2005年02月25日

栗原はるみとホリエモン

先日、栗原はるみさんが世界で一番権威のある
料理本のコンテストでグランプリを受賞したというニュースがあった。
私は彼女のレシピで「うーん、うまいっ」と思ったことは
残念ながらあんまりないんだけど
日本食の好きな欧米の方々は、
その本のレシピがうまかろうが不味かろうが
「おうちで和食が作れちゃう」
のがきっとうれしくて仕方ないんじゃないかと思った。
わたしもオサレな写真入りの洋食の料理本を見て
「おうちでイタリアンやフレンチが作れちゃう私」
がちょっと素敵な人だと錯覚する。
錯覚して料理までうまくできた気がする。
欧米人の和食ブームのツボをついたプロデュース力の勝利な気がした。


・・・とここまでは前段の話のつもりでしたが 
長くなってしまうので続きはまた明日にしようっと。
ブログってのも初体験だし。
ホリエモンがブログ、ブログって言うので悔しいから私も参戦してみちゃった。
何が悔しいんだかよくわかんないけど、あいつに「だ〜か〜ら〜」って言われると
テレビの前の私はなんだかとても悔しい気持ちにさせられる。
あんなに不細工なのにお金持ちだから?
デブだから?
脂ぎってるから?
よく分からないけど、ま、要はとにかく嫌いなんだな。

posted by ぐうたら主婦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2214335

この記事へのトラックバック

栗原はるみ
Excerpt: ご存知の方も多いと思います。 栗原はるみのジャパニーズ・クッキング この本はグルマン世界料理本大賞のグランプリを2月に受賞した本です。 現在注文が殺到していて在庫がない状態。。。。 ..
Weblog: ネット得々
Tracked: 2005-04-05 23:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。