2006年01月19日

お笑い民主党

昨日、前原さん頑張れと励ましたばかりなのに
前原代表がこんなこと言ったそうです。
「選挙を盛り上げる目玉の刺客候補として
 送り込んだのがホリエモンだった。
 自民党の選挙そのものも粉飾だったのではないか。
 道義的責任は免れない」
ありゃりゃ…。
選挙そのものが粉飾って、どういう意味なんでしょうか?
それから今さら言うのもアホらしいけど、ヤク中議員を
公認していた同義的責任はどうなっちゃったんですか?
あぁ〜、そうか。
あれは岡田代表が公認したんだもんね。
こりゃ、失礼いたしました。

それから前原先生曰く
「ベンチャー、IT企業には疑念を持たれるような状況で
 マネーゲームを展開しているところもあり
 虚構の上での経済回復」
なんだそうです。
私は勉強不足で知りませんでしたよ。
まぁ、前段階は同感ですけど
今の景気回復基調が「虚構の上での経済回復」とは。
学者も真っ青ですね。

もう、ホトホト情けない。笑えてくる。
今こんな話ってホントにどうでもいいでしょ。
IT企業だけで株価を押し上げていたわけじゃないし
地道に努力をした企業が山ほどあって、
今、その人たちがどれだけ迷惑しているか。
責任ある政党ならそういう真面目な企業の心配でも
しろっつーの。
一部の悪い企業だけを取り上げて、虚構って。
ばっかじゃないの?

民主党は、どうも未だに何で選挙で大敗したのかが
分かってないみたいだ。
いつも問題の本質から外れたところで自民党叩きを
するから、民主党こそ虚構の上に成り立つ政党にしか
見えないんだっつーの。
それと、こういうトンチンカンな比喩はやめなさい。
菅直人がよくこういう比喩を多用していたんだが
(岡ちゃんは少なかった気がする)
聞いてるこっちはものすごく不快になる。
民主党のこの、駄洒落ではなくジョークにもならない比喩
って誰のセンスでやってるんだろう?
今すぐにやめるべき。
久々に、励まし・期待をした直後にこれだから
ホントにがっかりさせられる。
私がこんなにがっかりするのも民主党に期待している
反動だったのに、近頃はその反動もなくなりつつある。

私が前原代表に文句を言っていると、いつもダンナに
「あなたはホントに民主党を愛してるよね〜」
と冷やかされる。
「俺なんて、もうこんな政党どうでもいいな」
と言う。

そう、私は隠れ民主党ファンなのだ。
いや、正確には元民主党支持者だったのだ。
チェッカーズ全盛期に実は吉川晃司が好きだったように
未だに禿げかかった田原俊彦が許せないように
私は民主党が好きなのだ。期待してしまうのだ。
お願いだから禿げないで。
じゃ、なくて
お願いだからこれ以上がっかりさせないで。

posted by ぐうたら主婦 at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐうたら主婦さん、こんばんは∈^0^∋
<お願いだから禿げないで。
<じゃ、なくて
<お願いだからこれ以上がっかりさせないで。
面白い。
くまさんことくまボンでした。ではでは(^.^)/~~~
Posted by くまさん at 2006年01月19日 17:55
くまさん こんにちは〜。
笑っていただけて光栄です。
ホント、お願いトシちゃん。いや民主党。
Posted by ぐうたら主婦 at 2006年01月23日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11912817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。