2006年03月10日

社会復帰にビビる私

今、私はビビっている。
実は今月末から仕事をすることになったのだ。
ぐうたら主婦がぐうたらできなくなる、
私が一番恐れていた日がとうとうやってきてしまった。
怠け者の私としては本当に悲しいことだが仕方がない。
そもそもダンナが高給取りなわけでも
子供がいるわけでもない私が結婚から3年、
悠長に専業主婦をしてきたのは、ただ「体が弱い」
という理由だけだったので、多少元気になった今
働いて家計の足しにするに越したことはないのだ。

私の体が弱い一番の原因は20年患った子宮内膜症だった。
手術前の2年間は365日、毎日お腹に激痛が走り
ほぼ毎日4時間おきに1日6錠の鎮痛剤を飲んでいた。
さすがに日常生活に支障をきたすようになり
2年前に念願の手術を受けた。
両方の卵巣から膿胞を取り除き、腸と癒着していた
子宮の左後ろ(これが痛みの原因)を、はがして削った。
そして私は手術のおかげで生まれ変わったように
元気になった。
しかし、元来がナマケモナーでバチ当たりな私は
せっかく痛みから解放されても、働く気になれず
のんびりと専業主婦を楽しんできたのだった。

そんな私に昨年末、仕事のお誘いがきた。
実は私の専門は福祉。大学の福祉学科を出ている。
そんな私の過去を知っている人からお年寄りの
「デイサービス」の相談員をしないかというお誘い。
大学を出てからずっと福祉の現場から逃げてきた私は
当然、資格など何も持っていない。
自信もないので正直に話したが、それでもいいから
来てと言ってくれる人からの誘いだった。
今回ばかりは断ったらバチが当たる気がした。

話はそれるが、手術をしてくれた医師が術後に私に
こんなことを言ってくれた。
「これまで病気のことに使ってきたエネルギーを
 元気になったあかつきには、ほんの少しだけ
 社会に還元してもらえたら私は幸せです」
と。(ちなみに彼は私の経歴など何も知らない)
何故か涙が次から次へと出てきてしまった。
というのも、痛みと戦う生活にすっかり慣れきって
しまった私は、自分がどれほどのエネルギーや体力を
内膜症のために消耗し、いかに色々なものを犠牲に
してきたか、ということに無自覚だったのだ。
それがこの言葉で一気に自覚し、癒され、
ようやく私は痛みから解放されるんだなぁと心から
実感させてもらうことができた瞬間だった。
ついつい、先生に胸がときめいたくらい感動した。
惚れっぽい私。

そして、先生にときめきながら
「いつか福祉の仕事をしろってことかな〜」
と、ぼんやり思った2年前の春。
そんな私に福祉の仕事をするチャンスが巡ってきた。
私のことだから、一生続けるかどうか分からないし
すぐに辞めちゃう可能性が大だけど、それでも
これが運命なんだろうな、なんて思ってみたりする。

人生には避けては通れないポイントみたいなものが
いくつかあって、どんなに逃げてもそこに行ってしまう
ものなのかもしれないと、今回は観念してみた。
大学を出ても福祉関係の仕事をしようとしない私を
嘆く親をなだめるように
「福祉の仕事をするなら30を過ぎてから」
と言い続けた言い訳の後始末なんだろう。
身から出たサビ。というと言葉は悪いが
自分の言葉の責任は自分で取れ、と神様がおっしゃって
いるように思えてならない。
まぁ、それもこれも久々の社会復帰にビビる気持ちを
無駄な理屈で落ち着けようとしているだけなんですけどね。

そんなわけで、ぐうたらする暇のないぐうたら主婦
になりそうな私ですが、精神がぐうたらなことは
きっと一生変わらないので、このままのペンネームで
今までどおりのブログを書いていけたらな、と
思っていますので、読んでくださっている皆様。
これからも何卒よろしくお願いします。
posted by ぐうたら主婦 at 16:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んで、ちょびっと涙出ました
私も大きな病気をしたことがあるので
お医者さんからの、温かく染みる言葉が
どんなにホロッとくるかわかります

応援しています♪
Posted by くまくま at 2006年03月10日 19:43
ぐうたら主婦さん、こんばんは∈^0^∋
頑張ってくださいね。
適当に!
ブログアップしたらすぐに遊びに来ます。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2006年03月10日 20:29
経験不足な若造は「頑張れ!」としか言えませんが、応援してます!
精神がぐうたらでもしっかりしてきますよ!しっかり者のぐうたらさん…一見矛盾してますが…気にしないことにしましょう(笑)
Posted by airj at 2006年03月11日 19:13
こんにちは。根岸のねこです。
専業主婦も大変なお仕事ですよ。
それを病気を抱えながらこなしてきたのですから、気負わないでいいと思います。
最初はアルバイトくらいの気持ちでのんびりいってください。
のんびり応援してますね。
Posted by 根岸のねこ at 2006年03月12日 16:00
皆さん、コメント本当にありがとうございます。
相変わらずダンナに内緒のブログなので
週末は開けず、今日、開いてみたら皆さんからの
暖かい言葉がたくさん並んでいて…
感動しました。ありがとうございます。
コメント遅くなって本当にすみませんでした。

>くまくまさん
くまくまさんも大病をなさったんですか?
お互い、ムリせず頑張りましょうね。
私はくまくまさんの励ましの言葉にちょびっと
涙がでました。ありがとうございます。

>くまさん
そう言っていただけると心強いです。
来週辺りからブログの更新がちょっと滞るかも
しれませんがよろしくお願いします。
私も遊びに伺います♪

>airjさん
応援ありがとう!
しっかりモノのぐうたら目指して大人らしく
働いてみます。頑張るわ〜!!

>根岸のねこさん
最初はアルバイトくらいの気持ち…
ホントですね。今の私にとって、それが
一番難しいことかもしれません。
「気負わない」ことを心がけようと思います。
根岸のねこさんの優しい言葉に、緊張していた
気持ちが少しほぐれました。
本当にありがとうございました。




Posted by ぐうたら主婦 at 2006年03月13日 14:18
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14313704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。