2005年06月17日

梅干し作り(初日)

1日目:一晩水に漬けてあく抜き梅

私の年に一度のお楽しみ、
梅干の仕込みの時期がやってきた。
今年で6回目の梅干作り。
いただきもので作ったり、
特売品で試したりと、
毎年いろんな梅で作っているのだが、
今年は1s880円の南高梅を3s漬ける。
梅干しビギナーの頃はフライングして
青い梅を漬けることが多かったが、今年は辛抱強く待ちに待って、
黄色くてふっくらした梅を無事ゲット。
過去の梅干作りの中で一番いい状態の梅。うーん、期待できそう〜♪

今日やったこと
1.一粒ずつ水でよく洗いながら、ヘタを取る
2.たっぷりの水に一晩漬けてあくを抜く
posted by ぐうたら主婦 at 17:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 梅干し作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐうたら主婦さん・・・
もう少し早ければなぁ。
実はワタクシ、知人から梅を大量に頂きまして、
まずは梅酒を漬けて、お次は梅ジャム、まだ残ったので梅干しでも漬けるか、と思ったのですが、
周りから、「梅干しは難しい、やめとけ!」の声に屈服し、梅ジュースにしてしまいました。
じつはワタクシ、梅干しを一度作ってみたいと思いつつも良い師匠に恵まれず、今日に至っております。
今年の梅干しレポートを参考に、来年はチャレンジしてみようかな、
などと思っております。期待してます。
よろしく、師匠!
Posted by hiroing at 2005年06月17日 20:03
hiroingさん、こんばんは。
うわ〜んっ。残念っ。遅かった・・・。
もうちょっとで梅干し仲間になれそうだったんですね。
実は梅干しは評判ほど難しくないんですよ。
私は「地球交響曲第二番」という映画を見て、無性に漬けたくなり
本を見ながらチャレンジしたのが最初です。
祖母と母も漬ける時があるので、教えてもらいましたが
何せ私の母なのでおおざっぱでして・・・(苦笑)。
正確な手法についてはNHKの『きょうの料理』で映像を
見ながら毎年勉強しています。ありがたいことに
毎年6月になると梅干しの放送があるんですよ。
最近は、都築佐美子先生の漬け方に落ち着いています。
『きょうの料理97年6月号』が私のバイブルです。
いい加減な性格の私でも、毎年しっかり漬かるので
ぜひ、来年はhiroingさんも挑戦してみて下さいね。
では、張り切ってレポートさせていただきま〜す。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年06月17日 22:23
こんばんは。
実家の母は毎年梅干を作っています。
母が梅を漬け込んだ後に入院してしまったときには、
父と一緒に土用干しをやりましたよ。(笑)
5月以降夏まで仕事が忙しいから、いつか仕事をリタイアしたら私もチャレンジしてみたいな〜。
梅の実の写真もさわやかでいい感じ♪
Posted by ワカオク at 2005年06月18日 22:21
ワカオクさん、こんにちは〜♪
写真、褒めていただいてうれしいです。
アップロード、まだ慣れなくていつも
悪戦苦闘してます(^^;)
お母さまも梅干しを漬けられるのですね。
私も働いていた頃は土用干しは家族任せでした。
お仕事しているとなかなかできませんよね。
でも、いつかワカオクさんが梅干し仲間になってくれたらうれしいな♪
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年06月20日 11:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。