2005年07月11日

自転車盗まれる

今朝、ダンナが会社に行こうとしたら
自転車がアパートの駐輪場から忽然と姿を消していた。
「自転車がない〜」
とダンナが悲しそうな声で家に戻ってきて、
時間もないのでとりあえず車で駅まで送ったのだが、
道すがらアホな私たち夫婦は二人で
「あれ?駅に置いてきたのかな?最後に乗ったのいつだっけ?」
などと、ドロボーよりもまず自分たちの記憶力の
なさを責めることになった。
でも、やっぱりどう考えても盗まれたのだ。
家にカギがあることが何よりの証拠だ。なのに
「間違いないよね?ホントに盗まれたんだよね?」
などと二人で何度も確認しながら別れた。
老化現象だろうか?先週末のことすら思い出せない。
そんな状態なので、
何故か結局ドロボーには今もあまり腹が立たず終いだ。
出鼻をくじかれたって感じだ。それよりも
また買いなおさなくちゃなぁ。。。
という現実的な問題に大きくがっかりした。
ビンボー臭くてお恥ずかしゅうございますよ、まったく。

家に戻り、掃除などしていたら、ふと「あるある大辞典」で
「火災保険は盗難に適用されることがある」
と言っていたような気がしてきた。
軽くワクワクしながら保険証券を引っ張り出すと、
本当に『盗難』という泥棒が家に侵入する絵の横に○がある。
ダメ元で聞いてみようと思い、保険会社に電話をしてみた。
すると、あっさりとOK。
初めて「あるある」が役に立った瞬間。
一気に元気が出てきた。
既にドロボーはどうでもよくなっているゲンキンな私。
いくら補償してくれるのかはまだ分からないが、
とりあえず現実的な悩みから開放され、ほっとしてしまった。
すると、オネエさんから
「警察にはもう届けられましたか?」
と聞かれた。「いえ、まだです」と言うと、
すぐに届けるように指示された。
そりゃ、そうだよなぁ…。
警察より保険会社を先に連想した自分に情けなくなりながら
午後は交番へ。
クーラーのない、暑苦しい交番で書類を作ってもらった。
するとおまわりさんが
「後で、実況見分に伺います」
と言う。何だか大げさになってしまって恐縮してしまう。
「すみません、お忙しいのに」
と言うと
「お宅の自転車が何か犯罪や事故現場に残っていたら、一番最初に
 事情聴取させてもらうのは○○さんになっちゃうんですよ。 
 そういうケースが最近よくありましてね。
 たかが自転車なんて思わずに届けてもらっていいんですよ」
と言ってくれた。
なるほど…。それは困る。届けてよかった。

それにしても、あちこち抜け落ちている自分の思考回路には
がっかりさせられた一日だった。
「自転車盗まれる→警察に届ける→保険会社」
が常識ある大人の問題の処理の順番だろう。
なのに私は
「自転車盗まれる→盗まれたかどうかすら自信がない→
 新しい自転車を買うことを考える→痛いなぁ→
 保険会社→指示されてようやく警察」
だ。警察にたどり着くまでに何時間かかってるんだ。
まったく情けない。
そして、つい先ほど会社から電話をしてきても未だに
「もし、駅にあったらどうしよう」
などと言っているダンナ。まさに類は友を呼ぶだ。
ドロボーへの怒りはもう沸いてきそうもない。


posted by ぐうたら主婦 at 19:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。