2005年03月30日

ギアさま来日

リチャード・ギアが来日した。
高校生の時に『プリティー・ウーマン』を見て以来
あの人を見ると腰がくだけそうになる。
目の前に現れたら間違いなく倒れる。
だから、昨日から普通のニュースでも彼の姿が拝めて
幸せなひとときを過ごさせてもらってる私だが
ダンナは私の「うっとり」っぷりが気持ち悪いらしい。
「もう、すっかりおっさんじゃん」
と言われ、昨夜はブチ切れた。
ヨン様には興味はないが、ギア様にはうっとりするんだよ、
あんたのヨメは。

ちなみに私は映画ファンというわけでもない。
カタカナが苦手なせいか、白人の顔がそんなに好きじゃないせいか
他のハリウッド俳優はほとんど区別ができないレベル。
ブラピとディカプリオとトムクルーズくらいは認識できるけど
見た映画のタイトルも情けないくらいすぐに忘れてしまう。
そんな程度のファンなので、私にとってギア様は容姿さえ端麗で
いてくれれば大満足な存在だった。
美しくいてくれさえすれば彼の思想なんて興味がなかったので
彼が仏教徒であることなど全然知らなかった。
ところが、数年前にチベット仏教を勉強したくなり、
たまたま買った「宇宙のダルマ」というダライ・ラマの本
彼がコメントを書いていた。ほんとに驚いた。
私は彼の影響ではなく、チベット仏教に興味を持ったので
自分が彼と同じものに関心を持ったことがうれしくて、
単純な私はそれ以来、ますます彼のとりこになってしまった。

そんなギア様だが、
どうやら昨日、中国政府に反対表明をしたらしい。
さすがギアさま。
アカデミー賞でも昔同じようなことをして追放されてるのに
そんなことはおかまいなし。
変人と言われることが多いけど、私はそんなあなたが好き。
私もチベットを侵攻した中国にだけは日本の過去を悪く言われたくない。
お前らが言うな、と思う。
(チベット侵攻についてはブラピの「セブンイヤーズインチベット
を是非見ていただきたいと思います)
竹島を独島と言ってるヨン様より、あなたを選んでよかった。
ちょっとおじいちゃんになってきちゃったけど、
私はどこまでもついていくぞ。
posted by ぐうたら主婦 at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

あんたは黙ってろ

『あんたは黙ってろ』
と口汚く言いたくなる人びとが週末から今日にかけて
ラジオ(正確にはニッポン放送)を賑わしてくれた。

まず和田サン。
スーフリの和田さんじゃなくてアッコ。
『アッコ堀江社長を叱る』
だって。何だ?今さら何だっていうんだ?
あんた、散々応援してたじゃん。
ホリエモン応援団長だったアッコ様を私は忘れてないぞ。
世の中の風向きが変わったので方向転換ですか?
でも、ヤツが怒ってるポイントも
「従業員様って言葉が急に露骨でイヤ」
なんだそうだ。ずーっと横柄な態度でいればよかったのか?
まったくあほらしい。
ホリエモンに同情すらしたくなるバカバカしさだ。

そして、ナイナイ岡村。※発言要旨
正義感を発揮しちゃったんだろうけど、
この人のつまらなさここに見たりといった言動で、なんだか
せつなーい気持ちにさせられた。
爆笑問題のようにお笑いのテイストを加味できなくて
ストレートな批判しかする能力がないんだったら
時事問題はやめた方がいいよ、岡村君。バカがばれる。
お笑いなんだからバカなフリがどうしてできないかね・・・。
あんたのちっちゃな正義感は判ったから、笑いに変えられないなら
こんな問題にはコメントしないに限る。
しかも、リスナーが不安になるだと?
自分を過大評価し過ぎで辟易とする。
別にあんたのラジオを聞けなくて路頭に迷う人はいないから大丈夫。

コメンテーターと称する人たちがテレビに出るようになり
「この人にこんなネタ聞いてどうすんだよ」
と突っ込みたくなる場面がたくさんある。
何年か前、芳本美代子が昼の番組のレギュラーで
司会の福留に日本の株価が低迷していることについて聞かれ
「私、株のことはちょっとよく分からないんです、ごめんなさい」
とすまなそうに答えていた。私は
「アタマのいい人だなぁ」
と一気にファンになった。
そうだよ、福留。相手はミッチョンだぞ。
ミッチョンに日本の株価について聞いてどうする。

二人ともミッチョンを見習え。
posted by ぐうたら主婦 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイドショーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

ホリエモン縮み上がるの巻

ライブドアが裁判に完全勝利して、
結果は予測できていたとしても私はがっかりだった。
いい子になっちゃったホリエモンを茶化しても、
結局負け惜しみだった。
でも、昨夜から笑いが止まらない。
従業員様ないい子になっちゃった理由は
ソフトバンクの登場に縮み上がったからだなんて。
ヤクザ・北尾を前におびえるチンピラ・堀江。
北尾さん迫力満点だもんね。
だから従業員様なんてへんな敬語になっちゃったのか。
なかなか可愛いぞ、ホリエモン。
おまけに
「変な株主に乗り込まれたくなければ上場なんてしちゃだめ」
なんて、あんなに大威張りだったのに
「土足で人の家に上がりこんで仲良くしましょうって
言ってるようなものだ」
なんて言われてるし〜〜。ぷププ。
SBIの北尾さんはM&Aのプロだそうなので、
そういう人間臭いことを言ってくれるとほっとする。
私はずっとそれが腑に落ちなかったのだ。
株の世界はそれでもいいんだってことがイヤだったんだ。
よかった。
私の主婦感覚ってのもそんなに間違ってなかったのか?

