2005年05月19日

ビバヒルを懐かしむ

「ビバリーヒルズ青春白書」のブランドン役の
ジェイソン・プリーストリーが結婚したらしい。
あまりに懐かしくて、思わず反応してしまった。
高校白書の頃から見始めたのだが、
人種差別やAIDS、ドラッグやアルコール依存症などの
当時のアメリカの高校生が抱えていた問題を真摯に
とりあげてくれたこのドラマに、
私は既に大学生だったのだがものすごく夢中になった。
彼らの方がずっと大人に感じられたし。
が、最後の頃は単なる恋愛ドラマになってしまった感があり
かなりどうでもよくなっていたのに、文句を言いつつ
ドナとデビッドの結婚式の最終回まで見切った私。
「結局、デビッドかよ」なんて文句を言いながらも
「あぁ良かったね、ドナ」
なんて親戚のおばさんのように泣いてしまった私。
だからといって、今回のジェイソンの結婚に
今さら何か感慨があるわけでもないんだけど、
とにかく懐かしい。

新婚旅行で立ち寄ったロサンゼルスに
ビバリーヒルズ青春白書のロケ地を巡るツアーがあり、
すごく行きたかったのだが、ダンナに
「だって俺、一度も見たことないもん」
と悲しそうに言われて、私も一度も見たことのない人なんかと
行っても楽しいわけがないということに気付き断念した。

見たことのない人にとっては
ブランドンとブレンダの家を見てもただの古い家だろうし、
彼らが通っていた高校を見ても「だから?」と思うだろうし、
ビバリーヒルズ通りの看板を見てもますます
「だからこれが何なんだ?」
だろう。やめて良かった。

でも、何かのついでに見てみたいブランドンの家。
きっとただの家なんだろうと思うけど。
とにかくおめでとう、ブランドン。
いや、ジェイソン。
posted by ぐうたら主婦 at 11:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。