2005年03月24日

ホリエモンの授業料 

当初はホリエモン大絶賛だったテレビ界が
どうも最近はニッポン放送寄りになっている。
私が思うに、外国人記者クラブでホリエモンが
「報道の一次情報は買えばいい」
って言ったあたりからだと思うんだけど・・・。違うかな?
「ジャーナリズムをバカにすんな」
とでも思ったのか?
テレビの言うことを鵜呑みにしてホリエモンをべた褒めしていた
うちの姑も、今日あたりは
「人間には気持ちってものがあるんだから、うまくいくわけない」
なんて言ってそうだ。確認したくもないけど。
テレビは怖いねぇ。

しかしホリエモン、急にいい子になりましたね。
誰がアドバイスしてるのか知らないけど
なんだ?「従業員さま」って。気持ち悪い。
まあ、これで彼がひとつ大人になったのだとしたら
高い授業料でしたね。
普通は30年も生きていたら、ただで修得できたことなのに。
株の支配と人の心の掌握を同列にしてしまったことが彼の痛恨のミスで、
私は取り返しがつかないところまで行き着いたと思ってる。
口は災いの元って昔から言うように、あの人は言葉が滑り過ぎ。

近鉄の買収で勘違いしちゃったんだろうな。
みんなにチヤホヤされて自分は人気者だと思ってしまった。
既成概念を壊すことを世の中のみんなが待ち望んでると。

完全な人間なんていないのだから、必ず人は間違う。
でも、適切なダメ出ししてくれる人を見つけておくのは
大変なことなんだなとホリエモンを見ているとつくづく思う。
あんなにお金があっても買ってこられないんだから。
本当に痛い目に合うまでそういう人に出会えなかったのが
西武の堤さんだとすると、背筋が震える。

ホリエモンを目指して子供に株式を教える親が増えてるらしいけど
発想が安直過ぎて、見ていてこっ恥ずかしい気持ちにさせられる。
株価の向こうには人間がいることを教えておいてあげないと
お子さんもきっと将来痛い目に合いますよ
とおせっかいなことを言いたくなるのである。
posted by ぐうたら主婦 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

弱気な堀江社長はダメダメ
Excerpt: 最近のライブドア堀江社長は、元気がありません。 「休戦協定」を申し込んだり、「従業員さま」と「支配」発言から一転して敵対から仲良し関係になろうとは、何ともなさけないです。 ライブドア株を保有してし..
Weblog: 『株の初心者☆「”踏み上げ侍”こと秀春辰」の!逆日歩斬り!!』
Tracked: 2005-04-01 22:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。