この一ヶ月の胸のつかえを取れた感じ。
ほんとに高い授業料だったね、ホリエモン。

追伸:ライブドアが世間を騒がさずに買収した企業について
デジもの三昧さんが一覧にして下さっています。
こちらの皆さんは今、どんな思いでこれを見てるんですかね?
弥生の社長はよく出てくるけど・・・。
posted by ぐうたら主婦 at 18:46| Comment(1) | TrackBack(4) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

ホリエモンの授業料 

当初はホリエモン大絶賛だったテレビ界が
どうも最近はニッポン放送寄りになっている。
私が思うに、外国人記者クラブでホリエモンが
「報道の一次情報は買えばいい」
って言ったあたりからだと思うんだけど・・・。違うかな?
「ジャーナリズムをバカにすんな」
とでも思ったのか?
テレビの言うことを鵜呑みにしてホリエモンをべた褒めしていた
うちの姑も、今日あたりは
「人間には気持ちってものがあるんだから、うまくいくわけない」
なんて言ってそうだ。確認したくもないけど。
テレビは怖いねぇ。

しかしホリエモン、急にいい子になりましたね。
誰がアドバイスしてるのか知らないけど
なんだ?「従業員さま」って。気持ち悪い。
まあ、これで彼がひとつ大人になったのだとしたら
高い授業料でしたね。
普通は30年も生きていたら、ただで修得できたことなのに。
株の支配と人の心の掌握を同列にしてしまったことが彼の痛恨のミスで、
私は取り返しがつかないところまで行き着いたと思ってる。
口は災いの元って昔から言うように、あの人は言葉が滑り過ぎ。

近鉄の買収で勘違いしちゃったんだろうな。
みんなにチヤホヤされて自分は人気者だと思ってしまった。
既成概念を壊すことを世の中のみんなが待ち望んでると。

完全な人間なんていないのだから、必ず人は間違う。
でも、適切なダメ出ししてくれる人を見つけておくのは
大変なことなんだなとホリエモンを見ているとつくづく思う。
あんなにお金があっても買ってこられないんだから。
本当に痛い目に合うまでそういう人に出会えなかったのが
西武の堤さんだとすると、背筋が震える。

ホリエモンを目指して子供に株式を教える親が増えてるらしいけど
発想が安直過ぎて、見ていてこっ恥ずかしい気持ちにさせられる。
株価の向こうには人間がいることを教えておいてあげないと
お子さんもきっと将来痛い目に合いますよ
とおせっかいなことを言いたくなるのである。
posted by ぐうたら主婦 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

韓流ブームの少し前(2)

今のような「韓流ブーム」が来るほんの少し前のお話の続き。

私が韓国人の男性と付き合い始めてしばらくして
シドニーオリンピックが始まった。
オリンピック好きな私は毎日楽しみにいろんな中継を見た。
しかし、彼は必ず日本の対戦国を応援し、日本が負けることを願うのだ。
おかげで毎日ケンカだ。
『お前のことは愛しているが日本は応援できないのだ』と言う。
なんだ、それ?
まったくうんざりな毎日になってしまった。
今でも高橋尚子のゴールシーンを見るとあの頃を思い出す。
私たちはとても仲が良かったし、お互い大好きだったし、
彼は日本で仕事をすることを希望していて、結婚も考えていた。
それでも彼の拒否反応はすさまじいものだった。

そして、2002年のワールドカップの少し前に私たちは破局した。
ちなみに国家観の違いで別れたわけではない。
よくあるたわいもない理由で別れた。

それからの日韓の関係の変化といったら、
あの頃の私たちには想像もできないものだった。
ソウルの広場では日本の相手国を必死で応援しているのに
日本ではマスコミが大々的に応援キャンペーンをして
本気か嘘か「韓国がんばれ」の大合唱。
まったく日本人は人がいい。泣けてくる。
その後は追い討ちをかけるように「冬ソナ」ブームの到来。
今や韓国人男性と日本人女性のお見合い斡旋会社まであるという。
おい、おい。
ほんとにヨン様が何もなかったことにしてくれちゃうのか?
日本人はいいだろうけど、韓国の人たちは、それでいいの?
オリンピックごときで大喧嘩していた私たちはなんだったんだ?
なんて最近はかなり真剣に弱気になっていた。

