2005年12月08日

友人の夫

昨日、友達の家に遊びに行って来た。
夏に男の子を出産した後、彼女が乳腺炎になったり
ぎっくり腰になったりで本当に苦労していたため
テイクアウトの寿司とプリンを手に
「今日は子守もしちゃうよ〜」
なんて言いながら、久々の再会を楽しみに出かけた。
久しぶりに会う友人はすっかり母になっていたが
「出産は「あれ?これで終わり?」ってくらい楽だったのに
 子育ては何百倍も大変でさぁ。毎日ホントにヘトヘトだよ。
 一年って決まってる(育休の期間)からやれるんだけど、
 私にはこの生活は向いてないわ」
と、相変わらずの力の抜けっぷりにホッとした。
というのも、子供を産んだ途端に遠い存在になってしまった
友人も過去に何人かいたからだ。
でも、それは子供を持つことで生活が一変し、
行動パターンが変わるのだから仕方ないと思っている。
子育てに真面目に取り組む人ほど、そうなってしまう。
だからというのも妙だが、私には彼女のこの淡々とした
のん気な子育てぶりがうれしかった。
彼女はそういう大らかな人だ。

昼ごはんを食べ終わり、子供がぐずり出したので
私が後片付けをしに台所に行くと、台所に生活感がない。
完璧に掃除がされていてピカピカなのだ。
「忙しいのにきれいにしてるなぁ」
と感心してトイレを借りると、トイレも同様。
次に洗面所で手を洗うと洗面所もピカピカ。
まるでホテルのようなのだ。驚いて
「○○ちゃん、すごいきれいに掃除してるんだね。
 子供いるのに偉いわ〜」
と褒めると彼女の顔が曇った。
「それ、私じゃないんだってば〜。もう、聞いてよぉ」
と、待ってましたとばかりに話し出した。
聞くと、ダンナが異様に水周りにうるさいんだそうだ。
しかし彼女は私並にずぼらだ。案の定
「私なんて、全然そういうの気にならないから
 洗面所なんて3日に一度くらいしか掃除しないよ」
と言う。正直、私も専業主婦のくせにそんなもんだ。
いばれたことじゃないが私は掃除が大嫌い。
ぐうたら主婦、ここにあり。
しかし、彼女のダンナは気に入らないらしく
彼女が育児休暇で家にいるようになってからというもの
「一日家にいて、気にならないの?」
などと、ネチネチ嫌味を言うらしい。
彼女も当初は自分のズボラさ反省して毎日掃除をしていたが
掃除をしても文句を言われるので、もうやめたんだと言う。
「だって、やり方がなってないって怒るんだよ。
 「なんでこの程度の完成度で満足するんだよ」
 ってブツブツ言いながらダンナがやり直すの。
 まぁ、やってくれるならいいかと思ってほっといてる
 んだけどさ、お前は姑かよって言いたくなるよ」
と、かなりご立腹の様子だった。
それじゃあ私でも頭にくる。人のダンナながら
「だって、彼だってここで生活してるんだから
 自分の汚れじゃんねぇ。やるなら黙ってやればいいのに」
などと、ついつい煽ってしまった。すると
「でしょ〜?私は掃除するために家にいるんじゃないっつーの」
「黙ってやってくれれば感謝の気持ちにもなれるんだけど
 「何で気にならないんだろう」とかブツブツ言いながら
 やられるとホントに頭にくる」
と止まらなくなってしまった。

私たちには非常に愛想もよく、腰の低い彼女のダンナに
そんな意外な一面があるとは…。帰宅後、ダンナに話すと
「気持ち悪いヤツだな」
と一言。うーーん。私も同感。
ていうか友達も、すっかりあきらめ顔でそう言っていた。
「あんな気持ち悪い人だと思わなかった」
…結婚しなくちゃ分からないことってあるもんだなと思った。
posted by ぐうたら主婦 at 12:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。