2005年06月30日

同窓会ねぇ…

昨日は友人が6ヶ月の子供を連れて遊びに来た。
来月開かれる高校の同窓会のお誘いだった。
学年全体でホテルで盛大に行われるらしい。
他の友人からも「予定空けといて」と言われていたので
開催されることは既に知っていたのだが、
実は私は行きたくないのだ。
「ねぇ、行くでしょ?」
と楽しそうに私を誘ってくれる友人に
「うん、行く行く」
と無邪気に応えられないのが申し訳なかった。
何故、行きたくないのか。
私は別にいじめられていたわけでも、
友達がいないわけでも、今が不幸なわけでもない。
本当にアホらしい理由なのだが、
高校の時の彼氏に会いたくないのだ。
私は高3の時、うっかり三角関係に陥り
相手のオンナからじっとりとした嫌がらせにあった。
だから正確に言うと、元彼プラス
その、嫌がらせオンナに会いたくないのだ。
「えーっ?行かないの?」
と昔のことはすっかり忘れている友人に聞かれ
「だって○○と○○に会いたくないんだもん」
と正直に言ったら
「あぁ…そうかぁ…ごめん。忘れてた」
と絶句していた。
そうだよね、私もこの間まですっかり忘れていたさ。
こんな子供じみた理由で欠席とかしたくないさ。
でも、思い出しちゃったんだよね、同窓会のせいで。
幹事からお誘いがあった日の夜、不覚にも私はうなされた。
同窓会でその嫌がらせオンナが
「久しぶり〜」
と笑顔で近寄ってくる夢。ぎゃ〜っと飛び起きた。
それくらい怖い女だった。構図としてはこうだ。
Aさんと付き合っていたB君が私のことを好きになった。
B君はAさんと別れて私に告白してきた。
Aさんとちゃんと別れたのなら…と私は
もともと友人として仲が良かったB君と付き合った。
↑これが全ての間違い。
しかし、私とB君の仲を知ったAさんの反撃が開始。
反撃といっても単純な反撃ではない。
それまで私とは顔見知り程度の仲だったのに
「相談に乗ってほしいことがあるんだけど…」
と近づいてきた。恐る恐る「何?」と聞くと
「最近、B君が冷たいんだけど何か聞いてない?」
と言うのだ。ゾっとした。そんな、ストレートに。
まだイタイケな少女だった私がモジモジしながら
「そんなこと私に聞いてどうするの?」
と言うとAさんは笑顔で
「そうだよね」
と言う。…もちろん私はB君に抗議した。
本当にちゃんと別れているのか?
私と付き合っているとはっきり彼女に伝えてくれと。
私が彼を問い詰めた翌日、彼がAさんを
「もういい加減にしてくれよ。俺たち別れたんだろ」
と廊下で怒鳴る事件が発生。
ふたりの大ゲンカに野次馬が集まった(らしい。私は知らない)。
するとAさんが泣きながら
「○○ちゃん(←私)のせいなんでしょ!私は別れないからねっ」
と叫んだ(らしい)。
現場を目撃した友人から話を聞かされ、私も事の次第を知った。
ヒマな高校生にとってこんなに面白い話はない。
当然、私は正義感に燃える女子の冷たい視線にさらされた。
言わば、針のムシロ。
しかし、ここからがAさんの本領発揮だ。
Aさんは私に対しては私たちの関係を知らないフリで通した。
当時、私は運悪くAさんとは同じクラス。
しかも、くじ引きで決めた席だというのにAさんの真後ろの席。
くるっと振り向いては
「今、B君とうまくいってなくて食欲ないんだよね」
「B君の誕生日のプレゼントは何がいいと思う?」
「もうじきBくんの誕生日なんだけど会ってくれると思う?」
「○○ちゃん(私)は好きな人いるの?」
などとヒマさえあればB君の話題を振ってきた。
怖い、怖すぎる。
10数年だった今でもトラウマだ。今ならズバリ
「何それ?嫌がらせ?頭おかしいんじゃないの?」
くらい言い返すところだが、当時の私はおしとやかな
少女だったので、そんなことは思いつきもしない。
これを毎日毎日繰り返されて私のココロは壊れてしまい、
情けないことに一週間、学校に行けなくなった。

長くなったので明日につづく。。。
posted by ぐうたら主婦 at 14:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐうたら主婦さん、こんにちは∈^0^∋
そうですよね。で、その彼女と彼氏はその後どうなったのでしょうね?
 女性対女性の三角関係って、怖そうですね。
ニゲチャオーット...((((( ((;^^)
 後編待ってます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2005年06月30日 16:59
くまさん、こんばんは♪
つまんない話にお付き合いいただきまして
ありがとうございます。
一応、続きも書いてみました。
いや、ホントに女の嫉妬は怖いです。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年07月02日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4740316

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。