しかし、だ。
やっぱりうまくはいかなかった。領土問題の勃発だ。
このまま何もなかったことになんてできないさ。向こうとしては。
国内事情もあって、政府が煽っているという話もあるけど
そんなことだけじゃないと思う、私は。

そんな中、ヨン様が自分のホームページで
『独島は韓国の領土』だと発言したらしい。
そりゃ、そうだよね、ヨン様。やっぱり、と思った。
私はあんたが日本を嫌いだって分かってたよ。
ファンのことを「家族」とか言っちゃって、親日家風情だったけど
実はちゃんと韓国人としての道をマットウしている。
うそ臭さがやっと取れた。いいぞ。
なにをおいても大事なのは民族の誇り。さすが韓国人。

韓流スターファンの淑女たちは彼の思想まで愛していたのか?
ヨン様が「独島は韓国の領土」と言えば竹島も独島とか言い出しそうだ。
別に彼らもビジネスでしょうし、誰を応援してもいいんですけど、
オリンピックの勝敗ごときで、泣くまで彼氏とケンカした私としては
韓流スターの微笑みにうっとりしている日本人の女性を見ると
「奴ら、きっと日本人なんて嫌いですぜ」
と耳元でささやきたくなるのだ。
posted by ぐうたら主婦 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

韓流ブームの少し前(1)

私の前彼は日本在住の韓国人だった。
いわゆる在日という人ではなく、日本の大学院に留学してきた
韓国生まれの韓国育ちの韓国人である。
付き合い始めたのは1999年の秋のことだったから、
世の中に「韓流」なんて言葉はまだなく、
彼氏は韓国人だなどと言うと、年配の人の多くは
「親御さんは何も言わないの?」
なんて、偏見はなはだしい心配をされた。
同じ世代の友達ですら
「韓国の人って日本人のことが嫌いなんじゃないの?」
と心配していた。
2年ほど付き合って、結局別れてしまった私たちだが
今でもとても仲がいい友人関係は続いている。

彼が私を好きになった理由のひとつは、私が日韓の歴史について議論
できる相手だったからだそうだ。
出会った日、顔の造りはずいぶん落ちるが、彼は私に向かって
ヨン様のように激しくウソクサイ笑顔で微笑みかけた。
「こいつ、絶対日本人が嫌いなはずだ」
と直感した。そして、つい
「あなた、日本人嫌いでしょ?でも、私はあなたに何もしていないし
あなたの世代も日本人に何もされてない。もういい加減に許してよ」
と、私はいきなり彼を問い詰めてしまった。すると彼は
「そんなことをいきなり言われたのは初めてです」
とびっくりしていた。
彼は、日本に来て日本人があまりに何も知らないことに愕然としたらしい。
いわれのない差別を受けた時など、議論を吹っかけたこともあったそうだが
議論しているうちに、多くの日本人が「何も教えられていない」ことに
気がついたらしい。そして、とてもむなしい気持ちになり、日本では
作り笑いしているのが一番得だと思うようになったそうだ。
で、私にも笑いかけた。
しかし、私は彼の作り笑いが許せずにこっちから議論を吹っかけた。
高校時代の変わり者の教師のおかげで、一般的な日本人よりは
歴史について教えられていたこともあり、その日は一応議論の形になった。
「日本に来て、初めて本音で人と話しました」
と彼は大笑いして、それがきっかけで私たちは付き合い始めた。

つづく
posted by ぐうたら主婦 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

インフルエンザ?

ついさっき、ダンナがインフルエンザらしき風邪にやられて
ダウンしました。
いきなりの高熱と体の痛み、これ、インフルエンザですよね?
この一時間で38.3℃から39.2℃まで上がりました。
私もやられるとまずいので速攻でマスクして看病にあたってます。
ダンナの大嫌いな梅干生姜湯とニンニクエキスの錠剤をマックス量
それと、よく分からないけど私が飲んでるCoQ10も特別に飲ませてあげました。
明日は絶対休めないとか言ってるんですが、朝が来たら病院だな。
花粉のことばっかり考えてインフルエンザのことは
すっかり油断してましたが、今、流行ってるみたいですね。
皆様、お気をつけあそばせ。

posted by ぐうたら主婦 at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月17日

社会保険庁職員の覗き

社会保険庁の職員1500人が個人情報を業務外閲覧してたんだそうな。
それはともかく、この不祥事を偉そうに報道するマスコミを見てると
閲覧してた社会保険庁の職員1500人よりもっと腹が立つ。

江角マキ子の話を聞いて、私ごときでも瞬間的に
「誰からこんなことが漏れるんだよ」
って思った。CM契約の前に社会保険庁に彼女の加入状況を
電通が問い合わせても、事務所が問い合わせても
本人以外には教えられないという話だったっていうのに
何で本人が確認する前にマスコミが騒いでるのかとにかく謎だった。
きちんと確かめずに加入していると思い込んでいたのは
彼女のミスだったが、あの騒ぎは社会保険庁の職員からの
リーク以外に考えられない。
それ以外に情報が漏れるルートがある方がもっと怖い。
マスコミが職員以外の情報源から情報を得ていたならば
今度はそっちを取り上げないとおかしいでしょ。
とにかく各社、どこから聞いた話なのか白状しろって思う。

