2006年02月09日

父親になれない男

今年は何故か離婚相談に来る友人が多い。
今朝は友人の妹までやってきた。
まだ2月上旬だというのに、今年に入って3人目。
別に私は法律の専門家ではない。
ただ、周りに離婚経験者が多いので
「離婚に肯定的」というイメージを持たれているらしく
「ぐうたらちゃんの友達で離婚した人いたよね?」
などと言いながら相談に来るのだ。

確かに私の周りには離婚経験者が多い。
実の父親もバツイチ。
幼馴染にバツ2もいる。
前の職場のボスもバツ2だったな。
と考えると、周囲には20人ほど離婚経験者がいる。
そんなわけか、今朝訪れた友人の妹も
「ぐうたらちゃんなら詳しいはず」
と姉に教えられたんだそうだ。
いや、別に詳しくはないんですけど…(苦笑)。
だって、私は離婚したことないし。

ただ、せっかく頼られたので、自分の勉強のためにも
話だけは聞かせてもらう。
当然、離婚の原因なんて十人十色で人それぞれだが
最近の3人に共通している問題はダンナが
「夫にはなれたが父親にはなれなかった」
という点だ。
何故か3人の夫は皆、仕事を放棄してしまった。
1人目は子供が産まれたストレスでうつ病になって休職中。
2人目は単に飽きっぽい性格で仕事を辞めてしまい
    家族を養うのに疲れたと、一方的に離婚を要求された。
3人目は自分の夢のために、自分が役員を務めている
    妻の実家の会社を辞めると言い出した。
理由は三者三様だが、どれもこれも痛い話ばかりだ。
しかも全員子供が1歳から2歳の間の幼児だ。
そして、子供ができるまでは何の問題もなかった夫婦。
聞いていて、男の人が父親の自覚を持って
誰かのために責任ある人生を送っていくということは
そんなに大変なことなのか?と首を傾げたくなる。
まぁ、最近増殖中の「自分大好き人」たちは
親になろうが何歳になろうが自分のことだけが
好きなんだろうなぁと、聞いていて呆れるが
それにも増してシュウトメたちがまた痛い。
揃いも揃って3人とも「息子がかわいそう」
と言い出し、むしろ支援体制をとり始めるのだ。
金銭的に援助することで解決しようとする親や、
息子が病気になったのは嫁のせいだと言い出す親や
「自分のやりたいこともできない人生を送らせる
 ために産んだわけじゃない」
などと泣き出す馬鹿なシュウトメも。お前が泣くな。
私の身近にこれだけいるんだから、馬鹿親子が
どれくらい世の中に蔓延しているのかと考えると
空恐ろしくなる。

私から言わせれば、悩むだけムダな話に思える。
そんな男と一緒にいてもロクなことはない。
さっさと見切りをつけるか夫のママになる覚悟をするしかない。
だから私はいつも「別れれば?」と簡単に言う。
私は夫のママになるのはご免だ。
しかし、世の中は未だに離婚はよくないことだと
思っているらしく、大抵人に相談すると
「やり直せないの?」と言われるんだそうだ。
で、何故か泣かれる。
「別れれば?なんて言ってくれた人は初めて」
だと言うのだ。
そう、彼女たちは自分で既に答えを出しているのだ。
別れたいのだ。だから
「別れれば?」
と言ってくれそうな私のところに来るのだと思う。

私が相談された時にいつも言うのは
「お金がかかっても専門家に相談しろ」
ということだ。
別れる以上、しかも子持ちならば
取れるものを取るためには専門家の正しい
アドバイスで理論武装しなくてはならない。
それと
「結婚していて不幸な人は何人も知っているけど
 離婚して不幸な人って私の周りにはいないよ」
だ。別れは幸せの始まりなのだ。
こんなことを言うから、みんな別れちゃうのかも
しれないが本当にそうなのだから仕方ない。
いや、世の中には離婚を機に不幸になっておられる
方もいるのかもしれないが、少なくとも私の周りには
1人もいない。だから何の根拠もないが
「あなたも大丈夫」
と言い切ってしまうことにしている。

今朝訪れた友人の妹は早速「県民生活センター」に
電話をして弁護士の無料相談の予約を取り付けて
先ほど慌てて帰っていった。
頑張って欲しい。



posted by ぐうたら主婦 at 13:54| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。