2006年02月21日

カーリング中毒

先週からseesaaさんのメンテナンスが続いて
何となく更新が滞っていましたが、その間
カーリングにすっかりはまり、楽しんでいた。
そもそもかつて長野オリンピックの時にも
敦賀信人選手(若大将)見たさに見てはいたものの
動機が不純だったせいか、仕事が忙しかったせいか
今回ほどは熱中しなかった。
しかし、今回はすっかり中毒状態になってしまい
夜中から起きてダンナに迷惑がられながら観戦。
試合の合間に家事をして、また観戦。
カーリングだけが私の生活の中心になり
挙句イタリアに勝った時は何故か号泣。
もう感動したなんてレベルではなく嗚咽。
自分でもコントロールできない涙。
ちなみに、選手に感情移入して泣いてしまうという
感じではなく、体中が緩んで涙が出てくるのだ。
緊張と弛緩の波が2時間も続くため試合が終わり
しかも勝ったりすると
「終わった〜。勝った〜」
と緊張の緩み方が半端じゃないのだ。
見ているだけで緊張と弛緩の波に飲み込まれるの
だから選手はすごい精神力だなと思う。
…などと分かったようなことを言ってみましたが、
私の場合は寝不足で疲れてただけです。はい。

そして今、日本の敗退により中継がなくなり
試合が見られなくなってからは
もう、毎日見たくて見たくて仕方がない。
というのも、これだけ毎日見ているうちに
戦略についても少しだけ分かりかけてきたのだ。
最初はさっぱり分からなかったが
解説の小林さんの説明が上手いことと、
刈屋アナウンサーの質問が絶妙だったおかげで
かなり理解が深まった。しかし
「次はここだな」
という予測がちょっとだけ当たり始めた矢先に
日本が負けてしまったのだ。
これは気持ちが悪い。
頭の中がモヤモヤしたまま。
カーリングのことで頭がいっぱいだ。
英語や他の学問もこのくらいの熱意があれば
どれだけ上達しただろうかと思うほどの熱意だ。
まさに中毒だ。
あの緊張と弛緩の波は刺激的過ぎる。

何を隠そう、私は運動神経がまったくなく
学生時代の体育の成績はいつも2か3だった。←10段階評価。
ちなみにふざけているわけではなく、何事も
真剣に取り組んでの2だから、手を抜いたら
体育で進級できない事態もあり得るひどさだ。
当然ながらスポーツは、見るのは大好きだが
自分でやるのは大嫌い。
そんな私が生まれて初めてやってみたいと思って
しまったのがカーリング。
「私にもできるかも」と勘違いをさせてくれた。
ダンナは
「あなたはまず投げる姿勢が取れない」
「足元が冷えて寒いとか言い出す」
とバカにするが(自分でもちょっとそんな気はするが)
こんな私でもボーリングくらいはできるんだから
きっと時間をかければできると自分では確信している。
昨日は自分がストーンを投げている夢まで見てしまった。
夢のスキップ。気分は小野寺。

早く日本中に広がらないかな。
私みたいに勘違いした人はきっと他にもいるはずだ。
静岡にカーリング場ができたら絶対やる。
まず「シムソンズ」を見に行くことにする。
あぁ、やってみたい。

posted by ぐうたら主婦 at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じくハマりました!ただ、どうかブームで終らないことを願ってます!

追伸:この前blogに訪れて下さりありがとうございます!
Posted by airj at 2006年02月23日 00:57
airjさん こんにちは♪
>ただ、どうかブームで終らないことを願ってます!
私もダンナに
「どうせ1ヶ月もすれば情熱が薄れてるくせに」
と言われてます(苦笑)。
でも、ホント日本中にカーリング場ができたら
いいですよね。マンガ喫茶の卓球みたいに
気軽にやれたらいいのになぁ〜。
Posted by ぐうたら主婦 at 2006年02月23日 15:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。