2005年05月23日

仙台市長選挙

我が家は夫婦揃って選挙が大好きだ。
国政選挙の日なんて朝からワクワクしてしまって
酒を飲みながら深夜まで選挙速報を楽しむ。
選挙当日までは自民と民主の議席数を予想して楽しむ。
ちなみにダンナは結婚するまで一度も選挙に行った事がなかったが
私の影響で今では県内の市町村長選挙まで楽しんでいる。
共通の関心事のひとつだ。
そんなダンナが昨日、面白い話を2ちゃんねるで見つけてきた。
先日行われた衆議院補欠選挙の宮城二区で、
そもそも補選の原因を作った鎌田さゆり氏が自分の後任候補者の
門間ゆき子氏の応援演説をしていたらしいのだ。
選挙終盤で門間氏劣勢のためにイチかバチかで駆りだされたらしいが
福岡二区でペパーダイン古賀がヤマタクの対抗馬の車椅子の男性と
一緒に手を振るようなものだ。
福岡のヤマタクに気を取られていて、まさか宮城でこんなことが
繰り広げられていたとは知らなかった。
しかも驚くことに選挙区民のウケは良かったらしい。
鎌田さゆりって選挙違反で失職してるんですが・・・。
仙台市民の皆さん、もちろんご存知ですよね?
などと念のため聞いてみたくなる。
門間氏は落選しているので、必ずしも成功したわけではないんだろうが
ウケが良かったとすれば仙台市民の懐の深さには感動すら覚える。
その選挙違反自体が本人とは遠いところで起きたことだから
という認識が少なからずあるようだが、しかし連座制とはいわゆる
「秘書がやりました」
で政治家に責任逃れをさせないためにできた制度のはずで
「秘書がやりました」は自民党の得意技だったはず。
今や民主党も言っちゃうのか?と、私なんかは思う。
仙台市民でもそう思った人はいたはずだ。
選挙に駆り出したらそう思われても仕方ない。
民主党さん節操なさすぎ。

しかも驚くことに
7月の仙台市長選挙に出馬する気も満々らしいのだ。
ホントの話なんだろうか?未だに信じられない。
出馬する気になっている鎌田さゆり本人もすごいが、
もしこれで市長に当選したら仙台市民恐るべしだ。
よその市の首長に誰がなろうが、市民がいいって言うなら
私には何の異存もないが、国政選挙並に気になる。
まだ正式に出馬表明はしていないみたいだが、こうなったら
ぜひとも鎌田さゆり氏には出馬して欲しい。
どんな結果が出るのか見てみたい。
お国柄というのはあるだろうが、これが仙台のお国柄なんだろうか?
なんでも許してくれる寛容さがあるということか。

楽天もいい場所をフランチャイズにしたものだ。続きを読む
posted by ぐうたら主婦 at 14:53| Comment(23) | TrackBack(7) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。