2005年09月12日

民主党惨敗

このタイトルでブログを書くのは2回目になる。
前回は宮城と福岡の補欠選挙のときに書いた。
あれから5ヶ月、何の軌道修正もなされないまま
総選挙を戦った岡田民主は大惨敗で選挙は終わった。

結果は周知の通りで、今さらここで書くことでも
ないので辞めるが、あまりの自民党の強さと
民主党の相変わらずのバカっぷりに心底驚いた。

民主党の敗戦の弁をいくつか聞いたが、
二言目には自民党のメディア戦略に負けた…云々。
菅直人なんて
「小泉さんの催眠術に都市部がやられた」と…。
どうも敗戦の要因は、連日のテレビの報道が悪く
有権者が自民党の内部抗争と小泉首相の
目くらましに騙されて、催眠術にかけられたまま
白紙委任したことが原因なんだそうだ。
今まで自分たちに票を入れてくれていた都市部の
無党派層という人たちの投票行動が
「催眠術」によるものだとはどういうことなのか?

一生言ってろ。

また私たちのせいなんだそうだ。
民主党の素晴らしさを分からない私たちが
バカなんだそうだ。

選挙中、岡田さんが言ったこと
「この四年間を振り返って下さい」
「賢明な有権者の皆さんは気付いているはず」
「政権交代が実現しない限りこの国は変わらない」
「日本を、あきらめない」
私たちは振り返ったつもりだし、賢明な有権者のつもりだ。
自民党を勝たした国民は、賢明でない=バカ
だと言うのならば、バカにも分かるように
「自民党がいかにダメか」ではなく
「民主党がいかに素晴らしいか」をご説明頂かないと
バカには理解できない。
しかも、政権交代しなくても変わってきたな…
という実感が残念ながら少なからずあるのだ。
いくら小泉さんの悪口を言っても、それでは
誰も投票しないだろう。
それに私は、一度も日本をあきらめたことはない。

とにかく民主はCMから演説に至るまで何から何まで
ネガティブキャンペーンだった。
民主党はホントに政権取る気があるんだろうか?
そんなにバカにしていた自民党なんかに惨敗した事実を
しっかり肝に銘じて、謙虚に敗因を分析して欲しい。

岡田代表は早速辞任表明。
次の代表は誰になるのかな〜と思っていたら
菅直人や小沢一郎の名前が挙がっているそうで…。
ダメだ、こりゃ。の一言だ。
トコトン、民意というものが分かってない。
菅直人なんて、また総理への道がほんの少し開いて
ニヤニヤしながら根回しに奔走してる気がする。
まるで昔の自民党だ。

昨夜の深夜の民主党の開票センターの記者会見場。
カメラの前にたった一人で現れた岡田さんを見て、
民主党内部がどれだけガタガタなのかを痛感した。
せめて選対本部長くらい一緒に出てこられなかったのか。
公示数日後に枝野や蓮舫が選挙対策本部で
「郵政民営化による自民党の追い風は選挙前半で
 終わるはず。終盤には政策論争になっているだろう」
と何を根拠にか知らないが自信満々で語っていた姿が
目に浮かぶ。
あんたたちはお咎めなしですか、そうですか。
ミスった時には知らん顔な人たちを信用できるわけがない。

posted by ぐうたら主婦 at 16:39| Comment(4) | TrackBack(3) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。