2005年05月19日

ビバヒルを懐かしむ

「ビバリーヒルズ青春白書」のブランドン役の
ジェイソン・プリーストリーが結婚したらしい。
あまりに懐かしくて、思わず反応してしまった。
高校白書の頃から見始めたのだが、
人種差別やAIDS、ドラッグやアルコール依存症などの
当時のアメリカの高校生が抱えていた問題を真摯に
とりあげてくれたこのドラマに、
私は既に大学生だったのだがものすごく夢中になった。
彼らの方がずっと大人に感じられたし。
が、最後の頃は単なる恋愛ドラマになってしまった感があり
かなりどうでもよくなっていたのに、文句を言いつつ
ドナとデビッドの結婚式の最終回まで見切った私。
「結局、デビッドかよ」なんて文句を言いながらも
「あぁ良かったね、ドナ」
なんて親戚のおばさんのように泣いてしまった私。
だからといって、今回のジェイソンの結婚に
今さら何か感慨があるわけでもないんだけど、
とにかく懐かしい。

新婚旅行で立ち寄ったロサンゼルスに
ビバリーヒルズ青春白書のロケ地を巡るツアーがあり、
すごく行きたかったのだが、ダンナに
「だって俺、一度も見たことないもん」
と悲しそうに言われて、私も一度も見たことのない人なんかと
行っても楽しいわけがないということに気付き断念した。

見たことのない人にとっては
ブランドンとブレンダの家を見てもただの古い家だろうし、
彼らが通っていた高校を見ても「だから?」と思うだろうし、
ビバリーヒルズ通りの看板を見てもますます
「だからこれが何なんだ?」
だろう。やめて良かった。

でも、何かのついでに見てみたいブランドンの家。
きっとただの家なんだろうと思うけど。
とにかくおめでとう、ブランドン。
いや、ジェイソン。
posted by ぐうたら主婦 at 11:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ビバヒル、良いですねぇ。
欠かさず見るほどの入れ込みは無かったけれど、アメリカらしいドラマですよね。
実は私もアメリカのTVドラマが大好きでして、
特に、ホミサイド(殺人捜査課)というドラマが死ぬほど好きでした。
今もCSで再放送してるのかな・・・
アメリカのTVシリーズを見てていつも思うことですが、
人気シリーズは何年にもわたって放送されるじゃないですか。
年を追うごとに登場人物も成長していき、ドラマの展開も変化していく、
みたいな、造る側と見る側のコラボレーションなんだな、なんて思います。
日本だと、1クール3ヶ月で良くも悪くも終わってしまうので、
登場人物の変化などが描かれるケースが少ない気がします。
そのせいか、何を見てもみんな同じに見えてしまう・・・私だけですか。
Posted by hiroing at 2005年05月19日 18:43
hiroingさん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
ビバヒルに反応していただけるなんて何となく
ちょっと意外でうれしいです。
日本のドラマ、確かに何を見ても同じに見えてしまいますよね。
私もあまり見ないんです。
日本で長く続いていてコラボレーションが実現しているドラマといえば
「渡る世間は鬼ばかり」とか「金八先生」ですかね?(笑)
私、実は両方とも好きです。
リアルの武田鉄也も泉ピン子も大キライですが、役柄には
親近感があり、もはや身内のような気分です。

子供の頃は「プリズナーNo6」という海外ドラマにはまりました。
近年はNHKでやってた「ダーマ&グレッグ」。今は
遅ればせながら「24」を見てる最中です。
「渡鬼」「金八」「プリズナー」「ダーマ」「24」
全く共通点ないですが、そういえば恋愛モノはないですねぇ。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年05月20日 13:23
プリズナーNo.6!
まさかこの名前が出るとは!
渋いですねぇ、ぐうたら主婦さんは!
私も好きでしたよ。
日本のドラマではコラボ系といえば、
水戸黄門とか、必殺シリーズとか、痛快!三匹が斬る!とか・・・
おっと、みんな時代劇だ・・・
Posted by hiroing at 2005年05月20日 22:48
hiroingさんもプリズナーNo.6が
お好きだなんて、ものすごくうれしいです!
でも、私の周りは誰も知らないんです。
静岡では深夜に放送していたこともあり、
友達に勧めて見てもらっても、当時は
「ごめん。不気味で怖かった」
と言われてばかりいました。
まぁ、中学生でしたからね・・・。
必殺シリーズは必殺の熱狂的なファンの女友達に
連れられて映画を劇場に見に行きましたよ♪
必殺は照明を見てるだけでもうっとりしてしまいます。
「三匹が斬る」は見たことないんですが、私も時代劇、大好きです。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年05月21日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。