2005年09月02日

笑うアキバ男

今日は月に一度の皮膚科通院日だった。
人気の皮膚科で、いつも非常に混んでいるが
私が行く平日の昼間の待合室はいつも子供連れで
いっぱいで、母親たちは子供がどんなに騒ごうとも
もはや注意すらしない無法地帯だ。
そんな喧騒の中、私は本を読んで会計を待っていた。

すると、隣にいた男が突然「ククっ」と笑い出した。
何だ?気持ち悪いなぁ。と横目でチラッと見ると
いわゆるアキバ系の男がテレビを見ながら笑っている。
私もつられて画面を見ると

『愛知万博のキッコロゴンドラで
 AVの撮影をしたバカモノが書類送検』

というニュースだった。たしかに可笑しい。
私もバカバカしさに吹き出しそうになった。
が、こらえた。
いくら何でもこんな場所で笑うわけにはいかない。
ここは健全な場所だ。品性が疑われる。
案の定、子供連れのママたちは複雑な顔だ。
子供たちは意味が分からないから相変わらず大騒ぎ。
可笑しいけど、ガマン、ガマン。

アナウンサーは続ける。
「キッコロゴンドラの中で女性が裸になり
 男性が胸を触るシーンなどを撮影」
さらには
「プロデューサーは万博モノを撮りたかったと話している」
と…。
それにしても、AV業界ってのは女には理解できない世界だ。
ここまで聞かされると、今度は気恥ずかしさの方が増してきた。
一家団欒の時に、突然ラブシーンが始まった時のような、
あのなんとも言えない困った感じだ。
仕方がないので、私はまた本に目を落とした。

しかし、隣の男はまた「ククっ」と笑っている。
相当、このニュースが面白いらしい。
「自宅じゃないんだから、ちょっとガマンできないのか」
と、私が次第にこの男にムカムカしてきたその時、
男にトドメの一言がもたらされた。

「警察はビデオを見た市民からの通報で捜査していた」

これを聞くと、隣の男はこらえらきれないという様子で
とうとう下を向いて吹き出した。
そんなにおかしいか?
可笑しいけど、ガマンできないほどおかしいか?
しかも、笑うならもっと明るく笑ってくれ。

私の周りの人たちが一斉にこちらをチラッと見た。
向かいのおばあさんは明らかに嫌そうな顔をしているが
もちろん、本人は全く気にする様子はない。
1人で笑ってるだけでも浮いているのに
笑いのツボがAVネタなのは、かなり浮く。
彼は浮きまくり、私たちは引きまくり。
周りの人たちは彼が笑っている間中、チラチラと
何度もこちらを見ていた。
本人は最後まで楽しそうだったが、あの鈍さは公害だ。
間接的なセクハラだ。

キッコロのゴンドラでAV撮影した奴らも、
公共の場所でAVネタに過剰に反応する男も
メイワク度合いは大差ない、いや、今日の男の方が
私にとってはメイワクだった。
posted by ぐうたら主婦 at 14:29| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。