2005年04月20日

民主党の存在意味

今日、久々に国会中継をやっていた。
ほとんど見逃してしまったのが残念だった。
ちなみに私は何故か子供の頃から国会中継が好きで
内容なんて何も分からなくてもぼんやり見ていた。

今日は民主党の岡田さんとの討論だった。
国民年金制度が破綻していることを話していたが
そんなことは知ってる。
民主党はホントに政権とる気があるんだろうか?
昔の社会党の方がよっぽどタイムリーな話題で国民寄りの
議論をして、国民のハートをつかんでいた気がする。
民主党の議員は口癖のように
「まずは政権を取らせていただきたい」
と言うが、ほんとに選挙に勝ちたいなら、
「議員年金廃止」
しかないだろう。
年金の一元化が難しいなら、それは後回しでいい。
まず自分たちの年金を廃止します
と何故もっと強力にアピールできないのか。
私は選挙権を得た頃は「新党さきがけ」を支持していたので
今の民主党を見ると情けなくなる。
こんなに突っ込みどころ満載の自民党にまったく
斬り込めない野党なんて存在意味がない。
これが高学歴のエリートお坊ちゃま集団の限界か。
無駄なプライドが高すぎ。
政治家は学歴が高けりゃいいってわけじゃないのがよく分かる。
泥臭さも必要だ。
posted by ぐうたら主婦 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3067354

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。