なのに、そんなことはそっちのけで連日連夜、
政治家の○○は未払いだ だの
ジャーナリストの○○は未加入の時期があった だの
ほんとにどうでもいい話ばっかり繰り広げられた。
で、今のNHKの受信料みたいに
「みんな払わないなら私も〜」
って払わなくなる輩がうじゃうじゃ出てきて、
それもみんな未払い時期のある政治家のせいになって
菅直人のヨメなんて、あんな恥ずかしい記者会見まで開いて
すっかりダンナの息の根を止めちゃったし。変に自分を
正当化しようとするからピントがずれるんだよ。
もう、とにかくあほらしくってあの頃は毎日気分が悪かった。
そもそも突っ込んでるマスコミは、そんな個人情報を
いったい誰から聞いてきたんだよ?と。
この1500人の誰かに教えてもらってたんでしょ?
まぁ、もっといっぱいいるはずだけど。
この際、それはどうでもいいや。

ホリエモンのことをジャーナリズムが分かっていない
って偉そうに言うけどさ、私の記憶じゃあの時に
この問題を大きく取り上げたジャーナリストっていなかったと思う。
私は毎日書いてるように、ホリエモンは嫌いだけど、
こんなことも突っ込めないジャーナリスト気取りのキャスターとか
コメンテーターって人たちはほんとに恥ずかしい。
posted by ぐうたら主婦 at 16:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

ライブドア勝利

週末の姑の襲来後、すっかり悪い気をかぶってしまい気分が沈んだままの私。
くしゃみをすれば姑の『ケセラセラ発言』を思い出し
テレビをつけりゃホリエモンの勝利が伝えられる。
ホリエモンは元々嫌いだが、姑が褒めていたから余計に気分が悪い。
最悪だ。

ところで、敵対的買収ってホントにうまくいくんですか?

会社の企業価値が焦点になってるみたいですが、こんな状態でホリエモンが
乗り込んでいってうまくいくもんですか?
企業価値っていう点で、社員の持つノウハウとかはどうでもいいのかな?
私、こんなヤツが乗り込んできたら絶対に闘う。最低限の働きしかしない。
で、きっとリストラか減給か左遷されるんだろうなぁ。
まあ、いいか。
アメリカでは敵対的買収は失敗例の方が多いそうじゃないですか。
わたしはそれを知って、ものすごく安心したんだけど、
アメリカの失敗の時代も段階のひとつとして踏んでいかないと
日本の株式市場の成長はないってことなんですかね?
アメリカのやり方は、そんなに万能なんですか?

金でなんでも買える気がした時代、堤さんが作ってくれたバブリーな時代
は終わっちゃったのに、今でもお金で何でも買えるっていうのは
ダサいんじゃない?(←っていうかこの言葉がすでにダサいんだけど)
全然違うじゃんって言われそうだけど
自民党との対立の構図を作りたがってるがためにいつまでたっても
成長できない民主党みたいに、最近の私の勘にさわるのは
「新しそうな洋服だけ着ていて実は時代遅れの中身」
っていうものだ。なんにも新しくないじゃんってやつ。
それを世の中が新しいって言ってるのを見るとむなしい気持ちになる。
で、テレビが言うことを鵜呑みにするしか能がなく、
それを絶賛してる姑みたいな人が身内にいるとものすごく落ち込む。
なんとか姑が生きてるうちにホリエモンには失敗して欲しい。
姑をギャフンと言わせるためだけなんだけど、
もう、心から願っちゃうね、私は。
こうなったら怨念送り続けてやる。
フジサンケイグループのみなさん!私と一緒にがんばりましょう。
ってもう自分でもよくわかんなくなってますが、
時代遅れと言われようが、石頭と言われようが、バカだと言われようが
とにかく姑もホリエモンも私は嫌いなんだぁー!!

追伸・私はどうも感情的なので、もっと論理的に堀江斬りしていらっしゃる
つきっつさんのページをご覧下さい。
posted by ぐうたら主婦 at 15:59| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

シュウトメ襲来

週末、久しぶりに義理の父と母が我が家にやってきた。
私がバレンタインにお義父さんにあげたチョコレートのお返しを
持ってきてくれたのだ。お義父さんは相当喜んでくれたようで
お返しにはお義母さんお見立てのAGATHAのネックレスをいただいた。
いい嫁をやると後々大変なので、なるべくいい子にならないように
極力、嫁らしいことは避けている私だが、お義父さんはとってもいい人
なのでバレンタインと父の日くらいはついつい、いいヨメをしてしまう。

