2006年03月23日

入れ歯幹事長

最近気になって仕方がないものがある。
それは、民主党渡部幹事長の「入れ歯」だ。
もう、いつ外れてしまうのかと見るたびに
ハラハラしてしまう。
今朝は朝っぱらから森光子の差し入れの
明太子を頬張る渡部幹事長を見てしまった。
今にも飛び出さんばかりの入れ歯。
明太子を次から次へと食べるのだが、
カクカク音が聞こえてきそうなほど危なっかしい。

ダンナは
「朝っぱらから見たくない画だなぁ…」
と嫌な顔をしていたが、私は年寄り好きなので
思わず笑ってしまう。
民主党にまんまと乗せられているなと思う。
どうしてもあの「入れ歯」を見ると憎めなくなる。
反発心が薄らいでしまう。
しかも昨日の永田君の懲罰委員会での弁明を
「意味不明」
とバッサリ言い切る辺りも「爺さん、やるな」と
ついつい、ひいき目で見てしまうのだ。

思えば、私が民主党を胡散臭いと思っていたのは
こういう爺さんが今まで登場しなかったからだ、と
渡部幹事長の存在によって気がついた。
なんてったって、幹事長就任の時に
「私は実は永田君のことは今日まで存在も
 知らなかったんですよ。アハハ」
と言い放った渡部おじいちゃん。
アハハ、じゃねーよ。
と一瞬思ったが、民主党という党は、世代間の
コミュニケーションが断絶していたんだな、
ということがよく分かった。
ああいう長老に教えを請う機会や、
共に行動することをこれまでないがしろに
してきたんじゃないだろうか。
そもそも、長老に意見を求める風土が党にあれば
ここまで自滅することはなかったと思う。
若さなんて何の売りにもならないといういい証拠だ。
若輩者の判断力というのは、所詮この程度なのだ。
ライブドアと何ら変わりない。
自民党との関係をつついた自分たちこそが
ライブドアと同じような組織だったのだ。
だから自滅した。
入れ歯カクカクの爺さんの言うことは
小うるさくて古臭くて、聞きたくないことも多いのかも
知れないが、それを黙って聞くのが大人ってもんだ。
民主党のこれまでの判断ミスを見ている限り
絶対的にその点が欠けていただろうし
今のメール問題の処理の遅れを見てみれば
この期に及んで今だに年寄りをリスペクトできない
若造集団にしか見えない。
「永田君はやめるべき」
という渡部入れ歯幹事長の意見を誰も聞かないのが
いい例だ。

年の功って言葉をバカにしちゃいけない、と思う。
爺さんも、だてに入れ歯なわけじゃないのだ。
とにもかくにも、あの入れ歯には人生がある。
入れ歯の言うことをバカにしちゃいかん、と思う。
posted by ぐうたら主婦 at 20:29| Comment(23) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。