2006年01月24日

どうでもいい大騒ぎ2

まったく何なんだろうか。
昨日からのこのお祭り騒ぎは。
私が毎週見ている「TVのチカラ」まで吹っ飛ばされた。
私はあんな不細工デブがどうなるかよりも
行方不明の家族を案じている人たちの方がよっぽど心配だ。

ホリエモン逮捕って、そんなに大きな話題なのか?
東京拘置所に向かう車列をヘリまで飛ばして大中継。
まるでオウムの麻原が逮捕された時のような馬鹿騒ぎ。
今まで担ぎ上げてた罪滅ぼしのつもりなのか?
『時代の寵児堕ちる』
とか言ってるけど、元々大っ嫌いだった私からしたら、
時代の寵児でもなけりゃ、堕ちてもいない。
だって最初から持ち上げてないから。

今朝のスーパーモーニングでは
「今まで僕らが擦りこまれてきた彼のイメージは
 いったいなんだったのかと昨日から考えてしまった」
とアホキャスターがお悩み中だった。
あまりの馬鹿っぷりに気の毒にすらなる。
そういう個人的な感情を電波で垂れ流すな。
あんたが持ってたイメージなんて知らないっつーの。
悪いけど一緒にしないでちょうだい。
ヤツがどんなイメージを持っていたのか知らないが
ホリエモンに何を期待して、何を求めていたのか?
何をがっかりしているのか?
ついこの間まで、雪で孤立した集落の人たちに
「行政に言いたいことは?」などと正義の味方面をして
暮れには偽装マンションの住民が気の毒だと
声を荒げて涙を流していたような人だから仕方ないか。

おまけに民主党の前原くんは
「選挙の応援をした自民党の同義的責任」
とか言い出すし。いつの間にか
民主党→ホリエモンに断った
ことになってるけど
ホリエモン→民主党に断った
んじゃなかったっけ?
私は忘れてないからね。
なんてったって隠れ民主党ファンだから。
悪いけどどっちも大差ない。
鬼の首取ったみたいな顔で言わないで下さい。前原さん。

昨日はホリエモンが四年生の時の文集が
引っ張り出されていた。
悪いことをした人のさらし者アイテム『文集』。
最近は悪いことをすると必ず文集が登場する。
とうとうホリエモンの文集もお目見えだ。
そこに書かれていた彼の趣味は「お金集め」だった。
なんだかあまりに気の毒で胸が痛んだ。
彼はどんな子供時代を過ごしていたんだろう。
健全な子供は間違ってもこんなことは書かない。

子供をホリエモンみたいにしたいなんて
マスコミに乗せられただけの、空っぽの夢を見て
ヤツの本を買って、子供のうちから株をやらせている
馬鹿親を以前ワイドショーで見たことがある。
あの馬鹿親たち、今頃きっと
「お金は儲けてもいいけど、法は犯しちゃダメよ」
なんて立派そうなことを子供に言ってるんだろうな。

容易に想像がつく。

posted by ぐうたら主婦 at 15:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。