2005年03月10日

偽造カードを作られました

数日前にカード会社からダンナあてに電話があった。
「最近カードの不正使用事件が増えておりますので
ご確認したいことがありまして」
と言う。しかし、ダンナは仕事でいなかったので、
「私がご用件を伺うわけにはいかないんですか?」
と聞くと、ご本人以外は何も話せないという。
そして事務的に電話番号を告げられ、とにかく本人から連絡が欲しいと切られてしまった。
帰宅したダンナにその旨伝えて連絡して欲しいと頼むと
「それって、ほんとに○○カードからの電話かどうか確信ある?」
という。ほんとだ!新手の不正請求の手口か?
えらいっ!よく気がついたぞ。などと盛り上がった私たち夫婦は
「みすみす自分で電話するのもねぇ」
なんて、その問題を2日間放置していた。

でも、なんとなく気になって仕方がなかった。ダンナは
「ホントに大変な用事だったら、また掛けてくるよ」
なんてのんきなことを言っていたのだが、
最後に電話番号を伝えられた時の事務的な様子が逆に気になった。
そこで、○○カードの代表番号に電話をして、
指定された番号が本当に存在するのか確かめようと思い、まずは
フリーダイヤルの番号に電話をし、内容を話してみた。
すると、電話の向こうで軽く慌てている。
「すぐに折り返し担当から電話をさせますのでお待ち下さい」
と言われた。
イヤな予感が当たった。
すると、すぐにカード会社から電話があり、
どうやらうちのカードが偽造されたらしいことが分かった。
あらあら、大変な用事だったじゃん
外国人風の男が大阪で(我が家は東海地方)100万円を超える買い物を
しようとしたのだという。
しかし、高額だったので何段階もチェックが入り、本人を待たせている間に
逃げてしまったという。漢字のサインもできなかったようだが、
小額なら、なんのチェックもなく使われていたという・・・。
悪い人が高額で使おうとしてくれてよかった。神様ありがとう。

しかし、安心してもいられない。なんでそんなカードが作られたかが
問題だ。そのカードが我が家から外に出たのはただ一度だけ、
一年半前に新婚旅行でラスベガスに出掛けたときだけなのだ。
オマケで旅行保険がついていたので持っていって
アウトレットモールのラルフローレンの店で一度だけ使った。
でも、一年半も前に偽造したカードを今頃使うのかなぁ?
そういう悪いことをしたことがないのでこの手の犯罪のシステムがよく
分からないけど、なんだかあまり現実味がない気がする。
後はプレイガイドの決済専用のカードで、そのサイトに登録してあり
何かのチケットを買うときに使うだけのカードだ。
しかも、つい先日に何ヶ月ぶりかでチケットを買ったところだ。
カード会社のおねえさんから
「何か心当たりはありませんか?」
と聞かれたのでそう伝えると、カード会社は少し慌てていたようだ。
そのプレイガイドとカード会社は同じグループの会社なので
(どこのカードか分かっちゃいますよね?)
それが原因だとするとあまり芳しい話ではないのは間違いない。
後はうちに泥棒が入ったのか?
それなら他のカードもやられていそうだ・・・。

とにかく他に何か使われていても保証してくれるというので
とりたてて慌ててはいないが、キャッシュカードだったら保証がなかったのか
と思うと、偽造カードの被害にあわれた皆さんがあれだけ
怒っている気持ちもよく分かるなぁと思った。

何事も人事だと思っているとダメだと感じた一日でした。
同じような経験をされた方がいらっしゃいましたらぜひコメントをお願いします。
posted by ぐうたら主婦 at 11:56| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。