2005年07月09日

人気者の定義

今朝、スポーツ新聞を読みながらダンナがいきなり
「なんだ?これ」
と怒り出した。
オールスターファン投票の一塁手部門で清原が1位に輝き
セ・リーグを率いる落合監督がすぐさま指名したのが
『四番・清原』だという記事があるのだそうだ。
「自分のチームでもあんな成績で6番打ってるヤツが
 なんでオールスターの4番なんだよ」
とずいぶんご立腹だ。
聞けば、清原は今のところ規定打席打率最下位なのだ。
そりゃ、確かに変だ。
ファン投票では阪神の4番を打つ金本も選ばれている。
どう考えても清原が4番を打つなんておかしな話だという
ダンナの意見はもっともだ。

しかし、それ以上に清原が1位で選ばれていることに
私は違和感がある。成績がいいのなら文句はない。
なんてったって規定打席打率の最下位なのだ。
以前、二年以上も一軍で登板していない
中日の川崎憲次郎投手がセ・リーグ投手部門の1位になり、
出場を辞退したことがある。
インターネットを使った嫌がらせではないかと言われた
この事件だが、それを受けて川崎投手は辞退した。
あの一件を考えると、これもまたさっぱり打たない清原への
悪質なファンからの嫌がらせっていうならば、まだ少しは納得できる。
ところが、清原は選ばれたことを「光栄」だと言い
新聞も「清原は人気者」という前提で記事を書いている。
しかも落合監督からは4番のご指名だ。
川崎の1位は不可解な珍事で
清原の1位は人気の証
ということになってしまうその境界線が私にはよく分からない。
打率最下位だろうが、ファン投票では1位。
ペナントレースの首位を走るチームの4番がいても
オールスター戦で4番を打つのは清原。
それがまかり通るほどの人気が未だにあるということか。
まるで、抱かれたい男ナンバーワンのキムタクさまだ。
私の周りにはファンがも一人もおらず
視聴率=打率もそんなにいいわけでもなく
そもそも何で未だにこの人なのかが分からない
いい年をしてオレ様キャラが売りの
キムタクさまと男・清原和博。
私には、この二人の何がそんなに魅力的なのか
残念ながらさっぱり分からない。
もう、こんな人気投票ならやめてしまえばいいのに
と思う。

050709-170950.jpg昨日はダンナとナゴヤドームへ。
(ひどい写真ですみません)
私の好きな阪神下柳と中日山本(敵だけど実はファン)
の先発でとってもうれしかった上に
阪神が6連勝を飾り、楽しい一日になった。
日帰りを敢行したので、今日は疲れて昼まで
ウダウダ寝てしまった。
posted by ぐうたら主婦 at 18:31| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。