しかし、問題はお義母さんだ・・。到着してすぐに

1.うちが地方紙しかとっていないことをチェックし
「堀江さんはあんなに勉強してるのに、こんなことじゃ時代に置いていかれる。
何はおいても全国紙くらいとりなさい」
2.インターネットで全国紙はチェックできるからいいと言うと
「見るのと読むのとじゃ訳が違う。そんな風に考えているとはがっかりだ」
3.壊れたビデオデッキの代わりに先週買ってきたDVDを目ざとく見つけ
「あらDVD買ったの?それなのにどうしてビデオまであるの?
不要なものは早く捨てなさいよ。いつまでもだらしなくてイヤねぇ」
4.散らかしていてすみませーん。と私が言うと
「住んでる人がいいならいいんじゃない?私はイヤだけど」
5.今年はさすがに花粉症気味で私が洗面所に用意していたマスクを見つけて
「昨日、細木数子が『花粉症は穏やかな気持ちで生きている人は
ならない』って言っていたわよ。だから○○(←息子)はないでしょう?
あなたも私みたいにケセラセラ〜な毎日を過ごしなさいよ」

と一人でわめいて帰っていった。何がケセラセラ〜だ。
他人なら「お前、ケンカ売ってんのか」と胸ぐらつかみたいところだが
ぐっとこらえて笑顔で3時間ほど過ごした。お茶を飲む手が震えてたけど。

ちなみに義理の母はインターネットなんてのぞいたこともなく
自分も全国紙なんて読んでいないし、
ビデオからDVDにダビングができることも知らない。
近所に引っ越してきた若夫婦が住み始めてからも挨拶にもこないと、
その家に怒鳴り込んで説教してきた義母が、まさかあの無礼者の
ホリエモンが好きだったとは恐れ入った。ちゃんちゃらおかしい。
近所の挨拶ひとつにイライラして許せない人が
「私は穏やかな人間なので花粉症にならない」だ?
それは老化現象だよ。ばーか。杉の木いっぱいの山にでも行ってこい。
いったいどの口がそんなことを言うかと本人を目の前にぶった切って
やろうかと思ったが、ああいう人に何か言うと悪い気をもらいそうなので

「私、あの人と一緒に住むのは絶対にムリだから」

とだけダンナに宣言しておいた。ヤツも
「俺もムリだから」
と言ってくれているので、今の所は許してやっている。
言行不一致、自分のことは棚に上げっぱなしの態度がとにかく私の勘にさわる。
ちなみに、実の娘(ダンナの姉)とは犬猿の仲で、ここ10年くらい口も
利かない関係らしい。まあ、実の娘とうまくやれないような人が、
私とうまくいくはずもないと、みんな勝手に思ってくれているので、私は
ダンナの親戚関係には実に評判がいい。みんな遠まわしに褒めてくれる。
周りから見てあきらかにイヤな姑っていうのは、同居さえ回避できれば
評判のいい姑よりも楽な相手かもしれない。

今後もなるべく接触しないでやっていこう。と固く決意した週末だった。
あぁぁぁ、つかれた。
posted by ぐうたら主婦 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(3) | シュウトメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

君が代のおもひで

こんな記事を発見した
「君が代」不起立の教員、今年は減少 都立校の卒業式

高校生の時のうちのクラスの現代社会の担当教師は、他の先生が触れたくない
ような話題ばっかり取り上げる人だった。
天皇制 朝鮮半島問題 日米関係の歴史 君が代の歌詞の意味 などなど・・・。
ニュースは必ず民放とNHKの2つを見なさい。
久米宏にだまされるな。と言い
ドラマのCMの間にトイレに行くなどとんでもない、
君らはあのCMのおかげで好きなドラマが見られているんだ。
一生懸命に見なくちゃダメだ。などとニヤリとしながら言い、
天皇制への賛否ははっきり表明はしないけれど、多分反対なんだろうな
と感じさせられる印象の授業内容だった。
親たちはその先生はいわゆる左寄りの人だと言い、
子供がおかしな思想を持たないかと、かなり心配していた。

そして3学期が始まる日の朝に昭和天皇が崩御した。
始業式の冒頭、校長先生から天皇陛下が亡くなったという話があり
一分間の黙祷が指示された。
私は当時から皇室関係の番組は欠かさずに見てしまうミーハーだったので、
別になんの抵抗もなく黙祷した。
ところが教室に戻ると黙祷をしたかどうかでクラスはちょっとした
騒ぎになっていた。
「ねぇ、黙祷した?」
と私も聞かれて
「したよ。私、皇室大好きだもん」
と言うと、何人かに「えーっ!なんで?」と言われた。
聞くと、ほとんどのクラスメートが黙祷していなかった。
「君が代の意味を知ったら、する気になんてなれないよ」
と言う子がほとんどだった。しかも、みんな怖い顔で。
そして、ちょっと私のことを非難気味。
「みんな先生に感化されちゃったんだなぁ」
とびっくりした。

