2005年06月09日

サッカーと愛国心

サッカー日本代表がW杯出場を決めた。
私は静岡県民なので、Jリーグも年に何度も見に行くサッカーファンだが
何故か今回はあまり盛り上がらない。
「よかったね」程度にしか
気持ちが高ぶらない自分がちょっと寂しいくらいだ。

理由は、鹿島の選手ばかりの代表選考が気に入らないだけでなく
テレビに愛国心を煽られるのがもっと気に食わないのだ。
しかも、もともとひねくれた性格なので
みんなが青いTシャツを着て「ニッポン ニッポン」
と騒いでいるのを見ると気持ちがどんどん引いていってしまう。

事の始まりは前回のW杯だ。
日韓共同開催だということでなぜか私たち日本人は、
マスコミから日本だけでなく韓国の応援もするように仕向けられた(気がする)。
初めの頃は「そうだな、共同開催だし」なんて思っていたのだが
いざ始まってみれば、あの国の人たちがしたことといえば、
ソウル市内でわざわざ日本戦のPVを開催して日本の対戦国の応援だ。
今さら驚きはしなかったが、こんな国と共同開催する意味って
本当にあったのか?とものすごく疑問に思ったし、
あの国に横行する歪んだ愛国心をまざまざと見せつけられて、
ほとほとがっかりしたものだった。
一方の日本人は自分の国だけを熱心に応援しているのだから
実に正当なナショナリズムの表現だろうとは思ったが
それにしてもあまりの熱狂ぶりに驚いてしまった。
いつからこんなに君が代が好きな日本人が増えたんだろう?と。
靖国はダメだけど、サッカーなら中国や韓国も怒れないので
何かで愛国心を表現したい人があれだけいるってことだとすれば
そんなに悪いことでもないな、と思いながら見ていたが
熱狂している背景はどう考えてもマスコミに先導されている
ようにしか思えなかった。
応援の教科書どおりに陶酔した表情で君が代を大合唱しながらも、
テレビに言われるがまま、ご親切に韓国の応援までしてあげる日本人と
自国の応援だけではこと足りず、憎き日本の対戦国まで
必死の形相で応援する韓国人の二つの姿を眺めるはめになったことで、
悲しいことに私の応援熱はどんどん醒めていってしまった。
スポーツにナショナリズムを投影することが
ものすごく馬鹿げて見えてきてしまったのだ。
そんな気持ちが3年経った今でもまだ回復しないらしい。

そんなわけで、もともとサッカー好きだった私にとっては
弊害ばかりが残った日韓大会だったが
多くの日本人がこんなにサッカー好きになったのは
やっぱりあの大会の成果なんだろうと思うと皮肉だ。
かの有名なドーハの悲劇の時は
地上波は生中継じゃなかったことを思い出すと感慨深い。
あの日はBSが見られる私のアパートに
男友達が5人くらい押しかけてきて飲み会を開いていた。
当時はまだサッカーは男の楽しみだった。
私は静岡出身だから馴染みがあるだけで
女の子のサッカーファンなどほとんどいなかったように思う。
それが今はこの熱狂ぶりだ。
老若男女、昨日はサッカーに熱くなったんだろう。
もうこれくらい日本人に浸透すれば十分だろうと思うのだが、
最後に一言。
なんで今さら香取慎吾が応援団長なのさ?テレ朝。
一体これ以上、どんな層をサッカーに呼びこみたいのよ。
カビラだけでもこっちが恥ずかしくなるウザさなのに
香取慎吾は激しく余計だ。あの二人が画面に出てくると
「もう許して下さい」
と謝りたくなるくらいつらい。
ドイツに連れてくのは経費と電波の無駄なのでやめてほしい。
民放の中継は見なけりゃいいんだけど。

やっぱり今日、こんなこと言う私はひねくれてるんだろうなぁ。
posted by ぐうたら主婦 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。