2005年08月02日

議員の死

昨日の自民党永岡議員の自殺を受けて
早速マスコミが郵政民営化と結びつけて騒いでいる。
そして嘘泣きと共に登場したのが亀井静香と
何故だか記者会見を開いて執行部批判している平沼赳夫。
ホントに最低な人間ってのはこういう人たちのことを
指すんだろうな。
遺書もないのに、なんで郵政民営化に賛成票を投じた
ことが原因だなんて決め付けるのか?
永岡さんに失礼だ。
天下の衆議院議員が自分で考えて出した結論が
「賛成」
だったんだぞ。
民主主義を冒涜してるのはどっちよ。

事務所のスタッフは
「賛成票を投じたことについては悩んでいなかった」
と言っている。私が秘書でもそう言う。
自分のボスが執行部からの圧力で意見を曲げた挙句
自殺してしまう人だったなんて決して世間に言いたくない。
いいスタッフを持っていたんだな、と思った。
なのに、だ。
亀井「政治家は自分の信念で行動すべきだ。
   執行部といえども行き過ぎたことをしちゃいけない」
平沼「執行部からプレッシャーがかかって、政治信条を
   強引にねじ曲げられたことを相当悩んでいたと思う。
   今の強権的なやり方の犠牲者だったんだと思う。
   後に残るわれわれが無念の気持ちを果たすため
   一致団結して頑張りたい
   (反対から賛成に転じた永岡氏が派内で批判されたと)
   官邸筋、執行部筋から腹立たしいことが流布されているが
   聞き捨てならない」
綿貫「政治家は自分の信念で行動すべきだ。
   執行部といえども行き過ぎたことをしちゃいけない」
だと。永岡さん、なんでこんな派閥に入っちゃったのよ。
もはや『打倒小泉』しか頭にないこの人たちにとっては
自分の発言が、仲間を貶めているという感覚はないんだろうな。
反対派の結束のためなら仲間の死も利用するんだこの人たちは。

そもそも永岡さんは『賛成票』を投じたんですよ?
それでなんで執行部からの圧力で死ななきゃならないのさ?
賛成票を投じたことが自殺の原因だとして、
死にたくなった原因となる圧力がどこからのものかなんて
郵政に興味のない国民だって、ちょっと考えれば分かる話だ。
こんな悲しい事件を利用してまで小泉降ろしをやろうとするから
「中二階」とか言われるんだっつーの。

肝心の民主党は民主党で、すっかり選挙モード。
自民党が手放した特定郵便局の持つ組織票を取り込もうと
今頃は選挙区で躍起なんだろうな。
まったくどいつもこいつもサイテーだ。
私はヒマ人なので国会審議をよく見ているが、審議を何度聞いても
民営化反対とゴネてる人たちは、郵便局の組織票が欲しいか
財政投融資の資金ストップがどうしても困るかのどちらかの
グループに属しているとしか思えない。
とにかく郵便局は政治家にとって旨味たっぷりの組織なんだろう。
こんな美味しい組織の解体なんて小泉さん以外に誰がやるって
いうのさ。私はさっさと民営化して欲しい。
「1人の議員を死に追いやるほどの法案とは思えない」
なんて言ってるマスコミ。バカも休み休みにしてちょうだい。
posted by ぐうたら主婦 at 17:57| Comment(5) | TrackBack(4) | 国会中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。