そして、3学期の現代社会の一回目の授業のとき、先生から雷が落ちた。
黙祷した私にではなく、黙祷をしなかった生徒に対して だ。
私もびっくりしたが、みんな豆鉄砲を食らったような顔をしていた。
先生は、黙祷をしなかったと誇らしげに手を挙げた一人ずつの意見を聞いた。
大概の意見は
「先生の授業を受けていたら、する気になれなかった」
「天皇は嫌いだから黙祷なんてしたくなかった」
というものだったように思う。すると先生は
「俺みたいな一教員の意見に左右されてどうするんですか。
私は君らに自分の意見を持つとはどういうことかということを
一年間伝えてきたつもりだ。久米宏にだまされるな。
俺にもだまされるな、だ。日の丸の御旗の元に他の考えを一切
許さなかったことがあの戦争を生んだと言ったはずだ。
冬休みのレポートも読ませてもらったが、揃いも揃って
私の意見のコピーだ。がっかりした。君らをだますのは簡単ということだ。
私の授業を踏まえた上で、それでも自分は天皇制賛成だと主張したのは
ほんの数名しかおらん」
と怒りながらレポートを返し始めた。
クラスのみんなは訳が分からないという顔だった。
しかし、私はその数名だった。
別に大した主張をしたわけじゃなかったが、先生に大賛成っていうのも
なんだか面白くなくて、どうせいい点なんて取れないだろうけど
まあいいやと思って提出したレポートがなんと90点だった。
レポートを返す時に先生はニヤリと笑って私に
「なかなかよろしい。まだ俺は論破されていないがな。その分を引いたぞ」
と言った。

記事の中の都立高校の先生方がどんな人たちなのか、わからないけど
私が習った先生よりは、はるかにスケールが小さく思えてしまう。
外国籍の生徒に褒められて喜んでるのもよく分からないし。
君が代を嫌いな人がいるのはよく知ってるけど、起立しないことが正義で
信念がある人みたいに言われると、
高校生の時に黙祷したことを「信じられない」と非難気味に言われて
ちょっと怖かった日のことを思い出しちゃう私。
posted by ぐうたら主婦 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

偽造カードを作られました

数日前にカード会社からダンナあてに電話があった。
「最近カードの不正使用事件が増えておりますので
ご確認したいことがありまして」
と言う。しかし、ダンナは仕事でいなかったので、
「私がご用件を伺うわけにはいかないんですか?」
と聞くと、ご本人以外は何も話せないという。
そして事務的に電話番号を告げられ、とにかく本人から連絡が欲しいと切られてしまった。
帰宅したダンナにその旨伝えて連絡して欲しいと頼むと
「それって、ほんとに○○カードからの電話かどうか確信ある?」
という。ほんとだ!新手の不正請求の手口か?
えらいっ!よく気がついたぞ。などと盛り上がった私たち夫婦は
「みすみす自分で電話するのもねぇ」
なんて、その問題を2日間放置していた。

でも、なんとなく気になって仕方がなかった。ダンナは
「ホントに大変な用事だったら、また掛けてくるよ」
なんてのんきなことを言っていたのだが、
最後に電話番号を伝えられた時の事務的な様子が逆に気になった。
そこで、○○カードの代表番号に電話をして、
指定された番号が本当に存在するのか確かめようと思い、まずは
フリーダイヤルの番号に電話をし、内容を話してみた。
すると、電話の向こうで軽く慌てている。
「すぐに折り返し担当から電話をさせますのでお待ち下さい」
と言われた。
イヤな予感が当たった。
すると、すぐにカード会社から電話があり、
どうやらうちのカードが偽造されたらしいことが分かった。
あらあら、大変な用事だったじゃん
外国人風の男が大阪で(我が家は東海地方)100万円を超える買い物を
しようとしたのだという。
しかし、高額だったので何段階もチェックが入り、本人を待たせている間に
逃げてしまったという。漢字のサインもできなかったようだが、
小額なら、なんのチェックもなく使われていたという・・・。
悪い人が高額で使おうとしてくれてよかった。神様ありがとう。

しかし、安心してもいられない。なんでそんなカードが作られたかが
問題だ。そのカードが我が家から外に出たのはただ一度だけ、
一年半前に新婚旅行でラスベガスに出掛けたときだけなのだ。
オマケで旅行保険がついていたので持っていって
アウトレットモールのラルフローレンの店で一度だけ使った。
でも、一年半も前に偽造したカードを今頃使うのかなぁ?
そういう悪いことをしたことがないのでこの手の犯罪のシステムがよく
分からないけど、なんだかあまり現実味がない気がする。
後はプレイガイドの決済専用のカードで、そのサイトに登録してあり
何かのチケットを買うときに使うだけのカードだ。
しかも、つい先日に何ヶ月ぶりかでチケットを買ったところだ。
カード会社のおねえさんから
「何か心当たりはありませんか?」
と聞かれたのでそう伝えると、カード会社は少し慌てていたようだ。
そのプレイガイドとカード会社は同じグループの会社なので
(どこのカードか分かっちゃいますよね?)
それが原因だとするとあまり芳しい話ではないのは間違いない。
後はうちに泥棒が入ったのか?
それなら他のカードもやられていそうだ・・・。

