2005年03月14日

シュウトメ襲来

週末、久しぶりに義理の父と母が我が家にやってきた。
私がバレンタインにお義父さんにあげたチョコレートのお返しを
持ってきてくれたのだ。お義父さんは相当喜んでくれたようで
お返しにはお義母さんお見立てのAGATHAのネックレスをいただいた。
いい嫁をやると後々大変なので、なるべくいい子にならないように
極力、嫁らしいことは避けている私だが、お義父さんはとってもいい人
なのでバレンタインと父の日くらいはついつい、いいヨメをしてしまう。

しかし、問題はお義母さんだ・・。到着してすぐに

1.うちが地方紙しかとっていないことをチェックし
「堀江さんはあんなに勉強してるのに、こんなことじゃ時代に置いていかれる。
何はおいても全国紙くらいとりなさい」
2.インターネットで全国紙はチェックできるからいいと言うと
「見るのと読むのとじゃ訳が違う。そんな風に考えているとはがっかりだ」
3.壊れたビデオデッキの代わりに先週買ってきたDVDを目ざとく見つけ
「あらDVD買ったの?それなのにどうしてビデオまであるの?
不要なものは早く捨てなさいよ。いつまでもだらしなくてイヤねぇ」
4.散らかしていてすみませーん。と私が言うと
「住んでる人がいいならいいんじゃない?私はイヤだけど」
5.今年はさすがに花粉症気味で私が洗面所に用意していたマスクを見つけて
「昨日、細木数子が『花粉症は穏やかな気持ちで生きている人は
ならない』って言っていたわよ。だから○○(←息子)はないでしょう?
あなたも私みたいにケセラセラ〜な毎日を過ごしなさいよ」

と一人でわめいて帰っていった。何がケセラセラ〜だ。
他人なら「お前、ケンカ売ってんのか」と胸ぐらつかみたいところだが
ぐっとこらえて笑顔で3時間ほど過ごした。お茶を飲む手が震えてたけど。

ちなみに義理の母はインターネットなんてのぞいたこともなく
自分も全国紙なんて読んでいないし、
ビデオからDVDにダビングができることも知らない。
近所に引っ越してきた若夫婦が住み始めてからも挨拶にもこないと、
その家に怒鳴り込んで説教してきた義母が、まさかあの無礼者の
ホリエモンが好きだったとは恐れ入った。ちゃんちゃらおかしい。
近所の挨拶ひとつにイライラして許せない人が
「私は穏やかな人間なので花粉症にならない」だ?
それは老化現象だよ。ばーか。杉の木いっぱいの山にでも行ってこい。
いったいどの口がそんなことを言うかと本人を目の前にぶった切って
やろうかと思ったが、ああいう人に何か言うと悪い気をもらいそうなので

「私、あの人と一緒に住むのは絶対にムリだから」

とだけダンナに宣言しておいた。ヤツも
「俺もムリだから」
と言ってくれているので、今の所は許してやっている。
言行不一致、自分のことは棚に上げっぱなしの態度がとにかく私の勘にさわる。
ちなみに、実の娘(ダンナの姉)とは犬猿の仲で、ここ10年くらい口も
利かない関係らしい。まあ、実の娘とうまくやれないような人が、
私とうまくいくはずもないと、みんな勝手に思ってくれているので、私は
ダンナの親戚関係には実に評判がいい。みんな遠まわしに褒めてくれる。
周りから見てあきらかにイヤな姑っていうのは、同居さえ回避できれば
評判のいい姑よりも楽な相手かもしれない。

今後もなるべく接触しないでやっていこう。と固く決意した週末だった。
あぁぁぁ、つかれた。
posted by ぐうたら主婦 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(3) | シュウトメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。