2005年05月12日

シュウトメとの関係

今日はシュウトメの買い物に付き合うという
史上初の快挙を成し遂げてきた。
いつもは「はぁ?」と言いたくなるような発言ばかりの
シュウトメだが、昨日は私の行為が相当うれしかったらしく
私の逆鱗に触れるような言葉は一つもなかった。
何故、そんな似合わないことをしたかというと
私の知り合いの店に行きたいと場所を聞かれ、
当初は勝手に行ってもらうつもりだったのだが、
何だか可愛そうになってしまい、車を出すことにしたのだ。
ついでに店の近所にある私の実家にも顔を出してきた。

それにしてもうちのシュウトメにはいつも気になることがある。
会うたびに、大量にいろいろなものをくれるのだ。
先日の日曜日の母の日に訪問した際には
じゃがいも、新茶、キャベツ、トマト
酒まんじゅう、チョコレート山盛り お土産の牛タン等を
たっぷり頂いてきた。ちなみにダンナの実家は農家でも
土産物屋でもない。すべて人からの頂き物らしい。
それからまだ4日しか経っていない上、外で会うのだから
さすがに何も持ってこないだろうと思っていたら
これから買い物だというのに、やはり大きな紙袋を持っていた。
嫌な予感はしたのだが、買い物とランチを済ませ、
私の実家に寄った時にその全貌が明らかになった。
グリーンピース、柏餅、新茶、ネックレス、ブレスレット
等が次から次へと出てきた。
柏餅とグリーンピースは私の実家の分もあった。
ネックレスとブレスレットは自分が使わなくなったものを
私にくれたのだが、グリーンピースと新茶は頂き物、
柏餅はわざわざ美味しい店から用意して来てくれたらしい。
和菓子しか用意していなかったうちの母は
「何も差し上げるものがなくて・・・」
と恐縮していた。私もありがたいのだが、たまに困惑する。
特にネックレスやブレスレットを実母の前でもらうのは
何だか少し複雑な気分だった。

人からのもらいものが多くて困る

とシュウトメはいつも言うのだが、
多分、義理のプレゼント交換の連鎖の結果だろうなと思う。
人から何かしてもらったらすぐにお返しをして、またその人が
何か持ってくる。それを永年繰り返してきた結果だろう。
シュウトメとそのお友達や親戚の行為を見ていると
おすそ分けというには、かなり度を超したモノのやり取りがある。

しかも、昨日のように単純に善意でやったことのお礼に
こんなにモノをもらうと何だか少し悲しくなる。
私が大好きな和食屋さんでのランチもご馳走になったのだし、
ありがとう
の言葉があれば十分なのに、とバチ当たりなことを思った。
それとも、これくらい大げさに感謝の気持ちをあらわさないと
私にモノを頼みづらいということだろうか・・・と少し反省してしまった。
シュウトメとの関係は本当に難しい。
posted by ぐうたら主婦 at 22:22| Comment(7) | TrackBack(0) | シュウトメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいなー。わたしもお姑さんとそんなおでかけしたいです。お姑さんと実の母とが「会う」なんて絶対ありえないから。
二人のおかあさんをどうか大切にしてくださいね。
Posted by m at 2005年05月13日 11:05
ぐうたら主婦さん、こんにちは∈^0^∋
嫁姑の関係って、本当に難しいですね。以前同居してたのですが、歩いて十数分の所に別々にすんでいます。その方が、良好な関係が保てます。(爆)
 さて、「義理のプレゼント交換」を難しい言葉でいうと返報性のルール(give-and-take)と言うそうです。「与える義務、受け取る義務、お返しをする義務」だそうです。
 詳しくは、ぼくのブログ1月5日の「返報性のルール」を見てね(笑)
 くまさんでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2005年05月13日 11:53
mさん、くまさん、こんにちは♪
>mさん そうですね・・・。大事にしないとダメですよね。
ものすごく苦手な姑なんですが、がんばります。
>くまさん 私も絶対に同居するつもりはありません(^^)v
離れてる方が良好な関係が築けるって同感です。
ところで、早速1/5のブログ拝見しました。
返報性のルール、なるほど。
だから何の見返りも期待せずに行った好意に対して
明らかに大げさな返礼をされると何となくむなしい気持ちに
なってしまうのですね。すごく納得です。
世間的にはうちの姑は誰からも非難されない行いをする
正しい立派な人なのですが、この辺りの微妙な価値観の差が、
私が姑を苦手だと感じてしまう理由のひとつでもあります。
あぁ〜、ホントに難しいです。トホホ。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年05月13日 18:11
はじめまして。ブログをたどってきてみたら、
カード情報流出のことでコメントしようかと思い
(最近はポイントカードにまでクレジットがついてて入りたくないっていうだけのことですが)
それから日記のカテゴリーを順番にさかのぼり、好きな感じだな…と思いつつ読みながらここまできました。(これが一月前のエントリーにコメントしてしまう理由なのですが)
私の義母もお土産をどっさりくれます。持って行ったものを、その日のうちに、突然なにかを持ってきた人に渡しちゃうことも。最初はちょっと閉口しましたが、そういうのも大事なんだなとつい最近(ここ2日ぐらい)思ってはいるのですが…。
結婚して初めてのお正月に義母一人で元旦を迎えるに当たってお正月気分を味わってもらえるようにと立派なものではないですがおせちを(元旦や2日には行ってごちそうになったりするので)一人分だけお弁当箱に詰めて持っていきました。義母は義母で付き合いで購入したおせちがあったらしく、私の作ったのはほとんど元旦に私とダンナが食べました(出されたので)。で、洗ったお弁当箱の中に一万円札が入っていたのですよ。一万円あったら立派なお重のおせちが買えるよ。すごく哀しかったです。「もう大変だからつくらなくていいよ」と言ってくれるのでそれ以来作りません。
(わー長々と…すいません)
Posted by 鮎 at 2005年06月22日 20:06
鮎さん、はじめまして♪
コメントありがとうございます。
好きな感じ・・・というお言葉もとてもうれしいです。