とにかく他に何か使われていても保証してくれるというので
とりたてて慌ててはいないが、キャッシュカードだったら保証がなかったのか
と思うと、偽造カードの被害にあわれた皆さんがあれだけ
怒っている気持ちもよく分かるなぁと思った。

何事も人事だと思っているとダメだと感じた一日でした。
同じような経験をされた方がいらっしゃいましたらぜひコメントをお願いします。
posted by ぐうたら主婦 at 11:56| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

待ってました!三代目!

この頃のワイドショーはフジテレビVSライブドアの問題と
堤家の話題でモチキリだ。
しかし、フジテレビ問題では日を追うごとに株の専門的な話が
主となり、段々ついていくのがやっとになっていた私だが、
ここにきて鹿内さんの登場で、がぜん盛り上がってきた。
「待ってました!三代目!」
ってな感じだ。
で、三代目、いったいあれからどうしていたのかというと
今は賃貸マンション暮らしだという。泣かせる。
そしてフジテレビはどうも最初から鹿内さんの8%分の株は
当てにしていなかったというのもなんだか切ない。
失脚した元経営者像としては文句なしの寂しさ。
一度売ってしまった株を悔しさの余り「返せ」という辺りも
冗談じゃないかと思わせるくらいでき過ぎてる。
昼メロの主人公さながらだ。
(鹿内家についてはこちらのサイトを参照してください↓勉強になりました)
ちょーちょーちょーいい感じ

しかし昼メロといえば、堤家だ。
『傲慢な金持ちのイヤな父親』
という昼メロに出てくる父親像は堤康次郎さんが
モデルだったのか?と思わせる人物だ。
まず、ご本人は何度も結婚と離婚を繰り返し、
最後には妾の子と本妻の子を一緒に住まわせる。
本妻の子が西武百貨店の清二さんで、妾の子が義明さん他2名。
異性なら恋のロマンスのひとつも始まるのが昼メロだが
堤家はそろいも揃って全員男の子だ。
子供が健全にすくすくと育つ環境なんてどこにもない。
本妻の子が父親に反発し、妾の子が父の言いなりのいい子になる
っていうのは当然だと思われる。なんだかとっても気の毒だ。
義明さんの弟である豊島園の社長がよく出てきてコメントしてるけど
父親にも兄にも完璧な敬語。あんたたちは皇族か?と突っ込みたくなる。
しかし、そんな義明さんは逮捕されて
「逮捕は自分ひとりにしてくれ」
と話しているそうだ。まさにミカド風情。
開発予定地で地図を広げて部下に指示を出す姿は金正日も真っ青だ。
昔の映像の中で
「どんな末端の社員からの提案も全て自分の耳に入るようになっていて
どの会社よりも民主的」
と話している。北朝鮮も民主主義人民共和国だもんね。

でも、牢屋の中で今は何を思っているんだろう。
これまでの人生で初めていろんな荷物を下ろしてみて、
本人は意外とすっきりしているのかもしれないな、なんて思う。
ラストエンペラー溥儀が、最後はとってもやさしくて穏やかな人に
なったみたいに、人間らしい幸せを取り戻して欲しいな、なんて
ちょっと思う私。きれいにまとめすぎ?
posted by ぐうたら主婦 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(3) | ワイドショーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

紀香のハワイ旅行

藤原さん、最近とんと見なくなったなぁ・・・と思っていたら
ハワイでのホームステイ体験を本にまとめたらしい。
「ほぉ〜、どうりで見ないわけだな」
と思ったら、滞在期間なんと一週間なんだそうだ。
あいたた。
紀香の一週間のハワイ旅行日記、読みたい人って誰なんだろう?
なんでそんなに自分を安くしちゃうのかと
私は家族でも友達でもないけれども気の毒に思えてくる。
この人のスタッフは彼女の客層をどの辺りに設定しているんだ?
私が知らないコアなファンがいるのか?
これから美貌がどんどん劣化していく年齢に突入した今、
実績と中身を充実させていかなきゃならない時期なんだろうと
思うのだが、こんな薄っぺらい仕事ばっかりさせられてることについて
本人はどう思ってるんだろう?
今後は川島なお美みたいに何かの思い込みを持って突っ走るのか?そのうち
「私の魂のルーツはハワイ」
とかわけのわかんないことを言い出しそうでコワイ。
いっそ梨花みたいに吹っ切れちゃえばいいのに。
あの人はうまいポジションを獲得したなと思う。
さすが元カリスマモデル梨花さん。

