2005年06月10日

家政婦は見た

久々に笑っちゃうほど下品な人物を見た。
花田家の元家政婦だ。
市原悦子も真っ青な下品っぷり。
インタビューしてる梨本が上品に見えるほどなのだからすごい。
下品な話方に下品な洋服、うわずった声で早口でまくし立てる。
憲子さんの財布には100万円入ってるだの
通帳には2億円以上あったとかいう下世話な話を
ものすごく得意げに話し続けるのだ。
なんでこういう人を家に入れちゃうのかなぁ。
家政婦くらい厳選できなかったんだろうか。

しかもこの人は何故かものすごく貴乃花寄りなのだ。
貴乃花はこんなのしか味方がいないのか?
貴乃花の品位を地の底まで落とすには絶好のキャラだ。
これも兄派の人たちの陰謀か?と思えるほど
貴乃花には何の役にも立たないであろう援護射撃だった。
まさに褒め殺し。
週刊誌で、兄が景子夫人のことを「クソ景子」と
言ったとか言わないとか貴乃花が吼えているが
この家政婦、
「私も言われましたから。クソババアって。
 これで、立証できますよね。」
だと。だって、ホントにクソババアじゃん。
しかも、クソババア=クソ景子っていう
このおばはんの理屈は景子的にはどうなのさ?

家政婦に守秘義務ってないのかもしれないけれど
家政婦協会みたいな組織がもしもあるならば
この人、訴えた方がいいんじゃないの?
posted by ぐうたら主婦 at 15:21| Comment(3) | TrackBack(1) | ワイドショーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
類は友を呼ぶ、ということでしょう。
呼ばれて飛び出てしまったのが、物凄い家政婦。
どっちに分があるかは、結果を見ずとも明らか?
Posted by hiroing at 2005年06月10日 18:51
hiroingさん、こんにちは。
類は友を呼ぶ・・・こういう場面で使うと
なんだか恐ろしい言葉ですね。
とにかく、この家政婦、今晩の
「お父さんのためのワイドショー講座」
あたりで一見の価値ありなキャラです。
この家政婦登場で結果は決まっちゃった感じです。
本当にバカと天才は紙一重なんですね・・・。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年06月11日 09:46
お兄さんは、またまた”裏の顔””告発”されましたか?(笑)
以下は告訴されてる2件(告訴されたのは全部で4件)

タレントの花田勝(30)がここにきてまた男を下げた。
今度は引っ越し先の隣人とのトラブルがエスカレートし、周辺の住民から総スカン状態なのだ。
 花田家は今月4日、住みなれた東京・浜田山のマンションから成城の一戸建てに引っ越した。この建設計画が明らかになった昨年、隣人が裁判を起こした。
花田が敷地いっぱいに車庫を建てることや日照権の侵害を理由に、精神的な苦痛を受けたとして80万円の損害賠償を求めたものだ。
 この隣人が80万円という中途半端な金額の裁判を起こしたのは花田に対する嫌がらせが目的ではない。この隣人が話し合いの場を持つように主張しているのに、花田が家を建てることに関して一切説明がなく、建設中も 周囲の反対を無視し続けたことに怒っているのだ。 そして、さらに神経を逆なでしたのが引っ越しの際の対応で、花田は近所にあいさつすらなかったという。
 この裁判の第3回口頭弁論が14日に開かれたほか、周辺住民からの「出ていけ」コールも日増しに大きくなる一方である


24歳美女が実名で告発大醜聞「私は若乃花を訴えます!」
ttp://byair.myrice.com/article/soc/048.htm
Posted by ポン子 at 2005年06月12日 16:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4259780

この記事へのトラックバック

貴乃花の意外な側面
Excerpt: 貴乃花の意外な側面いや、何度見てもこの人がしゃべっている様にしかみえないのだが。まぁ、色々人生あるけどがんばって。
Weblog: 極楽鳥使い
Tracked: 2005-06-11 19:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。