2005年08月20日

避難訓練の合言葉

先日書いた地震の話題で、
私が小学生の頃、学校の避難訓練で教えられた
「あおい空」について書いたところ、皆さんから
全国の色々な合言葉を教えてもらいました。
ローカルネタ好きな私のツボに入ってしまって
面白いので、まとめさせていただきます。

まず、私の育った静岡県は「あおい空」。
あ=あわてない
お=押さない
い=言わない
で「あおい空」だ。何故か空がつく。
静岡なら海でも良さそうだが、うちの小学校は空だった。

そして、ワカオクさんの育った埼玉県。
お=押さない
か=駆けない
し=しゃべらない
「おかし」…なんとも可愛くって微笑ましい。
子供が好きなものに掛けているところが偉いと思う。
ちゃんとできたらお菓子がもらえそうな気分になる。

次にairjさんが育った北海道と東京情報。
北海道は埼玉と同じく「おかし」だそうだが
東京は
お=押さない
は=走らない
し=しゃべらない
で「おはし」だそうだ。
「おはし」…お菓子の可愛さにはかなわないが
大人たちの語呂合わせの努力が感じられて、いい感じだ。
ただ、走ってはいけないことを「駆けない」と言い換えれば
「おかし」になったのに、おかしに比べて華やかさに欠ける。
実に惜しい。

さらに合言葉はないがえぬこさんの地域(場所は不明)は
なんと自分の右手で左手を抑えながら訓練したそうだ。
前の人を押さないように…という事らしい。
将棋倒しを防止するには自分の手を自分で抑えちゃえって
なんだかすごい荒業だ(笑)。
うまいスローガンが見つからなかったのか、元々スローガンという
発想がなかったのか分からないが、荒っぽくて可笑しい。
逃げる時に両手をふさいでしまうのは、少々実用性がないようにも
思えるが、これも苦心の結果なんだろう。

共通して言えることは、
「落ち着いて粛々と避難しなさい」
と言うことらしい。子供にそれを伝えるために
大人たちはいろいろと苦心して考えてくれていたのだなぁと
今はありがたく思える。(当時はバカにしていたが)
避難訓練という非日常に浮かれて騒いでいる私たちに
「先生たちは地震じゃなくて空襲から命がけで逃げたんだ。
 訓練をいい加減にしていたら、本当に命を落とすぞ」
と怒鳴った先生もいた。
あの頃は戦争を体験した先生たちもまだ現役で、
避難する時に人間がどれだけ混乱するかということを、
リアルな現実として知っていたんだろうなと今は思う。

今の子供たちはどんな避難訓練をしているんだろう。
地震が来たら私は子供の頃の合言葉を思い出したいなと思った。
posted by ぐうたら主婦 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。