それにしても、私の好きなハワイアンキルトの世界に
乗り込んでこられたらイヤだなぁ。
それはキャシー中島が黙っちゃいないぞ。
この本をシリーズ化したい
んだそうだが、シリーズ化されるのをぜひとも私も見てみたい。
今の紀香さんにどんな客がついているのか、とっても興味がある。
アマゾンのレビュー欄が今から楽しみだ。



posted by ぐうたら主婦 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

参議院予算委員会

今日は久しぶりに国会中継を見た。参議院予算委員会。
主婦になって、国会をダラダラと見る時間ができてからは
答弁のニュースでの切り取り方が気になって仕方がない。
「え?この人、そんなこと言ってなかったよ」
ってことが度々ある。
悪意を持って切り取ってるんじゃ?って思うこともある。

それはともかく、最近は多くの質問者が
中継しているテレビカメラに向かって、
グラフとか領収証のコピーとか写真とか、
いわゆるフリップってやつを視聴者に見えるように掲げる。
これは私が見ているところ民主党に多い。

今日もテレビをつけると民主党の福山さんって方が
外務省のスマトラ沖地震への取り組みに対する質問の時に
自分が訪問したスリランカの被災地の現状という写真を披露していた。
・・・まあ、何を披露してもいいんですけどね。
菅直人前代表が先日予算委員会で繰り広げた
「昨年の小泉語録」
っていうやつよりはずっとマシだったから。

私たちが知らない真実を自民党の議員に突きつけるとか、
議論の追及のためのフリップなら大いに結構なんだが、
こういう無駄なものをわざわざ作っちゃう
このとんちんかんなのどかさは何なんだろう?
秘書とか奥さんと一緒に数ある写真の中から選び抜いたんだろうか?
選んでる姿が滑稽で切なくなる。
私が秘書や妻なら絶対に制止する。
貴重な質問の機会は間違ってもあんたの発表会の場ではない。と言う。

私は、民主党のメディア戦略は微妙にピントがずれてると思う。
菅さんが小泉語録をぶちまけた時には
禿げちゃったトシちゃんを見るようなつらさがあった。
もう、あんな切ない思いはごめんざんす。

posted by ぐうたら主婦 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 国会中継 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

ちびくろさんぼ復刊

これは、テレビで見た情報じゃないんだけど
あのちびくろ・さんぼが復刊するというニュースが入ってきた。
うれしい。
これで、私に子供ができたら読んであげることができそうだ。
どんなに考えてみても「ちびくろさんぼ」が差別的だなんて思えない。
だいたい差別なしに平等の思想なんてあり得るんだろうか?
虚がなければ真実の証明はできない
って言葉、どこで聞いたか忘れたけど感動した記憶がある。

知り合いのドイツ人の物理学者は子供の頃、
自分が集めた消しゴムの車をいつまでも眺めていたくて
お母さんが部屋の電気を消すのを嫌がったそうだ。
すると、お母さんが消しゴムをひとつ指差して
「これは何色?」
と聞いた。
「赤」
と彼が答えるとお母さんは電気を消して、同じ消しゴムのことを
「何色?」
とまた聞く。彼は見たまま
「真っ黒」
と答えた。するとお母さんは
「それは光の反射でそう見えているだけだから、
あなたが心の中の目で見たら赤く見えるはずよ」
と言ったんだそうだ。
幼い彼は一晩考えないとおかあさんの言った意味が
分からなかったそうだが、
それが物理学者を目指した紛れもないきっかけだったと言う。

そもそも、目に見える肌の色なんてどうだっていいことなんだ。
ちびくろサンボが黒かろうが黄色かろうがどうでもいいことなんだと
子供に教えられなくて差別が悪だなんて教えることはできない。
だから私はちびくろサンボの復刊はとてもうれしい。
絶対こどもに読んであげようと思う。
posted by ぐうたら主婦 at 19:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

50代が愛するホリエモン

買い物から帰宅してテレビをつけると、大和田獏の番組で、
ホリエモンを大応援中だった。
最近はあんまり本人が出てこないから安心してテレビが見られる。
いい男は3日で飽きるっていうけど、
不細工に慣れるにはもっと相当な時間がかかるので、
まだ私は毎日ホリエモンを目にする心構えができない。

それにしても、テレビ朝日は昨夜から盛んに世論調査の結果っていうのを
まるで鬼の首を取ったような顔で紹介してる。
「意外にも50代が突出してライブドア支持なんですよ〜」
って。イヤ、そんなに驚かないんだけど。何が言いたいのかな?
団塊の世代って学生運動で権力に立ち向かった世代。
うちの50代の父もご他聞にもれずホリエモン好き。
そういう意味で、50代がホリエモン好きなのは理解できるとしても
30代の私はホリエモンが日本の新時代の象徴みたいに言われる方に違和感がある。
私は彼と同い年なんだけど、礼儀やマナーって大切なものだと思ってるし。

50代が愛するホリエモン。
そんな世代に育ててもらったのがホリエモン世代の私たち。
50代の思ったとおり、間違いなく育ってるってことか。
posted by ぐうたら主婦 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイドショーネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。