2005年05月12日

シュウトメとの関係

今日はシュウトメの買い物に付き合うという
史上初の快挙を成し遂げてきた。
いつもは「はぁ?」と言いたくなるような発言ばかりの
シュウトメだが、昨日は私の行為が相当うれしかったらしく
私の逆鱗に触れるような言葉は一つもなかった。
何故、そんな似合わないことをしたかというと
私の知り合いの店に行きたいと場所を聞かれ、
当初は勝手に行ってもらうつもりだったのだが、
何だか可愛そうになってしまい、車を出すことにしたのだ。
ついでに店の近所にある私の実家にも顔を出してきた。

それにしてもうちのシュウトメにはいつも気になることがある。
会うたびに、大量にいろいろなものをくれるのだ。
先日の日曜日の母の日に訪問した際には
じゃがいも、新茶、キャベツ、トマト
酒まんじゅう、チョコレート山盛り お土産の牛タン等を
たっぷり頂いてきた。ちなみにダンナの実家は農家でも
土産物屋でもない。すべて人からの頂き物らしい。
それからまだ4日しか経っていない上、外で会うのだから
さすがに何も持ってこないだろうと思っていたら
これから買い物だというのに、やはり大きな紙袋を持っていた。
嫌な予感はしたのだが、買い物とランチを済ませ、
私の実家に寄った時にその全貌が明らかになった。
グリーンピース、柏餅、新茶、ネックレス、ブレスレット
等が次から次へと出てきた。
柏餅とグリーンピースは私の実家の分もあった。
ネックレスとブレスレットは自分が使わなくなったものを
私にくれたのだが、グリーンピースと新茶は頂き物、
柏餅はわざわざ美味しい店から用意して来てくれたらしい。
和菓子しか用意していなかったうちの母は
「何も差し上げるものがなくて・・・」
と恐縮していた。私もありがたいのだが、たまに困惑する。
特にネックレスやブレスレットを実母の前でもらうのは
何だか少し複雑な気分だった。

人からのもらいものが多くて困る

とシュウトメはいつも言うのだが、
多分、義理のプレゼント交換の連鎖の結果だろうなと思う。
人から何かしてもらったらすぐにお返しをして、またその人が
何か持ってくる。それを永年繰り返してきた結果だろう。
シュウトメとそのお友達や親戚の行為を見ていると
おすそ分けというには、かなり度を超したモノのやり取りがある。

しかも、昨日のように単純に善意でやったことのお礼に
こんなにモノをもらうと何だか少し悲しくなる。
私が大好きな和食屋さんでのランチもご馳走になったのだし、
ありがとう
の言葉があれば十分なのに、とバチ当たりなことを思った。
それとも、これくらい大げさに感謝の気持ちをあらわさないと
私にモノを頼みづらいということだろうか・・・と少し反省してしまった。
シュウトメとの関係は本当に難しい。
posted by ぐうたら主婦 at 22:22| Comment(7) | TrackBack(0) | シュウトメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。