが衝撃を受け、それから今に至るまで毎日愛飲してたりします。
又、母が調理師&栄養士の免状を取得していたためか、食事は美味しいし、「今日の料理」みたいな少し凝った料理を作ってくれます。
だから定番すぎると「普通だね」と言ってしまうかもしれません(母の作る食事に対してもたまに言います)…
単純じゃない生意気な男です…
Posted by airj at 2005年08月26日 20:59
airjさん、こんばんは♪
お母さまが栄養士&調理師の免状をお持ちとはすごいっ。
お家で毎日プロの味ですもんね〜。いいなぁ。
普通の味では物足りなくなるはずですね。
うちの義母は料理が嫌いだそうで、たしかにお世辞にも
上手とは言えなくて…。
でも、お義母さんが下手なおかげで何を作っても喜んで
くれるといううれしい側面もありまして、
そういう意味では楽をさせてもらっています。
どうか、airjさんの未来のお嫁さんにお母さんのレベルを
求めないであげて下さいね〜(笑)。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年08月26日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6216416

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。