2005年04月08日

意地の国際交流

私の前彼は韓国人だ。(韓流ブームの少し前)
その前彼と、何故か昨日から激しいメールのやりとりが続いている。
やけぼっくいに火がついた・・・わけではない。
久しぶりにメールが届いたと思ったら
竹島問題、教科書問題、日本の常任理事国入り等々、
最近の日韓が抱える問題もろもろの議論を吹っかけられたのだ。
そんなこと、私に言ってどうするのさと思いながらも
日本人の血が騒いだのか、ついつい反論してしまった。
おかげでブログは更新できないし、疲れるし、散々だ。
らしくないことはやめた方がいい。

彼は日本で博士号を取得したような人だ。
優秀なので一応は中立的な立場でモノを見ることはできている。
それでも、やっぱり今の状況は気に入らないらしい。

でも、恋人同士だった頃から私が彼に言い続けていることは
「私は韓国人に何もしていないし、あなたも何もされていないはず。
 だからこれからは前を向いて仲良くしましょう」
ということだけだ。
『日本人は何も教えられていない』
と、何かと言うと言われるが、あまり言われると
『あぁ、あぁ、知らないさ。知らなくて何が悪い!』
と言いたくなってくる。ちなみに私は教えられたんだけど。
変わり者の教師のおかげで、韓国の教科書が教材だった。
男子も泣いていたのを覚えてる。
日本兵の残虐行為が写された写真には本気で吐き気がした。
ものすごく申し訳ない気持ちになったし、心から謝罪したいと
思ったし、これからは仲良くしてこんなことが二度とないように
しなくてはならないと心から思った。
それでも思う。
先祖の悪行を償え、謝れ、と今のわたしたちに言われても
無実の罪を着せられた囚人のような気分になるだけだ。
みんなで土下座して、竹島も韓国にあげて、従軍慰安婦の皆さんに
賠償金を支払って、一度韓国に占領されれば許してくれるのか?
と逆ギレしたくなる。
戦後賠償は終わっている裏づけになる文書も公開されたっていうのに
それはどうやら韓国の皆さんは詳しく知らないみたいだし。
(詳しくはこちら新橋系さん nt日記さん)

でも、私はしつこいので彼との付き合いは辞めない。
トンデモな彼だが、彼とはいつまでも友達でいるのが
日本人としての義務にすら思えてきた。おおげさだけど。
彼が帰国するまでには必ず日本を好きにさせたい。
よく分からないけどこうなりゃ私にも意地がある。
それに、きっとこうやって韓国の人と議論し続けることでしか
日本と韓国が仲良くなる道はないんじゃないかと思う。
どうせヒマな主婦だし、これくらいは頑張って続けてみようかな・・・。
こんな疲れる相手と結婚しなくてほんとによかったけど。
posted by ぐうたら主婦 at 17:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大陸系の人間は多かれ少なかれ
中華思想に染まっているから、日本が意に沿わないのが意に沿わないのが気に入らないみたいですね
要するに隷属しない限り許されない、ということのようです

日本は非常に良い国です。しかし天は二物を与えず、隣に中国韓国を置いてくださいました

失礼しました
Posted by 通りすがりに失礼 at 2005年04月09日 00:36
TBありがとうございます。韓国男性との付き合いは、なかなか大変のように感じます。お疲れ様でございます。
Posted by sivuch at 2005年04月13日 23:26
TB 頂きました。条約関連文書の公開、韓国人が知らないということはありません。それなりにかの国の社会にインパクトを与えたようです。でも彼らにはそんなこと関係ないんです。日本は反省してないじゃないか。この繰り返しですから。エンドレスに。
Posted by nt at 2005年04月15日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2851106

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。