おせちのエピソード、ものすご〜く共感できます(苦笑)。
大げさな返礼って何故だかとっても哀しいんですよね。
嫁に気を使ってくれているんだろうとは思うのですが・・・。
ちなみに、うちのシュウトメにはもうひとつ特徴があり
私たちから義父への贈り物については一切の
返礼がないのです。従って、義父に何かを届けた時は
唯一私たちは手ぶらで帰宅できます。
あ、返礼がないことに文句があるわけじゃないんですよ(笑)。
ただ、自分の時には大げさで夫の時にはゼロっていうのは
何だかちぐはぐな感じで違和感があります。
きっと義母なりの何らかのポリシーがあるように思うのですが、
いや、何もなかったりするのかも・・・。などと
その真意を量りかねて早2年です(^^;)
シュウトメとの関係は難しいですねぇ。
よろしかったらまた遊びに来てくださいね♪
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年06月23日 10:49
よかったー…(はじめてにもかかわらず)愚痴をこぼしに来たんかいと思われるような書きこみになってしまったかな?と思ったんですが、その「哀しみ」が私も同じように思った〜ってことが言いたかったのでそれが伝わってよかったです。お義父様への贈り物には何もない…っていうのは何だろう??私は私(家にもらったものならするけれど)、おとうさんはおとうさん、っていう感じですかね…。更に前のほうを読んでいってお義母様に言われたこと…想像以上でしたっ。とても私には同居できそうもないタイプの…。私も「今のイヤミかな?」と思っても、そんなわけないない…と聞こえなかったフリをします(笑)
お気に入りに入れちゃいましたので、また遊びに来させてくださいm(__)m
Posted by 鮎 at 2005年06月23日 11:49
>鮎さん
お気に入りにいれていただいたなんて光栄です。
ありがとうございます。これからもよろしく♪

・・・すごいですよ、うちのシュウトメ(笑)。
分かっていただけてうれしいです。
悪気がないのがまた困りものなんですよ。
返礼については、私は私、お父さんはお父さんって
ことなんだろうと、私もとりあえず理解してますが
落差が激しすぎですよ、お義母さん
って思わず突っ込みたくなります。
それと、驚いたのはうちの実家に来た年賀状に
お母さんの名前だけが差出人に書かれてたんです・・・。
長く夫婦をやってるといろんな確執があるんでしょうかねぇ?
私の実家の両親はものすごく仲がいいので戸惑うこと
ばかりです。やれやれ。
私の方こそついつい愚痴ってしまいました。
これに懲りずにまた来て下さいね〜。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年06月23日 18:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3606128

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。