2005年08月01日

亡国のイージス

土曜日、ダンナが突然見たいと言い出した
『亡国のイージス』を観に行った。
観客は中高年の夫婦が圧倒的に多く、
チラホラと若いカップルがいて、その中に1人
もしくは2人で来ている女性がなぜか多かった。
(↑佐藤浩市とか真田広之のファン?)
自衛隊が全面協力したらしく、迫力満点で最後まで
楽しむことはできたが、何かすっきりしない映画だった。
余計なシーンが多すぎるというか、伏線かと思えば
(映画上は)あまり意味のないシーンやエピソードだったり…。
原作を知っている人ならすんなり入る流れだったのかも
しれないが、何も知らない私は戸惑うことが多かった。
監督が悪いのか編集が雑なのか、はたまた
原作も読まずに予備知識もないまま出かけてしまった私が
いけなかったのか、どこに原因があるのか分からないが
もう少しそれぞれの登場人物の背景や人間性を丁寧に描いて
もらえたらなぁと思った。
原作のボリュームがありすぎて2時間に集約しきれなかったのか?
でも、おそらく原作はかなり面白いんだろうなと思えたので、
これから原作を読もうと思う。
それにしても、自衛隊が娯楽映画に全面協力したりするあたり
やっぱりこの国は右に傾いているのか…ということだけは感じた。
これを見れば、自衛隊及び専守防衛について
ものすごく考えさせられることだけは間違いない。
うちは深夜まで夫婦で激論になりました。疲れた〜。
posted by ぐうたら主婦 at 14:06| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐうたら主婦さん、こんにちは∈^0^∋
御夫婦感での激論の内容の方が知りたいです。
次回はそちらをUpして下さいね。(*^.^*)エヘッ
 なぜか邦画は映画館では見ないです。
直ぐに、テレビ局で放映されると思うと、何となく映画館に見に行く気力が無くなります。
 くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2005年08月01日 17:46
章奏瀏です。
僕は映画はやはり大作より内容がしっかりとしたものが好きですね。
昨年から映画祭のコンペ応募作品審査の為にインディーズ映画を見始め、又、自主映画の手伝いをしてから手作り感の魅力に惹かれました。
映画の事はblogにも書いてますのでちらっと見てみて下さい。
試写会の様子を書いている時もあります。
Posted by airj at 2005年08月02日 00:51
くまさん 章奏瀏さん こんにちは。
>くまさん
夫婦の議論はとてもここには恥ずかしくて書く勇気が…。
防衛問題にものすごく詳しいわけでもないので、
詳しい方から激しく突っ込まれそうで怖いです(^^;)
普段は私も邦画はあまり見に行かないんですけど、
何故かダンナが映画館で見たがりまして。
やっぱり右傾化しているせいでしょうか(^^ゞ

>章奏瀏さん
自主映画とか作っていらっしゃるんですか?
すごいなぁ〜。クリエイティブだわぁ♪
確かに、この映画は大作にありがちな雑さが
ありました。私も結婚前はこういう類の映画より
フランス映画が好きでいわゆる単館モノっていうんでしょうか?
マイナーな映画をよく見ました。手作り感、いいですよね。
試写会の様子がアップされるのを楽しみにしています。

Posted by ぐうたら主婦 at 2005年08月02日 16:48
現在アップされているblogの一つ手前に試写会の感想を載せております。
僕はまだ作った事はなく、ただ簡単な手伝いをした程度です。
作りたいとは思いますが手伝いをしていると監督、俳優、メイクなど大変であり、且つ技術や信念(?)等楽に到達出来るものではありません。
でも映画は好きです。
Posted by 章奏瀏 at 2005年08月02日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5532037

この記事へのトラックバック

映画「亡国のイージス」が公開!早速、観てきました。 2005-07-31
Excerpt: 待ちに待った映画「亡国のイージス」が公開となりました。 早速、観てきました。 公開初日に映画を観たのは初めてのこと!! 監督:阪本順治 出演:真田広之 / 寺尾聰 / 佐藤浩市 / 中井貴一 ..
Weblog: ブツヨク人 〜 ブツヨクノススメ 〜
Tracked: 2005-08-01 22:47

亡国のイージス
Excerpt: 「イージス」とはギリシャ神話に登場する最高神ゼウスが娘アテナに与えた、あらゆる邪悪を払う「無敵の盾」のこと。同時に、最新鋭の防空システムを搭載し、専守防衛の象徴ともいえる海上自衛隊の護衛艦をも指し示す..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-08-02 14:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。