2005年06月22日

カード情報流出

カード情報流出の被害は大変な額になってきているが、
我が家で3月に発覚したカード不正使用騒動で偽造された
アメックスの名前は今回は挙がってきていない。
でも、うちもアメリカで使っているし、何か関連があるんじゃないの?
いや、あるはず。きっとあるさ。
と決め付けて朝からいろいろと検索していたら
うちと同じような被害に遭った怒れるOL1号さんのブログを発見した。
状況がとってもよく似ている。
怒れるOLさんはおととしの1月にハワイで使用したカードだそうだ。
我が家はおととしの11月にラスベガスとロサンゼルスで使用した。
ちょっと時期がずれているが同じアメリカで同じ年に使っている。
同じ方法で情報を取られたと考えてもいいんじゃないかと思った。
でも、そうなると今回のカード情報管理会社の不始末とは別に
我が家の情報はスキミングか何かによって流出したことになる。

つい先日、普段はガソリン専用のカードでDVDを買ったら、
すぐにカード会社から『本当に買いましたか?』
という確認の電話がきた。本当に自分たちで買ったのだが
普段と違う使い方をしたので連絡をくれたらしい。
でも、それは普段の使い方のデータがあるってことだ。
自分と同じような使われ方をした時には
不正使用だなんて気付いてもらえないんだろうし
そんな時はどうやって自分が使っていないことを証明すればいいのか?
しかも、その普段の使い方のデータが盗まれることはないのだろうか?
などと、いろいろ考えていたら
あんな小さなプレートをお金代わりに使っていること自体が
そもそも間違いな気がしてきた。
被害者を装って補償金を巻き上げる輩もそのうちに
間違いなく出てくるような気がするし、
カード社会はこれからどんな形になっていくんだろう・・・。
ネットで本を買ったり、カード決済が必要な時は必ず
あるのでまったく使わないわけにいかないんだけど
偽造されてからはやっぱりカードを使う時には躊躇してしまう私。

posted by ぐうたら主婦 at 14:42| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。