2006年02月08日

祝・紀子様ご懐妊

皇室好きの私としては、いや日本人として
とってもうれしいニュースだ。
紀子さま、おめでとうございます。

今国会への皇室典範改正法案の提出を
小泉さんがあきらめてくれたこともかなりうれしい。
昨日はゴリ押しする勢いだったけど、さすがに
無理矢理決めたら潮目が完全に変わっちゃうことに
一晩で気付いたんだな。
郵政民営化とは訳が違うのよ、純ちゃん。
しかも大論争になるだろうし。
よかった、よかった。
私自身も女系天皇には反対だし。
こんな大事なことを数に任せて簡単に変えるのは
やっぱりダメなのよ。

そもそも、私が女系天皇の時代を生きることは
年齢的にあり得ないのだが、
それでもやっぱり未来の日本が心配だった。
でも、日本の天皇制の根幹が揺らぎそうな今、
このタイミングでのこのニュースは、私などは
太古の昔、私たちの祖先が天皇という存在に
対して抱いていたかもしれない畏敬の念を
DNAレベルでビシビシ感じてしまうのだ。
非科学的だろうがなんだろうがいいのだ。
それが天皇家なのだ。
イギリス王室などとは訳が違うのさ。
一緒にするなっつーの。

ホントに信じられないタイミング。
とにかく良かった。
紀子様、希望をありがとう。
皇室の慶事にこんなに心躍る私は心底日本人だなと思う。
日本人でよかった。

今は元気なお子様のご誕生だけを心からお祈りしたい。

一日遅れですが記念に書かせていただきました。

posted by ぐうたら主婦 at 17:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐうたら主婦さん、こんばんは∈^0^∋
ぐうたら主婦産面白いです。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2006年02月08日 21:45
くまさん こんばんは。
秋篠宮様がお手植えされた
プリンセス・キコという蘭が突然開花
したそうです。
うーーん。不思議な現象は続きますねぇ。
また私のDNAが感じちゃいました(笑)。
Posted by ぐうたら主婦 at 2006年02月08日 23:24
初めて聞いたような気がします、一般の方の女系天皇反対の意見を。
僕は女系天皇でもいいんじゃないか、と思ってますし、こんな議論より、そもそも天皇制の必要性もわかりません。
しかし、日本の歴史は中学生の時までしか勉強してない(一応高校からは理系の勉強ばかりです)若者(?)なのではっきりと容認する主張は出来ません。
是非ぐうたら主婦さんの御意見をお聞きしたいです。
周りが苦手な中国語の発音が苦にならない僕はなんちゅうDNAがあるんでしょうね(←関係ない!笑)…
Posted by airj at 2006年02月10日 12:48
airjさん こんにちは〜。
>初めて聞いたような気がします
>一般の方の女系天皇反対の意見を。
あら…そうなんですか?
ブログにこんなこと書くとまずかったかしら(^^;)
実は私も愛子様がお生まれになった時には
「女性天皇の誕生だわ」と喜んでいた一人です。
しかし、その後ヒマに任せて自分なりに勉強して今の
女性天皇には賛成、女系には反対という考えに落ち着きました。
airjさんがおっしゃるように、そもそもが
>天皇制の必要性もわかりません。
その通りなんですよね。私たちが現代社会を
生きていく上で何の必要もない制度であると思います。
だけど、私はどうして皇室を敬っているのか。
それは「直系優先」で皇位を継承してこなかった
(皇位の私物化をしてこなかった)ことへの無意識の
敬意だったのだろうと思うようになりました。
というのは天皇制というのは男子の子孫がいなかった
場合、潔く傍系に継承権を譲ってきたのだそうです。
それが、日本の万世一系の天皇制なのです。
それを知り、皇位を既得権と捉えない考え方の上に
成り立ってきた伝統なのだと理解し、驚きました。
誰だって我が子が可愛いのですから、
自分の子供に天皇に即位してもらいたいという気持ちは
いつの時代も同じだったはず。
でも、男系優先という掟を守ることで
皇統を存続させることを優先してきた一族なわけです。
私たち一般人が家を継ぐのとはわけが違うのです。
日本の天皇陛下は代々皇位を私物化せず
その時代を預かるというご自覚を持たれてこられた
のだろうと思います。
皇位継承を既得権と捉えずに、男系という掟だけを
守って継承してきた歴史を持つ国は他にはありません。
だからどことも比べられないし、欧米の国々が
理解できるはずもありません。
これはきっと、女性差別で男系優先なのではなく
どちらかの性に限定しなければ直系優先になって
しまうからだったのではないか?と私は考えました。
極端なことを言えば、女系でも良かったのかも。
でも、男系で皇統を繋いできたのですから、それが
わが国の伝統であり歴史なのだと思います。
だから私は、その無私の思想に敬意を払いたいし
その思想に誇りを持ちたいし、このまま続けて行く方法は
あるはずだと思うようになったのです。
以上、きっと専門家の方が読んだら笑われるのかも
しれない稚拙な意見ですが私自身はそう考えております。
長々と失礼しましたm(_ _)m
Posted by ぐうたら主婦 at 2006年02月10日 13:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12974638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。