2005年05月06日

自分の頭で考える

JR福知山線の脱線事故の当日、私は一日中事故現場の映像を見ていた。
テレビ局のヘリコプターが上空に到着した頃には既に
ヘルメットをかぶった作業着姿の大勢の人たちが壊れた電車によじ登り、
救助活動をしている姿が見えた。
救助活動をする人=レスキュー隊だという思い込みで、
彼らをプロだと思い込んで見ているうちに、
いつも見慣れたオレンジ色の制服を着た本物のレスキュー隊がやってきた。
「じゃあ、あの人たちは誰?」
と、あの日からずっと謎だったのだが、最近それが判明した。
彼らは近所の「日本スピンドル製造」という会社の人たちだったのだそうだ。
事故を知った社長が、即座に工場の生産ラインをストップさせて
全社員を救助に当たらせたらしい。
その際の社長から指示は「安全管理 人命優先」だけだったとのこと。
それだけの指示で、レスキュー隊よりも早く現場に到着して、
全員がてきぱきと動いていた。
普段から危険物を取り扱っているために、常に危機管理の意識があるのだそうだが、
それにしても素晴らしい人たちだ。
事故の報告を受けても現場を離れるように指示するプロもいれば、
現場に駆けつけるように指示する一般人もいたということになるが
同じ出来事に対する、この感受性の差はなんだろうかと思う。

JR西日本の社員のトホホな行動が非難されているが
果たして日本中の人がスピンドル製造の皆さんのように動けるのか?
とちょっと疑問になる。
JR西日本という会社だけに日本中の無責任な人たちが
集まっているわけではないはずだ。
いつも自分の頭で考えて行動すること、自分の身近に
危機的な状況が起きることをいつも心に留めておかなければ、
何の疑いもなくボウリングをしようとしているアホ上司に
「今はボウリングどころじゃないだろう」
と言う面倒を避けてしまう危険性は誰でも十分にあるんじゃないかと
思えてしまうのだ。
マスコミと一緒になってJR西日本の体質だけを責め立てて、
彼らだけがおかしい人たちだなんて片付けていたら、
いつか自分にもとんでもないしっぺ返しがきそうな気がする。
いつも自分の頭で考えるクセをちゃんとつけておこうと思う。
posted by ぐうたら主婦 at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。